カテゴリー「心と体」の記事

2014年5月 3日 (土)

清拭

入院生活の中で

最も強烈な体験は「清拭(せいしき)」でした。

突然の入院だったし

長く風呂に入っていなかったし

自分がどんなに臭うかわからないし

拭いてもらいたいと、ダンボから頼みました。

ダンボが頭の中で思い描いた「清拭」は

『介護師さんが一人で、

蒸しタオルで優しく優しく全身を拭き清めてくれる

恥ずかしい部分は

そっと手渡してくれたタオルを使い

ダンボが伏し目勝ちに

パンツに手を入れ自分で拭く』

・・・・になっていました。



当日

カーテンを開け

ピンクのユニフォームを着た若い(ダンボにはU50全て)女性が三人

すっくと立っておられました。

「さー始めますよ~」

上半身は二人が担当

点滴の管をどうして通したのか謎ですが

パジャマとシャツを脱がせ、火傷しそうな蒸しタオルで

両側から拭いてくれます。

一人は下半身担当

靴下を脱がせパジャマを引き下げて

太腿から下、足指先まで拭いて頂きました。

さて、

いよいよ

最終段階!

「ご自分でどうぞ」と、渡されるべきタオルを待っていました。

が! 驚く暇もありませんでした、

パンツをサッと取られ

まるで廊下の雑巾がけみたいにササッとでお終いでした。

その間全部で10分?


そりゃ~十年以上、排泄以外に使っていない

清らかな我が息子と袋ですが

もうチョット個々を丁重に扱うか、

自己責任で清めさせるべきだと思いました。

「人間、下の世話までされるようになったらお終いよ」と

聞いたことがあります。

いえいえ、ダンボこうして生き続けております。

若干

マゾがかってしまいましたが。

2014年1月16日 (木)

克気心

克気心?・・・誤変換ではない。

ダンボの新作熟語

己に克つだけでなく、

に勝ち、病をで負かす!




昨日まで、グッタリしていた。

14日、老人会の新年会をドタキャンしたぐらい!

12日に感動し過ぎた?

初めて孫の結婚式に立ち会った。

宗教色なし、

皆の前で結婚を宣言し誓約書に署名する。立会人も署名する。

寒かったが何から何まで型破りで楽しかった。

Photo


披露宴もエライ人の祝辞が2~3分だけ、

乾杯の音頭はヒロの上司が

クリエイトな仕事を短い映像にして紹介してから・・(驚きの内容だった)

感動は最後にも残してあった。

ウエィトライス、

親への感謝の言葉の後

それぞれが出生時の体重分のお米を

人形型に包み顔写真をつけて贈る。

Photo_2

カミサンが生きていたらどんなに喜んだろう、

ダンボが生きて立ち合えて良かったと心底思ったから・・・


何かが済んだ!

気の緩みか、低空飛行が始まった。

昨日、高齢介護課から緊急通報装置取り付けの聞き取り調査あり

喋っているうちに「気」が満ちてきた~~ぁ

ダンボ一人じゃないんだ

自分でネガになってどうなる!

今朝から動き過ぎ

ぽこさんとLINEのやりとり、二女との長電話。

ネジが緩んできたところに

長女が来て夕食作り散歩の補助してくれ気合が入る。

これから

病気は気からの根を断つぞ!


これから「克気心」で

2013年8月26日 (月)

珍客

昨日雨の中、二女が夫婦でお義母さんを連れてきた。

「これが最後になるかも知れんし・・・」

確かにそうだ!

お義母さんは、御歳89、年下の旦那を亡くし13年、死ぬのは覚悟しても

「今でしょ!」なんて毛ほども思わない怪女である。

酸素ボンベを持たせ、自分の足で移動できる、

思うに、

気儘でないと長生きできない原則をもってはなさない。

一服してから

二女が、無理無体に皆にカラオケ歌えと仕切る。

渋々ダンボは十八番の「酒と泪と男と女」を歌った。

横で小声でお義母さんが口ずさむ。そのテンポがずれてるので歌いにくい。

「私も河島英吾大好きですね!」と、お義母さん

二女に、次はとせかれ、

「じゃ、『時代遅れ』にしよかな」

「私、時代遅れ嫌いですね!歌詞が嫌いですね!」

ハハ~ン、好き嫌いはハッキリ口にしするのが長寿のコツか?

ダンボ意地になって、リクエストした。

004


「・・・あれこれ仕事もあるくせに、自分のことは後にする・・・のところが嫌いですね、自分のしたいことは先にせなあかん!」

それにしても、お義母さん。

音程外すテンポはずれる。酷い!

ダンボの方が下手でも歌になっている。(ダンボも真似して言いたい事を書く)

でも、選曲がすごい。演歌・ポップス・歌謡曲 何でもこい

色っぽい歌(題名忘れた)を歌われて?しめにした。

かくて、(二女夫婦除く)計169歳のカラオケ終了。

珍客が去り疲れ果て、

このまま起きなくてもええわと睡眠剤飲んで寝たのに?

朝、何時もと違う目覚め、元気だ~

さては、珍客にカンフル打たれたか?人工呼吸?

テルテルもお義母さんが好き、でも歌は聞きづらかったよう。

007

2013年8月 7日 (水)

1日入院

前の病院で診てもらっていたNドクター
「患者と医師は信頼関係がなかったら、カテーテル検査でも出来ません!」急な御宣託で戸惑った。
ダンボがはっきり不信を口にした覚えはない。が、
ダンボの悪い癖で、娘二人とお話拝聴した場で、冗談を飛ばしたようだ。
にもかかわらず、良心フルハップのN先生は、
責任とって、府下では指折りの「心臓センター」があり、24時間体制で心臓病に対応しているT病院への紹介状を書き予約までとってくださる。
予約日は昨日だった。
予約時刻を過ぎても随分待たされたが、後はトントン拍子。
わかりやすく詳しい説明、センター長S先生の貫禄に圧倒され、本日の検査となった。

初体験大好き人間のダンボ、上下左右自在に動くベッドとX線照射機に挟まれ、Dr1人技師と看護師6人?の見事なチームワークでキョロキョロしている間に検査終わり。
検査されながらの感想、
ダンボが人体改造されロボットになっていく~~笑

痛みがないとは言えない。特に肘の内側に突っ張る痛みはあった。
残念なのは内視鏡みたいに自分で見られ。ない。
救急患者が入ってセンター長S先生の説明が聞けたのは、5時頃だった。

ダンボの心臓は、右エンジンだけで飛んでいるポンコツ飛行機みたいなもの、
右冠動脈が異常に大きく、ほんの一部分しか血を送っていない左冠動脈を助けているそうだ。
結論として、84kmまで来てるから薬と適度な運動で90km近くまで飛べるかも?
もっともっと先までとなったら、大きな手術が必要!

ダンボがどちらを選択したか?書かなくてもええでしょう。

という訳でダンボ久しぶりに1日だけの入院生活(若者は日帰り)
テルテルは長女とお留守番。
ラインで三女が送ってきたテルテルの写真を眺め耐えている。

ーipadで投稿ー

2013年5月28日 (火)

心臓Ⅱ

4月29日の「心臓」の記事の後、

5月10日、カテーテル検査の必要をN医師から長女と二人で拝聴する。

モヤモヤが晴れない。

CTで心臓冠動脈の一部が詰まっているのはハッキリした。

そこから先の血管が薄くしか写らず血流が少ないのもハッキリしている。

ことさらカテーテル検査するメリットはどれほどのものか?

長女もハッキリした返事ができない。

とうとう、

N医師、「ホームドクターのO先生へデータと診断結果を送っておきますので相談してみては?」と、提案された。

親切な先生で、良心的だと思う。

しかし、

話がややこしくなった。

常備薬が減ったので18日にO医院に行き、検査のご意見伺ったら

「私のみたところでは、カテーテル検査は無駄に思う。梗塞の先の血流は周りから迂回してきたようでカテーテルいれて治療できないと思うし、バイパスの手術の方向で・・・・セカンドオピニオン受けるなら紹介状書きますよ。」

ダンボは手術したくないが初体験はしてもいい。と、好奇心はある。

でも、そこまで医療費使って何年命が延びるのだろう?

結局、検査も・セカンドオピニオンも・先送り。どっかの国の政治とよく似てる。

「突然死の可能性ありますか?それだけはやめてと言われてますので・・・」

ダンボの問に

O先生

「それは、神のみぞ知るですわ」 正直な答えである。

2013年2月22日 (金)

2時間の差

一昨夜、寝床で本を読んでいたら急に眠気が襲ってきた。

薬を飲まずに灯りを消したら眠ってしまった。

案の定、4時間足らずで眼が覚める。

それから、窓が明るくなるまでの長いこと!

自律神経が狂ってしまうのか? テキメンに身体にくる。

血圧不安定、食欲減退、眩暈頻繁、脛から下が氷のよう。

005

しかし、テルテルに合わせた生活のリズムを変えないところがダンボの意地。

8:10~9:00 起床・排便・排尿・朝食・屋内徘徊・アキレスで歯磨き。

 

9:30~10:10 散歩 ダンボの歩数で約2340歩の距離。

 

13:30~13:45 屋内で遊ぶ。 間食(茹でモヤシ・ミカン)

 

16:10~17:00 夕食・散歩 ダンボの歩数で約2700歩の距離。

 

20:15~20:50 夜食(納豆1/3パックと茹でモヤシ) 遊んで就寝。

ルストレする気無し。普段と変わらぬパターン。

日中3時間ちょっとをテルテルと共に過ごす。

無職年金暮らしだから出来ること?

21時からはダンボの時間。

何が何でも『最高の離婚』は見逃さない。

ブログはパスしたが、日記をつけて、デパス2錠を飲む。

『生物と無生物のあいだ・福岡伸一著』の続きを読みはじめたが

5ページ進まぬうちに目が閉じた。

6時間たっぷり眠れた。

2時間の差!これ大きい。

004

何もかも、前向き行動的。

市役所へ走って、市民税の申告も済ませた。

今から、ダンボ用の昼飯をつくる。

2012年7月 6日 (金)

年相応で結構

何ヶ月も前に予約していた「人間半日ドック」の日。

カミサンが元気な時は二人揃って年1回は受けていた。

中断していたドックを去年から一人で行きはじめる。

カミサンが「市から助成金でるやろ、行っとかな!」と、ささやくようで・・・・

テルテルは2女に頼み、早朝タクシーで「健康管理センター」へ。

(何故タクシーかは明日種明かし)

我が町の総合病院が経営する「健康管理センター」は大はやり、年ごとに設備もスタッフも充実していた。

「身長・体重・肥満度・血圧・尿検査・血液検査・眼底・視力・聴力・・・・・」同じフロアーでランダムに次々検査が進む、変則流れ作業?

身長で「縮んだな~」と、つい口から出た。

すかさず「去年とそんなに変わりませんよ」と看護師さん。チクショ~データ持っとった。

以前は眼底撮影されたら30分ぐらい見えにくかったのに、今は両眼ピカッとやられる。

「両眼しても大丈夫?」ダンボの質問に

「大丈夫ですよ~」と答える看護師さんの口元が微妙。  確かに!

聴力は検査室に入る前に、「高音聞こえにくいから」いらんこと言わんでもええのに!ダンボの見栄!

オプションで「脳ドック」を頼んだから、本院のMRI検査室へ連れて行かれた。

結果は直ぐに、脳神経外科医が映像見ながら説明する。

116117

「このんところにポツポツ梗塞がありますけど、年相応ですね。」

「委縮してませんか?」

「はあ、若い脳に比べたら、ほら隙間ができてますけど、年相応ですな」

「血管も、ここん所のように細く曲がっていたら破れたり詰まったりしますけど年相応ですわ」

3年前ならムッとしたかも知れんが、今は悟ってる。

一番苦しかったのは、胃カメラ飲む前に喉に麻酔をかける時。

カメラ飲むよりよっぽどシンドイ。

最終は内科医が診察し、結果の出た検査項目の範囲でアドバイス。

「去年とそれ程変わっていない。疑わしきものあっても、まあそんなもんでしょう。

年相応に!」

で、終わる。

2011年10月19日 (水)

診察券

 「診察券 多数派になる カード入れ」  osダンボ

何時の間にやらクレジットカードやポイントカードより病院の診察券が多くなっている。

「内科」「耳鼻科」「眼科」「歯科」「皮膚科」「整形外科」「鍼灸整骨院」・・・

休止状態の総合病院の分を合わせたら10枚越すかも知れない。

あ~とため息が出るが、この歳だったら無理ないか?

昨日は、診察券二枚を使ってハシゴした。

先ず、膝の治療。

劇的に悪化し、劇的に改善したのが、1回目の治療。

3回目の昨日は、新患に先生は時間をとり、ダンボのマッサージは90%を助手がした。

脛の横の筋肉を先生が押さえると唸るほど痛いので長引くこと請けあい。

午後は眼科。

新しい医院へ車で5分。

20年越しに通った医院におさらばした。

2時間待ちの30秒診察、いくら腕が立つとはいえ流行り過ぎ。それに遠い!

初回の9月11日、

受付で気を良くした。

銀行と一緒で箱から順番札をとる。

Photo

56番は、受付通算で待ち時間はそれほど長くなかった。

そして、女医の院長先生、視力検査士?スタッフなど皆、優しく話し上手でホンワカとなる。

携帯に病院の混み具合をアクセスできる設定もしてくれた。

お~ 

医療もサービス業だね~

昨日は午後7番だったが、近用メガネの処方箋を作ってもらうのに検査に時間がかかった

(帰ったらテルテル空腹で発狂寸前・散歩の役は自分と決めていた義妹を心配させた)

なのに、診察時間もそこそこ長い。

・・・・・・メガネのデータを見ながら

先生「う~~ん、パソコンの時に使いますか?」

ダンボ「は~ノートですから近付けますけど」

先生「う~~ん、」

ダンボ「文庫本も読みたいし」

先生「あ~~それならこれでピッタリです。何文庫?」

ダンボ「(とっさに)新潮文庫」

先生「岩波は無理かも」

ダンボ「目薬赤いのが残ってるんですけど」

先生「赤いのから注してませんか?」

ダンボ「はい、目立つからつい」

先生「今度は白いのから先に注してください、次を人間忘れますから・・」

ほんの一部だが、ざっとこんな具合。

『癒すのは「病」だけでないのが病院だ』と、思い出させる。

会計は処方箋入れて¥640

ダンボ思わず「全部で?」と、聞いていた。

2010年5月25日 (火)

鈍って萎える

本日午後から老人会主催の体操教室。

ダンボはまだ顧問として役員の末席に侍っているから参加した。

ちょうど同じ時間にヘルパーさんが来てくれるから気が楽だ。

椅子に座ったままのストレッチ体操。たった1時間ちょっとだったのに・・・・

ダンボの身体はヨレヨレのヨタヨタのボロボロ。

思えば、1年間体を鍛える機会は皆無だった。

この身体が鈍ると心も萎える????

エッ   前後にナとル 真ん中が違ってもつながりがある。

言葉遊びしたくなってできて・・・・・

身体が、心も

こんなダンボがかな?

ようにように癒してか?

それとも、ようにように鍛えてか?

誰かをと、道開け。

遂には、で解決か!

いずれにしても、他人にはしたくない。

お粗末でした・・・・・・・

※本当は身体がバッラバラで火照っているが、それでもブログをUPする!

でしょ!

ぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

2010年2月 9日 (火)

医療費

世の中で、一番腹の立つのは、不味い料理に法外な料金をとられた時。

後期高齢者は後何回食べられる?  しれているのに大損した気になる。

医療費も似たようなケースが・・・・

待って・・・待って・・・まだ待って・・・やっと診察してもらえたら30秒でハイオシマイ

そりゃ~病気を治してもらう弱みや、特に身体が辛くなければ薬さえ貰えたらイイヤの打算もあるが、数千円払いながら「高いな~」と、しばしば感じる。

しかし、今日ほど医療費(?)が安すぎて申し訳ない気になったのは初めて。

チーフドクターS先生を挟んで7人のスタッフが居並ぶ前で、ダンボ夫婦と長女が面接を受けた。診察でもなく診療でもないが1時間以上(予約時間を30分以上オーバー)我々3人が晴々する話を聞かせてもらった。

Sドクターの明快な説明の後。看護師・薬剤師・相談室担当者・地域医療連携担当者・病棟主任の皆さんも自己紹介を兼ねて的確なアドバイスを・・・

カミサンに質の高い生活(QOL)をもたせる熱意に溢れている。

久しぶりにカミサン本物の笑顔を見せた。

そして、会計 

Photo  

長女と同時に「うっそ~

コンビニのパートより安いではないか!

医は算術ばかりでない。仁術も健在だ。

より以前の記事一覧

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ