カテゴリー「ウェブログ・ココログ関連」の記事

2012年8月21日 (火)

1980回投稿して思う

昨日、たまたまアクセス解析で発見したのが、

マイブログ開設から1980件目の投稿だったこと。

ま~よくも続けた?続いた?続けられた?続けさせられた? と思う。

本にして1980ページだったら、かなりの大作。

因みに

1巻から5巻までの「竜馬がゆく」は合計で1872ページ。

006

やったじゃないか!(字数や内容は横に置いといて・・・)

継続できた原動力に読んでくれるお得意様が存在する。

1日約80回、累計で約168000回のアクセスがあって

サービス精神旺盛なダンボが突き動かされる。

しかし、年々質の低下はいたしかたなく、老化に比例する!

どのサイトから辿りつかれるのかさっぱり分からんが、

「ダンボ独り言」のロングセラーは

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_08b3.html

「夕鶴・鶴の恩返し・落語」 と

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_a209.html

「浦島太郎その後(成人向)」

2006年から2008年にかけて、枕元にメモ用紙がいるほどネタが湧いてきた。

続いているだけもマシと考えよう・・・・・

いづれ幕は下りるのだから。

 

2012年4月23日 (月)

2000日目

「ダンボ独り言」開設は2006年11月2日。

明日が丁度2,000日目になる。

5年5ヶ月と22日

貴重なものを得、掛け替えのないものを失った。

その間に投稿した記事の数が

1,865件。

コメント・レスポンス合計で

3,267件。

累計のアクセス数 150,231件

1日当たりの平均で 75.12件

今年に入ってからは急増し 132件

リピート率 17.4%

有名人でも何でもない

ただのジジイのブログにしたら

ナカナカのものではないだろうか?

これも、きっかけをつくってくれた教え子のお陰

止めさせてくれないサポーターのお陰!

同時に

自分の粘り強さも褒めてやりたい!

浮気っぽく、熱しやすく冷めやすいと思っていたのに

ダンボ真の姿は別物らしい?

カミサンと、ダイアモンドには届かなかったけど金婚式までは済ませたし、

ムービーとスチールの趣味は一貫しているし

貰った日記は欠かさず埋めているし・・・・

そこで、

ブログ開設2000日突破記念オフ会開催が決まる。

○日時 2012年 5月 4日(金) 午前11時から 終了時刻未定

○会場 ダンボ邸

○会費 ¥2,000 (一部若しくは全部を震災義援金に当てる)

○内容 飲んで食べて喋って遊んで歌って・・・豪華賞品の当たるビンゴも?

 ★オフ会とはどんなものか?覗いてご覧になりたい方はダンボにメールを!今月中に・・・

2009年9月27日 (日)

ハンドルネーム

 バーチャルなブログで遊び心をくすぐるのに、ハンドルネームが一役かっているだろう。

 実像を知っていると、ハンドルネームで「ハハァ~ン」と納得するのが多い。

 稀には「エッ」とたじろぐのが無いとは言えないがこれは非公開。

 その点、レスしてくれる未知の人を、ハンドルネームからあれこれ空想するのは悪くない。

 今年の1月以来レスの途絶えた「HENCKELS」さんなど、どんな男性?と空想の広がるネームだ。

 先日、HANMEさんのブログに登場した「エンゾ」さんが、ハンドルネームと気付かずに、実名を伏せるためのフリカナと思い真面目に辞書で漢字を探すお笑いも生まれる。(如何にダンボが生真面目かの証拠)そもそも、発信元のHANMEさんも英単語にないスペルで謎の女だ。

006  ひろ子はんから、『「OSダンボ」だから大阪の人かと思った』のコメントを前に貰ったから、そろそろ人の事ばかりでなく自分のを・・・・・

 ダンボはプロフィールに書いた通り教え子がつけたあだ名。

 問題のOSは、当初ダンボほど可愛い歳でないのでオールド白髪のシルバーのつもりだった。でも、重ね言葉はどうも芸がないと自分勝手に「Old Special」とか「Old Super」ダンボだぞ~、それか基本ソフトのOSだ~っと独り喜んでいた。

 それを聞いた三女が一言「オールド スケベ―やろ!」

 完全否定できない親の辛さ、ブログへのレスポンスも圧倒的に女性が多いのはそのせいか?!

2009年6月30日 (火)

欠けたら困るブログ

 朝早くマリから電話「おじいちゃん大丈夫なん?昨日ブログ更新されてないし、お母さんが心配して・・・」

 やっぱりか!あるべきものが無いと心配かけるんだ。

 ブログが抜けた責任は私にない。ココログのブログサービスが大トラブルでダウンし、自分のブログさえ見られない1日だった。回復してもログインできず「たまには休め!」と開き直っていた。

 そんな時に限ってブログネタが山盛りだった。

 29日の夜中にシルバー割引該当者5人で「剣岳・点の記」を見に行く。

 近所に住むカミサンの妹二人と旦那一人、カミサンの電話で文句一つ言わず集まった。

 60歳以上の証明書ッ~~と切符売り場で大きな声を出していたら、「レートショーですから関係なく1000円です。」と肩透かしをくわされた。

 帰宅したら日付が変わるハードスケジュールなのに、皆良かった良かったと口を揃えホッとする。

 映画は3年間を費やしたといわれる大作で3時間近い上映時間も気にならない。

 でも、あれだけの名優を揃えても立山連峰の圧倒的な自然の前には霞んでしまった気がする。

 黒沢作品の撮影助手をしたという木村大作監督のこだわりなのだろう、スタジオや特殊撮影を極力避けた(とダンボが感じただけで分からないが・)映画作りに最近のド派手なCGにうんざりしていた人間としてこれぞ映画!と共感を覚える。

 木村監督は出演者に過酷な登山体験をさせることで、演技でない人物をつくったと言っていたが、特に主演の香川や浅野の顔つきは本物になっていくように感じた。

 「プラトーン」でオリヴァ・ストーン監督がチャーリー・シンを変えたほどではなかったが・・・・・

 義妹が、雄大な雪渓をゴマ粒のように並んで昇ってくる俳優のシーンを見て、「俳優は大変やな~」と感動したら、カミサンが間髪をいれず「俳優よりカメラマンの方が大変やで」と切り返した。

 旅に出たら人の3倍動き回ってビデオカメラを回すダンボを知っての科白?

 あんまり出来たカミサンになったら困るけどな~「破れ鍋に綴じ蓋夫婦」を自認しているダンボは戸惑っている。

 昨夜はBSで「シェーン」を観る。ワイオミングの山が準主役の映画だがずっと人間臭かった。

 私にとってはネットワークは「スパイダーネットワーク」で、蜘蛛の糸に縛られ抜け出せぬようだ。

2009年4月19日 (日)

900日

 手元の五年日記、4月19日の欄に900と赤字で書いてある。

 ブログ開設して900日目、日記と平行して欠かさず書いて投稿してきた。

 誰かの言葉でないが「こんな私を褒めてやりたい。」

 それはチッと大袈裟だ。

 「よくやるわ!」とか「えらいな~」なんて言われても努力している気はない。

 惰性というか習慣というか、ブログと日記を書いてしまわないと1日の終わりが来ない気持ちになっているだけ。

 面倒臭い日もある。この時間他にすることあるやん!と怠け虫が囁くことがある。

 日記をくれた教え子に、日記の活用と生きてる証しを届けるブログ本来の目的に疑問を感じることがある。

 でも、自分で決めたことを動かさないしつこさがまだ残っている。アンチエイジングになっている。

A_001  それにブログの功績がまだ見付かりそうで、それが継続の原動力となっている。

 娘達の開設したブログで、暮らしの様子や体調が分かる。そんなもの電話したらいいのにと思われるが、親としては生の気がかりより負担が軽い。

 7月28日に1,000日になる。コメント呉れる人達とお祝いでもしようかな?

 ※ダンボ独り言へのアクセス総数 43,634件  1日平均48.48件

   リピート率11.1%で10人に1人以上が再訪してもらって嬉しい。

2009年3月 5日 (木)

アクセサリー

 身近でブログが流行りはじめた。教え子の「ぽこ」さん、娘二人も本腰を入れている。

 RYOとYUの親は会社のHPのブログで有料、ぽこさんも広告がないから有料と思われるが、ブログにお金をかけないのが普通だろう。

 ダンボも多数派で無料ココログフリーのお世話になっている、その代りマイブログにはスポンサードリンクが張り付いている。

 ブログといえば文章と添付の写真や動画で勝負!と思うがそうでもない。

 無料で楽しみを広げられるのがブログにハマル要素だろう。

 先ず、「テンプレート」というブログのデザイン、手紙でいえば便箋の模様。

 数多いパターンの中から選べ気が向いたら衣替えする。

 今のダンボのテンプレートは「とっても簡単君(TottemoKantankun)」

 シンプルでユーモラスで気に入っている。

  pcboys君が「センセあれはないで!良すぎるわ。」と抗議した位だ。

 でも、色が少し淋しかった。

 見付かった!ブログパーツと呼ばれるアクセサリーで最適なのが!

 ココログサービスには約600のパーツがあり、殆ど無料でブログに取り込み可能だ。

 カテゴリー「カレンダー時計」の新着で今のパーツを見つけた時。もう諦めた海外旅行の代理経験に、これしかない!と即決した。

 世界のどこかで当日催されるお祭りが紹介される。

009  ブログパーツが日替わりだから、私もトッテモカンタン君に励まされ毎日更新しなければ・・・・・・

 記事が駄目になったら、アクセサリーを一杯つけたキンキラキンのブログに変身するかもね~

2009年2月 2日 (月)

アクセス解析

 昨日のことだった。午後4時にココログサービスにつなぎ、アクセス解析を見て驚きの声を上げた。

 カミサンが、「ど~したの?」と怪訝な顔。

004  なんと、3時台に48アクセスされていて、すでに80アクセスを超えていた。

 ブログの面白さは、このデータが見られるのが鍵になっている。

 結局、2009年2月1日は、トータル134アクセスで189の記録を超えられなかったが、どこのどなたがマイブログに到達してもらえるのか不思議な気がする。

 「生きてるよ」「元気だよ」「ボケてないよ」「貰った日記もつけてるよ」・・・教え子への便りのつもりで開設したブログなのに、この広がりは想定外現象だ。

 007 アクセス解析で数とともに覗くのは閲覧されたページ。

 ビックリするのは’06/11/30の「夕鶴・鶴の恩返し・落語」といった古いページが顔を出すこと。どのサイトから入ってこられるのか教えて欲しいくらいだ。

 それと、自分にしては興に乗って出来た~~~~的記事「浦島太郎シリーズ」’08/5/2~4や「サラ川の季節」’08/2/7が読まれていると、ついニヤッとしてしまう。

 1日に何千何万アクセスをヒットする人気ブログ作家?や有名人でもない一介のダンボが、この不景気の世に右肩上がりにアクセス数を増やしているのは、「ありふれた奇跡」としかいいようがない。

2007年9月30日 (日)

瞬間風速30メートル

 今日は滋賀も雨、エネルギーをもてあますRYOとYUの相手は、かくれんぼと阪神応援バットを使ったバッティング練習。こちらは休みながらホドホドでも結構疲れる。当然、YUの頭は汗でビショビショ。

004  「義父さん、これなかなか手に入りにくいのですよ。阪神の矢野がつけているのと同じで・・・」と、RYOとYUの父親が、黄色と黒のネックレスを買ってきて呉れた。頼んでもいないし、プレーオフを心配しているのにタイミングが悪すぎる。それに、80前の首には似合わない。一旦断ったが,折角の好意を無にするのは気の毒なので、黒だけ貰った。子守の御礼なら貴重品かもしれないが安いものだ。

 帰ってパソコンに向かった。ミャンマーのことも書きたいが、刻々と古くなるビックニュースを書く。

 26日に「阪神ドレミの歌」を載せた日、アクセス解析を見てエッ?アクセスが97もあった。最高アクセスから見ると半分だが・・・・

 そして、一昨日。Googleのダンボ独り言の項に『ブログサービス「ココログ」:ココラッシュ:スポーツ ディリーランキング31位とある。

 仰天した。97アクセスぐらいでランク入りするのかと、開いてみると確かに30位に載っていた。ディリーランクだから直ぐ消えた。

 瞬間風速30メートルの突風が吹いた気分だった。

 何処の何方が、何から見つけてマイブログに入って来られたのか分からないが、これだけトラ狂いが存在する。お陰で落ちぶれ阪神への腹立たしさが薄まった。ありがたいことだ。 

2007年8月23日 (木)

遂に突破!

 昨夜のブログに「渇望」を投稿した途端。明け方に待望の雨が激しく降っ001 た。庭に百日紅の花が無残に叩きつけられたが。猛暑は緩み日中エアコンのスイッチを入れなかった。

そして、遂に突破した

 先ほどココログにログインし、アクセス解析を見たら「ダンボ独り言」へのアクセス総数が10001件 1日平均33.9となっていた。

 ブログ開設から295日目にして、1万アクセスを突破したことになる。

 1週間に十数十万件のアクセスがある「きっこのブログ」みたいな人気ブログと比べたら物の数ではないが、私の正体をご存知の方だけでなく、全国47都道府県全てからアクセスする方がいて、拙文を読んでもらっていると思うと不思議で仮想現実であっても何かの繋がりを感じる。

 この不思議な魅力をしぶとく探ってみたい。

 大それたことは考えないが、出来るだけ生きる喜びが感じられるテーマを見つけて発信し続けたい。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ