« 2017年10月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月29日 (金)

伸びた手術日

ダンボが白内障の手術を受けると書いたブログに反響多く、感謝と同時に迷いが生まれました。

先ず、M夫人から手術の成功を祈り、合わせてご自身の近況が封書で届きました。

次に、かつてボランティア仲間だったYさんが、転居した大阪から電話してくれました

「入院した方がええよ、安静にできるし治りが早いし・・・」自身の体験にねざしたものだから心が揺れました。

ブログには「ピピちゃんのお父さん」「わんこさん」「YOUKOさん」「ぽこさん」「Keiさん」と次々にコメントが寄せられました。

術後に困ったら助けますよ~とか、身内の方が手術し良い結果が出たからお勧めとか、プラス要素が多く心丈夫でした。

12月9日に我が家で開いたプチ同窓会に後期高齢者に突入した7人の教え子が集まりました。

Photo
                  ※カメラマンが写っていません

驚いたことに中の二人が白内障手術の経験者でした、何の問題もない!見えるようになり良かったとの話でした。

情報を整理すると、「白内障は簡単に手術で治せる。しかも、結果に満足できる」「治療は身体の丈夫な比較的若い時におこない、高齢者になれば入院するのがベターである」に絞られます。

で、 かえり見ると、日常生活すら完全自立できていない今の暮らしです、術後の通院や家事やテルテルの世話は娘達の助けが欠かせません。

それを忖度しないで勝手にスケジュールを組んだ私の落ち度です。

「入院してくれた方がええんやけどな~」嘆きながら決められた診察に長女が付いてきました。

先生とかけあって娘に暇ができる2月に手術日を延ばしてもらいました。

と言う結末で「ダンボ独り言」に体験談をUPするのは日延べいたします。    チョンチョン!


※年賀状まだ印刷もできてません、来年からは「頂いたら送る」方式に完全移行します。ブログやFBやLINEで繋がっている方々にはリアルでお祝い申し上げます。

2017年12月 7日 (木)

鬼も笑わん話

来年の事を言うと鬼が笑うといいますが、

来年まで1ヶ月を切った師走ともなれば、来年は身近にあって鬼も笑えません。

先月中旬でした、半年ほどご無沙汰していた目医者さんに行ってきました、

近頃テレビや新聞が見えにくくメガネのせいにしていました。

検査の結果は「矯正視力右0.6左0.4」

老化によってメガネと関係なく視力が衰えてきたようです。

担当の先生は女医さんで、てきぱきと段取りが速いです。

矢継ぎ早にいろいろな検査を受けさせられました、

「う~んどうしようかな~手術しますか?」

手術といえば言わずと知れた老化による白内障の手術です。

ダンボは少しだけ迷いました、通うのが大変だからです。

タクシー使っても片道¥1000以内ですが、自家用で通院していた時のことを思うと大変な障壁に感じられます。

でも、白内障の手術は1時間足らずでチャチャとでき、入院する必要はないと耳にしていましたし、

鼻はきかない、耳は聞こえにくい、その上見えないとなって、これ以上生活の質落としたくないので思い切って「お願いします」と答えてしまいました。

先生の指示は堰を切ったように早まりました、

「隣のクリニックで感染症の検査を受けてください」「かかりつけのお医者さんにはこちらから問い合わせします」「診察室を出た所に手術した人の注意書きがあるので読んでおいてください」「手術は1月18日一週間前に説明会をしますから来て下さい」「12月中に1回受診して下さい」

ひえ~ッ大変じゃないですか!

Photo


手術後も連続で通院しなければならず娘のサポートが無くてはどうしようもありません。

どうであろうと賽は振られました。

まあ、初体験をブログにUPして、やがて皆様にも訪れるかもしれない事例の参考になればと思っています。

これなら鬼も笑いませんでしょね。

« 2017年10月 | トップページ | 2018年1月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ