« ホントに本当 | トップページ | 笹飾り »

2017年6月11日 (日)

毎日が大変

自分が決めた日々の暮らしを続けていくのが難しくなってきました。

体力の衰えるスピードが急激です。ストレスに弱い心臓が邪魔します。

週1回、掃除と調理を助けてもらい、デイサービスを受け、副菜を週3回届けてもらっていても、

後は自己責任です。

朝は7時過ぎに床を離れます

「エイッ」と気合を入れます。

本音は昼まででも寝床でくすぶって居たいのですが、隣の部屋で腹を空かせているテルテルを思うとそんな身勝手は許されません。

起きて先ず仏壇にお水とお茶を供え欲の深いお祈りをします。

次はテルテル、

ケージから解放し家の外へ出します。

門扉までの道で用を足し部屋に戻ったテルテルに朝食を食べさせた後、

自分の食事の支度をします。

お決まりのメニューは小松菜・リンゴ・バナナ・生姜のスムージーと、6枚切り食パンのトースト、ジャムか蜂蜜入りのヨーグルト。

娘に助けてもらうことがあっても、月に50食分程度は自力でしなければなりません。

生きていくためとはいえ「作って」「食べて」「洗う」を繰り返す調理が近頃ますます負担になってきました。

洗濯もゴミ捨てもあらゆる雑用が重くなりました。

でも、最高に重いのはテルテルの散歩です。

転んだら最後と一人歩きの時は杖をついているダンボが、リードを掴み杖なしで頑張ります。

さて、何時までこの暮らしが続けられますやら・・・・?

« ホントに本当 | トップページ | 笹飾り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

テルテルさえ了承してくれればいつでも2頭(匹?)で散歩出来ますのにね。また一度チャレンジしてみましょう。無理なさらないで何か出来ることあればご遠慮なく!

テルテルの世話が励みであることは大きいですが、万が一転倒でもしたら取り返しがつきませんものね。
最近、知人の転倒を目の当たりにして恐ろしいです。
ピピちゃんのお父さんのご好意は本当に有難いですね。
でも、日々のルーティンですからね・・
ダンボさんのお気持ちに負担がないようなサポートグループでもあればいいのですが。
ダンボさん。よく頑張られているとおもいます。
支えてもらう量をもっと要求されてはいかがですか?

私、ボケた振りしてでも介護保険を利用しまくろうと思っています。
だって、40歳から徴収してるんですよ。

ピピちゃんのお父さん
ありがとうございます。
テルテルの頑固さにはホトホト参ってしまいます。
これも、私の育て方に問題があったとしか思えません。
でも、いずれ養育を誰かに任せる時がきますので、その時にはテルテルも適応するしかありません。乗り越えると思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

おたまさん
お心遣いありがとうございます。
時の流れが速いように、ダンボの電池の残量も急に減ってきたと感じる昨今です。
それでも、以前の自分にこだわるのは、かえって醜いかもしれません。
ありの~~ままの~~ でいた方が楽で潔いのかも知れません。
とはいえ、その生き方を想像すると「死んだ方がまし」
世に高齢者が溢れていますが、ダンボは皆さんから見守って貰える幸せな部類と感謝しています。
今後もよろしくお願いお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホントに本当 | トップページ | 笹飾り »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ