« 一月もなかば | トップページ | チョコレート »

2017年1月25日 (水)

とりつくしま

久しぶりに、読んで余韻に浸れる本がありました。

東直子著「とりつくしま」です。

001

あとがきと解説をいれても213ページ、

1の短編を集めた文庫本ですから、2~3時間集中したら読了できます。

でも、手元に置いて再読再々読したくなる本でした。

*死んでしまったあと、モノになって大切な人の近くにいられるとしたら・・・・あなたは何になりますか?

作者は「もしも」の世界を、無駄のない柔らかい言葉で案内してくれます。

 

歌人で小説家で脚本家という経歴に合点のいく文章でした。

 

「とり憑く」とすれば怪談ですが、決してそんなにはなっていません。

 

帯の惹句に

*五分に一回キュンとしたり。やさしさに包まれる。魔法のような短編

ちょっと大袈裟ですが・・・・¥648で手に入る魔法の本でした。(いや~広告になりました???)

 

 

読んだら多分「自分だったら何になるだろう?」と自問するでしょう。

 

ダンボの回答は即です

「テルテルの大好きな骨のおもちゃ」になる!

« 一月もなかば | トップページ | チョコレート »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一月もなかば | トップページ | チョコレート »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ