« 細かいことながら | トップページ | 転ぶ »

2015年12月 1日 (火)

クリスマスツリー

とうとう今年も30日を残すだけになりました。
ダンボの周りには高齢者が多いので、
顔を合わすと「早いですな〜(時のたつのが)」が挨拶代りになりました。

師走に入る前から、あちこちのクリスマスツリーがニュースになります。
巨大で圧倒されるもの、イルミネーションで度肝を抜くもの、ユニークでハッとするもの・・・
テーマパークが客寄せにオッ立てたのを見たい気持ちはあっても行くのは面倒です。

デイサービスに行くと、ありました‼️

Image

ツリーと言っても壁掛けですが、グッドアイディアです。

通所者が、発泡スチロールのボールとストローハットと蝶結びのリボンで作った雪だるまが
ツリーの飾りになっていました。
全体を観賞して細部を見る、見飽きませんでした。
一つとして同じ顔のない雪だるま(当たり前)
好きな顔を探してスマホでゲット。


Image_2


Image_3


ダンボの雪だるまは、
『変わっているのを作る』主義で、ヌードにしませんでした。
さて? どれでしょう。

« 細かいことながら | トップページ | 転ぶ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

素敵なクリスマスツリーですね
ほんとに見飽きなさそう。一つ一つ眺めたいわ
表情に個性があっていい!

せんせのは…ヌードじゃないってことだから、
1番下の写真の上の段、真ん中あたり、ブルーのリボンの雪だるまちゃんですね
ちゃんと服着てる!

12月の声を聞くと急に慌ただしい気分に!ピピの白黒逆バージョンなんて考えてもみませんでした。ということは雪だるまの逆バージョン墨ダルマなんかもありかもしれませんね。マックロクロスケみたいで白い目がクリクリ。来年は、おひとつチャレンジいかがでしょうか?

ひょっとして名前…と思って確認してみたら、
やっぱり名前なかった^^;
一つ目の名無しの権兵衛は、ぽこどした

ボタンがある

ぽこさん
相変わらずそそっかしいですね。
もっともっと個性的な作品もありました。
認知症気味の人のが楽しいです。
ダンボが人と違うのを作る!と力んでいるのが恥ずかしい。
どれ一つとっても同じものは出来ないのにね。

ピピちゃんのお父さん
雪だるまの逆バージョンは面白いですね、
不吉な感じの墨だるまは世相を反映していると容認されるかもしれません。
ピピちゃんはありのまま、今のままが一番だと思います。体型も顔つきも黒にゴマ塩で良く似合っています。

ちがやさん
だるまだけど、手もあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 細かいことながら | トップページ | 転ぶ »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ