« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月25日 (金)

冬至をはさんで

冬至が近づくにつれて厳しい寒さとなりました。

それでも平年並みだそうで愚痴こぼす理由にはなりませんでした。

テルテルにはパーカー着せたりスタジャン姿で防寒しました。

散歩が遅くなり正午近くでも長い影と歩くテルテルです。

Photo Photo_2


今年の冬至は22日、デイサービスの日でした。

朝はそれなりに冷えましたが、日中は暖かく軽装で過ごせました。

寄せ集めクリスマスツリーが完成していました。

ダンボの雪だるまが生き残っていてにんまり!

Photo_3


カボチャもユズもあるのに

冷蔵庫から出しませんでした。(面倒臭いから・・・)

冬至過ぎたらバカ陽気です。

空がカラッと晴れないのに、

床暖やエアコンの要らない時間が増えました。

ご近所の犬友も薄着でした。

Photo_4

                  これで薄着?

電気代は助かるけど、

スキー場泣かせ、冬野菜ができ過ぎた農家の悲鳴が聞こえます。

年賀状は手つかずでした。

追いつめられても以前のように閃きがありません。

苦し紛れに写真を撮って4枚の候補を決めました。(内2枚)」

004 012


これでは、戌年か申年か分かりません?

マッええか!



2015年12月19日 (土)

ハグ

70年も前の話です。

ダンボは美保航空隊に居ました。

月1回の面会日。

兄貴が夜汽車に乗って来てくれました。

半年も会えなかった懐かしさで、自然に握手をしていました。

面会監視役の下士官が聞えよがしに

「チェッ西洋かぶれの真似しやがって」と、舌打ちして吐き捨てました。

そんな時代だったのです。

思い出した原因は最近のTVドラマです。

やたらと男女だけでなく同性同士や親子・友人でハグする場面が目につくからでした。

ノンフィクションでも、宇宙基地から油井さんが帰還する時、残るクル―と当然のようにハグしていました。

視ていて何の違和感も感じませんでした。

ダンボも心が欲しがったらハグしたいです。

テルテルは心おきなく抱き締められるけど、プ~ッと鼻汁をかけられるおそれがあります。

006


「こんななるんやったらハグしといたらよかった!」

cookyさんの葬儀の折、横にいたYさんに本音をもらしました。

Yさんが得意気に「ワタシした~」と答えたのを忘れてません。

シェークハンドで眉をひそめた時代から変わりも変わったものです。

2015年12月15日 (火)

想定外

デイサービスに行き面食らいました。
「大丈夫ですか?」「傷見せて下さい、お風呂に入る前に!」
あちこちのスタッフから声がかかります。
????
前回の記事「転ぶ」の後、途切れたので気にかけておられたようです。
当のダンボは、
あまりにも事件はノープロブレムだったし、
コメントにはレスしたし、
心配されているのは想定外でした。

無事だったお祝いのように、グリーティングカードと皆さんから「Happy birthday」の合唱を贈られました。

Image


13日で87歳でした。
思い切って、ホテルでお祝いすることにしました。
それには、テルテルも同席させたいです。
条件を満たすホテルを長女が見つけて行ってきました。

ロビーでよそ行きの撮影

Image_2

ワンコ立ち入り禁止の箇所は殆どありません。

Image_3


Image_4

Image_5

テルテルと一緒に食事。周りの子どもたちよりマナーが良いとは言えませんでした。

もっとも、驚いたホテルのサービスは
予約した301号室に色紙大の名札が掛けてあったことです。

今日から、想定できる範囲の日常に戻っています。
テルテルは、楽しかったのかどうか?
よく食べ、良く寝て、立派なウンチを出しています。


Image_6


Image_7


2015年12月 9日 (水)

転ぶ

高齢者が転んだら取り返しのつかないことになる!

何遍も聞きました。

ダンボは「暮らしの中で転ばない」を最重要課題としていますが

テルテル連れての散歩では、いずれ避けられないものと覚悟し

メチャメチャ気配りしています。

本日、二回目の転倒を経験しました。

一回目はテルテルに引っ張られ転んだのが草地、

柔道の受身をして難なくパス。

本日は公園の出口でコンクリートの上、

それも自分で躓いて!

しかし、

こうして久しぶりのブログをUPしているように、ダメージほぼゼロ。

幸運でした。


予兆はありました。昨日のデイサービスでトレーニング項目を3つ中止にしました、

ここ何日か膝の痛みが尋常でなかったからです。

昨夜一人でお灸をすえました。

017 020


ツボにはまっているかなど分かりません、

押さえて痛い所にしました。

それでも効果あり痛みが薄れ快調に足を運んでいたのが裏目にでたようです。

靴底がザラザラのコンクリートに引っかかりました。

左脇腹、左肘、を下にし、顔や頭を守るのに右手のひらを突いて転びました。血も出ない擦り傷で終わりました。

運もあるけど転び上手なのは、長く続けていた「気功体操」そして、デイサービスで体幹を鍛えているお蔭だと思います。

「二度あることは三度ある」

いやいや、三度どころではないでしょう、

瞬間に息を吐き、脱力して転び名人になるつもりです。

016


この子のためにも・・・・・

2015年12月 1日 (火)

クリスマスツリー

とうとう今年も30日を残すだけになりました。
ダンボの周りには高齢者が多いので、
顔を合わすと「早いですな〜(時のたつのが)」が挨拶代りになりました。

師走に入る前から、あちこちのクリスマスツリーがニュースになります。
巨大で圧倒されるもの、イルミネーションで度肝を抜くもの、ユニークでハッとするもの・・・
テーマパークが客寄せにオッ立てたのを見たい気持ちはあっても行くのは面倒です。

デイサービスに行くと、ありました‼️

Image

ツリーと言っても壁掛けですが、グッドアイディアです。

通所者が、発泡スチロールのボールとストローハットと蝶結びのリボンで作った雪だるまが
ツリーの飾りになっていました。
全体を観賞して細部を見る、見飽きませんでした。
一つとして同じ顔のない雪だるま(当たり前)
好きな顔を探してスマホでゲット。


Image_2


Image_3


ダンボの雪だるまは、
『変わっているのを作る』主義で、ヌードにしませんでした。
さて? どれでしょう。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ