« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月27日 (金)

細かいことながら

ブログを休んでいる間、色々ありました。

庭や玄関までの道がさっぱりしました。

前回草むしりを頼んだ時より

一万円以上安くすみました。

004 003


草が伸び過ぎないうちにしてもらうのが得策とわかりました。



食卓を照らすペンダントの電球がチカチカし始めました。LEDです。

そんな馬鹿な!

ダンボより長持ちする筈!

メーカーはpanaです!

でも、でも、C国製でした。

量販店の安売りで手に入れた品。

街の電気屋さんに代わりをもって来てもらいました。

013

同じpanaですが一葉さんが消えてしまう価格でした。

代わった明かりは別世界を照らしているようです。




1本が2本になりました。 

野菜不足を補うのにジュースを買い置きしています。

そのうちの1本がパンパンに膨れ円柱状になりました、

027

ダメもとでサービスセンターに電話しました。

メチャメチャ早い対応でした、京都の担当者が飛んできて

1本が2本になりました。

028

昨夜

社の研究所が調べた、不良品の検査結果を電話で知らせてきました。

製造過程に問題なし、輸送に問題ありと思えず、飲み口に原因不明の傷がありそこから入りこんだ細菌によるもの・・・

ダンボが梱包を解く時につけた可能性あり(陰の声)

書類を送るというので、「納得したのでもう結構」とお断りしました。

次もやっぱりここのジュースを買うでしょう。

食品会社の気配りはたいしたものです。

2015年11月23日 (月)

睡眠時間

いやはやお恥ずかしい話、

昨夜は、ジョコヴィッチとナダルの試合を見て夜更かししました。
でも、深夜に寝ても8時以降に目覚めことはありえないダンボです。

思わず目を何度かこすりました。時計が9時半を指しています。
目覚める直前にみた夢がひどい。何年も縁のなかったHな夢でそれも匂いに絡んだのでした。
まだ、男だったんだ!と苦笑い。嗅覚は戻っていませんでした。

身支度して真っ先に取り掛かったのはテルテル様の日課です。
外に出し、用足しさせて部屋に戻ったら朝餉を用意し食べさせました。

仏さんは後回しです。自分の分はその後です。

お昼がやけに早くきました。
昼ご飯は2時。

ゆったり構えてテレビを見ていると、何時の間にか見ていた番組が変わっていました。
外も暗くなっています。
あれだけ寝たのに昼寝?
時計の針は5時近くを指しています。

朝と同じく大慌てでテルテルの夕食です。そして、散歩。

自分の食事は面倒で、空きっ腹ではないしグズグズしていたら突然三女が大きな荷物を抱えてやって来ました。
「京都であった仕事の帰りやね」

帰りにしては、えらい遠回りの寄り道です。
体調を崩し来られない長女の代理と分かりましたが、一言も言いません。
ダンボも黙って感謝しています。

それにしても、適正な睡眠時間なんてないものなんですね。

明日は、いや
日付が変わったので今朝は普段通りに目を覚まして見せましょう。

2015年11月16日 (月)

「死なれる」「殺される」

20年前、カミサンと二人で訪れたパリ。

その頃から自動小銃をもった警官をみかけたり、

危ない経験をしたりしましたが、

今回の様なテロ攻撃の舞台になるなんて想像できない

興味津々宝の蔵みたいな街でした。

 

その街を襲ったテロで、130人を越える死者と、その数倍が負傷という犠牲者がでました。!

ダンボのアンテナが反応したのは

11月7日・朝日新聞のコラム『折々のことば』でした。

『「死んだ」者よりは「死なれた」者の方が、やはり、叶わないのである。つらいのである  秦恒平』 

この言葉を採りあげた哲学者 鷲田清一氏は、ざっと次のように補足説明されていました。

『「死ぬ」という自動詞に日本語では「死なれる」という受動態があり、死なれる人に思いを重ねている。人は死を恐れているが、その死は想像だけで体験できない。死の経験の原型は、大切な他者を失うというところにある』 

心の準備も覚悟もなく、テロで非業の死を遂げられた人々に

思いを重ねる人は縁者だけでなく、世界中に広がっています。

まして「死なれた」が「殺された」という受動態ですから

「憎しみ」「報復」と悪循環が起こりそうで、それが一番怖ろしいです。

2015年11月11日 (水)

父ちゃんに代わって

父ちゃん、チョット忙しそう。

ゆとりないな~

代わってテルテルがつぶやいときます。

「新しい中古カメラ、連写がイマイチや」と、

ボヤキながらテルテルの恥ずかしいとこ撮ります。

018 020 021 022

このへんで        後ろ気をつけて        あ~ん        ス~とする 

023


青天井でオシッコする心地よさ!父ちゃん忘れたやろな。

010


雨上がりの散歩は、好きやない。濡れるの嫌い!

007 002

 落ち葉が保護色になってるやんか

父ちゃん頑張って、散歩は連れてくれます。









2015年11月 6日 (金)

枕元・渋滞

枕元の渋滞がひど過ぎます。

002

「漢字パズル」は長女がボケを心配して押しつけたもの、

ダンボを励ます「オケ老人!」が、M夫人から送られてきたので、

読みかけの本が4冊になってしまいました。

一番厄介なのが、文集の校正です。

赤ペン持って目を通さねばなりませんが、

年内発行ですから、緊張感はありません。

渋滞の解消法は

「読みはじめたら止めにくい本から読む」

だから、溜まった本は順不同で枕元から巣立ちます。

今のところ一番遅く到着した「オケ老人!」が、先頭を走っています。

あ~、

目薬の厄介にならない頑丈な目、

トンボのような複眼が欲しいダンボです。

2015年11月 3日 (火)

中古品

川に落としても、めげなかったカメラ、

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-bdf5.html

その優等生が、突然「頓死」しました。 

ウンともスンともスタンバイしてくれません。

迷いました、

最近はスマホのカメラが優秀で身代わりをします。

けれど、両手が必要、シャッターが切りにくいです、

時々落とします。

新規購入を見合わせましたが、

秋が深まり色彩豊かになるとウズウズしてきました。

Aソンで中古品を探しました。

安かろう悪かろうは困るけど、プランドにとらわれず探しました。

『FUJIFILM F900EX』 ¥16,500

088

古い型で初値は4万円ほどしていました。

光学20倍デジタル処理して約40倍の望遠付です。

届いてすぐに十三夜を撮りました。(ブログにUPしたもの)

画を見てビックリ。

フェンスを支えにして手持ちで写したのに

手振れ補正が完璧でブレがありません。

値段の割に多機能で使いこなすのに苦労しそうです。

例えば

080


部分的に色を残す、 ボケ味を調節できる。 どアップも・・

057 025 020 058


他にも、まだまだ出来ることテンコ盛り。

マニュアル読んで、遊びましょ!







2015年11月 1日 (日)

テルテルの記憶力

先日、何かの記事で「嗅覚を失うと、記憶力が減退する」とあってゾッとしました。
有名人の名前が言えないのは、どうでもよいのですが、
ご近所の方の名字が脳から飛び去ると冷や汗ものです。
日記も困ります。今日と昨日と一昨日までミックスしてしまう記憶で、
今日を選んで書くのに苦労します。

午前中の散歩は、長く行かなかったパンダ公園経由山手コースにしました。
テルテルも数ヶ月、いや1年ぶりではないかと思います。


沿道は変わっていました。
整地もされていなかった空き地が区画され、何時でも建築OKになっていました。


Image

テルテルの足の運びを見て感心しました。
以前と同じ場所をクンクン嗅ぎ、道の右と左にコースをとるのも同じです。

姿は見せないけど、吠えられる家に近づくとピョンピョンして挑発モードになるし
ミニダックス「ルル」ちゃんの家では、覗き見します。

Image_2


霊長類のダンボがテルテルの動きを覚えているのは当然です。

ちっつちゃな脳ミソのテルテルが記憶し、同じパターンの動きをするのにチョット感激しました。
やっぱり鼻が良く利くからかな〜〜

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ