« 十三夜 | トップページ | テルテルの記憶力 »

2015年10月29日 (木)

005


デイサービスで収穫したサツマイモが

通所者一人一人に配分されました。

絶不作の筈でしたが、750gもあり、

ダンボとテルテルが頂くのに充分です

(テルテルが首絞められるような歓喜の声を出す大好物)

入れてあったエコ紙袋が手作りで粋でした。


芋といえば、

他に「サトイモ」「ジャガイモ」「ナガイモ」「ヤマノイモ」・・・

と、まだまだあるのに、真っ先にサツマイモが浮かびます。

そんなイモの代表選手にしては冷遇されていませんか?

若もの言葉「キモい」は「イモ」由来の気がします。

昔から

田舎者の野暮ったい男を「芋助」

阿呆な坊主を「芋掘り坊主」

どんぐさくて垢ぬけしない武士は「芋侍」などと

ネガティブに使われたイモ!

これはサツマイモじゃありませんか?



そんなことはいいんです。

本日蒸かしイモにして、テルテルと食べました。

「大層美味しゅうございました。」

テルテルは鼻鳴らし丸呑みし感想は聞けませんでした。

« 十三夜 | トップページ | テルテルの記憶力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そろそろ、あの絶品の海老芋が向かいの八百屋に並ぶ頃です。

youkoさん
祇園・平野屋の「いもぼう」 
味音痴になったから懐かしく思い出します。
あそこの「海老芋」美味かったな~
youkoさんも煮て持って来てくれたのも旨かったな~(請求してるのと違うで)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 十三夜 | トップページ | テルテルの記憶力 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ