« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月29日 (火)

お月見三日

中秋の名月は27日でした。

外に出る気のないダンボ

月の出は、隣家の屋根から出たところを

パシャ!パシャ!  二階の窓から撮りました。

                          9/27  19:00

014 003


28日は、十六夜(いざよい)の月

最高に大きく見え明るい月でした。

カメラに収めようとした時刻が遅かった、

雲が邪魔しました。

雲の切れ目がワンコの姿に!

月を追う犬の図です。

 9/28  21:20

005 009


流石、スーパームーン 薄雲を貫いて姿を現します。 

29日、今夜は立待月(たちまちづき) 

夜駆けこんできた長女の

「父ちゃん月が凄く綺麗やで、行こ行こ」に促され

何時もの公園まで三日連続の月見です。

テルテルも同伴しました。

  9/29      20:15

007 004 013





欠けているように見えませんでした。

見事でした。

009_2

テルテルは月より走ってご褒美もらいたがっていました。

2015年9月24日 (木)

長い休み

ブログ長期休止の原因は5連休にありました?と

バケーションにこじつけたらカッコええのですが・・・・

そんなの関係ナイ(古ぅ~)

「金も銀も縁なき衆生赤トンボ」 ダンボ

まあ止まりの発端は、参院委員会での審議打ち切り採決ですね。

久しぶりに目撃しました、議員先生の乱闘!

ダンボ連想したのが「棒倒し」予科練の棒倒しは凄かったですよ!

議員諸先生も、与党は赤、野党は白のジャージ着用を義務付けたら、一層面白くなるのですけどねぇ。

法案反対デモには感動しました。特に若者の!

「華ちゃんのお母さん」も参加して高揚感に浸ったようで羨ましい。

「怨念の杜となれうろこ雲」 ダンボ

いつ死んでもエエとは思っていますが、 こんな奴に限って長生き

来年七月の参院選までは生きて見届けてやる!!

22日の朝散歩は

 

泊った長女と一緒だったのでカメラ持って出かけました。

 

ヒジキ君が待ち受けていました。

001 002 003



最近は気性が荒く力も強いので連れて外歩きできないそうです、

 

角が怖い!発情中でした。

 

 

公園に人が居ない!しめた!

 

飛ぶテルテルを撮ろうとしたのですが

 

生憎連続シャッターのタイミングが合いません。

006 008 009 013


家の傍まで来たら

 

頭上からピピちゃんのお誘いです。

025

「遊ぼう・遊ぼう」の「フオンフオン」ですが、

 

馴れない時は不意をつかれビックリしました。



2015年9月16日 (水)

貼り絵

昨日のデイサービス。

フロアの壁にミミズクの貼り絵が飾ってありました。
ダンボと違う曜日に通っている人たちの合作です。

Image

同じパターンですが、色紙はそれぞれ選んだので配色に個性が現れました。
見れば見る程ミミズクの群れに惹かれてしまいました。

一匹一匹が、喋り始めました。
てんでバラバラです。

「どや!」 「え〜」 「なめんなよ」 「見て見て」 「危な〜」
「うふふ」 「おっとっと」 「幸せやー」

ダンボ、統合失調で幻聴を聞いている?

いえいえ、
政治フラストレーションを抑え込む
他愛もない空想です。

2015年9月14日 (月)

IT格差

国勢調査員の女性が、やっとインターネット回答の用紙を届けてくれました。

ダンボも一度だけ「国勢調査員」をしたことがあります。

一回で懲りました。

結構お小遣いになる報酬はありましたが、それに見合わない数倍の苦労がありました。

担当地域に集合住宅があり、若い単身世帯が多かったのです。

住人と会うのに、夜討ち朝駆けの繰り返し、通い続けました。

だから今回、インターネット回答ができると知り、

調査員さんの苦労を軽くしてあげたいと心待ちにしていました。

(IDと初期パスワードがなかったら手がつけられません)

001


のんびりした女性です。

「遅くなりました」は、いいけど

オイオイ回答の期限は20日でしょ!

説明読んだら結構難しそうです。

体調も悪かったので 考え中・考え中

迷いを解決してくれたのが

ottchさんのブログ「じいじのひとりごと」でした。

http://blog.goo.ne.jp/ottchsan1886/d/20150912

誠に簡単でしたが、

「これでイイのだ!」とバカボンパパになれませんでした。

パソコンやスマホを扱えるのが前提です、

幸い私はできるけど

周りの老人会会員の3分の2以上?が、ITと無縁です。

マイナンバー制も軽減税率もITがらみだったら、

誰が得して誰が損するかが想像つきます。

今の格差は「所得格差」より「資産格差」だと言われていますが、

それに「IT格差」が加わって

・・・・・はぁ~~さのヨイヨイかね!?

2015年9月11日 (金)

水の怖さ

関東・東北を襲った豪雨、

常総市をはじめ各地で大洪水が襲いかかりました。

002 003




TVの速報で、3・11を思い出しました。

危険視されていた堤防が決壊したのですから、人災です。

国交省の責任はまぬがれません!

と、ダンボが唸ってもアイマイモコになるに決まっています。

それにしても水が起こす災害は怖ろしい!

「津波」「洪水」「土石流」「地滑り」・・・


ダンボの記憶に刻み込まれた、水の威力がいくつかあります。

昭和10年、ダンボが小学校1年生でした。

京都は暴れまわる水で加茂川の橋はほとんど流されました。

水が引いた後、川の様子を見に行って、信じられない風景に出合いました。 

浚渫工事に使うトロッコを引っ張る機関車(何トンあるか分かりません)が、濁流の中を回転ながら流されて行きました。

昭和26年7月、ダンボは新米教師でした。

天神川が決壊すると警告があり、

担任教師が引率し、子ども達を各家庭へ送って行きました。

最終のMちゃんの番でした、道を渡った所に家がありました。

その時、道が川になっていたのです、

深さは膝あたりです。

ミルクコーヒー色の水と云えば聞こえはいいのですが、

下水が完備していない頃ですからどぶ板と一緒に汚水が混ざっています、

汲み取り式トイレの排泄物も総ざらえして流れています。

泣き出したMちゃんをおんぶして道を渡りはじめました、

濁水で足元も見えません。

なん歩かいくと臭いも、道の凹凸も気にならなくなりました。 

もの凄い力で足をすくおうとする水の圧力に

負けまいと抵抗することしか考えませんでした。

水は怖いと体感し、記憶から消えない出来事でした。

被災された方々が一日でも早く復興されるのを祈ります。

2015年9月 9日 (水)

10年は長い

ダンボがブログを開設してほぼ10年になります、

きっかけは

2006年、同窓会で記念品として贈られた「5年日記」でした。

喜寿の恩師になんちゅーこっちゃ!

ダンボが、教え子に日記「書け!」「書け!」と、五月蝿かった仕返しかいな?

ちょっと、つかえるものはありましたが、

潔く受けて立ちました。

以来、3505日目の今日まで、空白の欄はありません。

※申し添えますが、5年日記が終わったら「10年日記」を押しつけられました。

006


教え子達の「善意」 「悪意?」 に報い、

ダンボの律儀さを明らかにする手段としてのブログ開設でした。

写真で赤○のついている2006年11月2日です。

一口で10年といいますが、

ダンボに大変動が起ったひと昔です。

男寡になりました、

兄弟・親族も亡くしました。

親しい友や教え子を失いました。

3.11のPTSDで眠るのに薬が必要になりました。

体力は見事に落ち、老化度は確実に高まりました。

良いことだってあります。

テルテルがダンボの養女になりました。

013

孫の婚礼に立ち合い、曾孫を抱けました。

小学校と幼稚園に入ったばかりのRYとYUが

それぞれ志望の高校と中学校に合格しました。

初対面の「ちがや」さんに宮古島を案内してもらいました。

ブログの威力です。

ブログと云えば、

間口は広いし奥行も果てない、「おたまさん」のブログ。

開くのが日課になっています。

萎えるダンボを何回も死の淵から助けてくれました。

10年は長いです。

個人にとっても社会(国)にとっても長いです。

ねじ曲がらないのを確かめて

あの世へゆきたいけど・・・・無理かな~

2015年9月 5日 (土)

ドックの功罪

カミサンに無理やり連れていかれて始めた、

「半日人間ドック」詣で。 

何年も欠かさず続けています。カミサン亡き後も・・・・

4日に行った今度のドックは、目的がハッキリ二つありました。

その1 胃潰瘍を内視鏡で見てもらう。

その2 腹部大動脈瘤の太さをエコーでみてもらう。

1については、早くホームドクターに薬を処方してもらったのが正解でした。

「心配するような状態ではありません、かかっている医師の治療を受けてください。食事は神経質に考える必要ありません。」

やったーやったーヤッターマン。

でも、青信号になってはいません。

調子こいて、夜「柿の種」をポリポリ 

ちゃんと胃が痛み黄色信号が点りました。

2についても「破裂する太さ50mmにはまだまだです」と、診断され

ダンボ絶対動脈瘤破裂では死なないの信念が不動のものになりました。

嬉しい驚きは脳と腎臓機能の結果でした。

去年も絶賛されたのですが、

「どう見ても80歳代の脳ではない、100越えても大丈夫やで」と、男性医師の褒め言葉。

総合的医師所見は若い(30歳?)女医さんでした。

「これも良し、これも良し、これも大丈夫・・ エッ腎臓ええわ私よりええわ」

そうは言っても「脳」と「腎臓」だけで生きられへんしな~ 

「腎臓ですか」ダンボの気抜けした声に

「腎臓大事ですよ、三日オシッコにいかなんだら人間死にますからね」

ピシャリと言われてしまいました。

心臓に関しては

「胸に違和感覚えたらニトロ使いなさい、それで治れば心筋梗塞だし治らなかったら別の原因、試薬のつもりで使ったらよろしい、15分もしたらニトロは身体から消えますから」

と貴重な話しを聞かせてもらいました。


良いことばかりで終わらないのが人間ドックです。

エコーで胸部にも動脈瘤がみつかったり、

二年連続で便に血液反応があり、

「痔だったら問題ないけど、是非とも、できるだけ、絶対!直腸の検査受けなさい」と、

腎褒め先生に厳しく言い渡されました。

2015年9月 2日 (水)

花○爺

いつの間にか9月にはいりましたね~。

ダンボは煩雑な家事と末娘の面倒みながら生きております。

朝は7時に床を離れ、先ず

仏壇にお茶とお水を供えて、祈ります。(祈りの内容はヒミツ)

朝食は簡単、

基本は、小松菜とリンゴとバナナのスムージー、

チーズをのせたトーストと、ヨーグルト。

ざっとこんなものです。

食後、間をおかずテルテルの番です、

ケージの戸をあけ屋外に出すと、

テルテル目を細めて溜まっていたのを出します。

食欲が毛皮被っている子ですから朝食は1分とかかりません。

朝刊にざっと目を通してから、テルテルの散歩。

潰瘍に優しい食事を腹八分目ですから力が入りません。

それでも、リードを握ったら西郷さんに変身するダンボ!

杖に頼ることなくコースを一巡します。

毎日々々、三度々々の繰り返し、調理や簡単な掃除や洗濯やゴミ出し、・・・

ヘルパーさんや長女の支えはありますが、

我ながら「ヨーヤルワ」と

自己評価で花丸をつけています。

「センセ一週間でなくていい一年に一回でもブログ書いて」慰め励ましてくれるEBさん。

消化の悪い果物にリストアップされている「ふー」を知らずに送ってくれたKさん、

001

これなら食べられると、自家農園の「長ナス」を、そっと置いて行くMさん。 (ホントは5本もありました、食べきれないのでお裾分けした残り)

001_3




M夫人からは速達でお見舞いを届けて頂き戸惑っています。

花咲爺ならぬ花丸爺は○印だけでなくご褒美まで頂戴しました。

書きながらイヤになってます、

幸せ自分を宣伝し、お見舞いを請求しているようで・・・

決して決して決してそんな下心はありません。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ