« ニュース | トップページ | 思い出す「すき焼き」 »

2015年2月26日 (木)

思い出すコロッケ

先日のブログで思い出の「コンビーフキャベツ」を書きました。

強烈に印象に残ったのは「コロッケ」も同じです。

1938年頃「コロッケ」が口に入る機会はそうざらにはありませんでした。

新大宮の肉屋さんに行く姉のお供を仰せつかります。

姉が牛肉を選んで「400匁(め)ミンチにして」と注文します。

グラムにすると凡そ1.5kg!

大家族でしたからそれだけ要りました。

オッチャンが肉をチョッパーに入れてハンドルを回します。

ウニウニと湧き出る肉を見つめて考えました

『初めに出てくるのは買った肉?チョッパーに残こるんと違う?』

気の細かいガキでした。

量が多いのでオッチャンは竹の皮を2枚横に並べて包みました。

持たされるのは末っ子、使い走っぱしりのダンボです。

家に帰ったら台所は戦場さながらでした。

ダンボの担当は、揚げる前のコロッケを丸め、メリケン粉をつける迄、

子どもの手からはみ出すくらい大きさでした。

とき卵をくぐらせてパン粉をつける工程を許されたのは、まだまだ後で揚げ役はさせてもらえませんでした。

わざとミニサイズを握って試食できるのが役得でした。

揚げたてのコロッケ!

もう一度叶わぬ夢を味わいたいと願う今日この頃です。

« ニュース | トップページ | 思い出す「すき焼き」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

思い出しました。うちは新町学芸大学前の市場の中にある開心亭でお肉を買っていました。そこのおばさんのお顔を今でも覚えています。行くと「じょっちゃん、こんにちわ」と言われます。昔はミンチはその場で100匁とか言ってやって貰ってましたね。懐かしいです。その市場の卵やさん、魚屋さんの顔も次々浮かんできます。結構覚えているものですね。大宮はちょっと遠いので殆ど買い物に行ってません。

ダンボさん ご無沙汰しています。

コロッケの思い出・・読んだ瞬間にコメントしようとスマホを開けましたが
どうも、うまくはいりません。バレーボールの部活を終えて東山通り 市電の
泉涌寺駅前のコロッケの美味しかったこと、美味しかったこと、
、コロッケの仕上がりを待つのと、市電の来るのとの競争!!
ドキドキ、ハラハラの「コロッケの思い出」があります。

ダンボ爺 覚えたはりますか?
5年で転校して行ったY田君のお母さんがコロッケ店やったはったのを
 1つ5円 私は50円貰って少女まんがを買ってコロッケを4個買って、
股火鉢で、食べながら読むのが冬の楽しみでした。
あれは、おいしかっったわ
Y君の転校も淋しかったけどコロッケも残念やったわ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニュース | トップページ | 思い出す「すき焼き」 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ