« 無事で | トップページ | 不足の原因 »

2015年1月10日 (土)

苦あれば楽しみあり

テルテルの散歩、ダンボにとっては苦役です。

綿の上や斜めになった道を行く感じの時や、膝に力が入らず前のめりになることは常時です。

でも、寝たきりにはなりたくないので、

苦を承知で欠かさず散歩を続けています。

 

今朝は

苦を打ち消す楽しさに出会いました。

先ず、ポストに用があり、義妹の家の前を通過しようとしました。

「散歩のオバチャン(義妹のこと)家にいるな」

ガレージの車を見付け、ダンボがテルテルに話しかけた途端、

道を横切り門扉の前に座り込んでしまいました。

義妹にオヤツ貰えるのが、テルテルのメモリーに入っています。

居間に上がり込み、リンゴをせしめて、納得したようです。

半径30m以内ならどの方向からでも義妹の家に直行できる、

テルテルの能力に改めて驚きました。


公園の入り口で「ひじき」ちゃんバッタリ。

三日連続です。

流石に両者とも馴れた様子。

鼻チョンチョン、お股クンクン、

「ひじき」ちゃんが時折後ろ足で立ち上がり身体を捻って威嚇のポーズをとります。

生後2ヶ月の幼さでも自分を大物に見せたいようですが、それがまたカワイイ。

テルテル控え目に「フォンフォン」と吠えました。

「ひじき」ちゃんが「め~~~っ」と鳴いてくれたら最高だったのに、残念!

成長しても柴犬程度の大きさ、芸は出来ないが名前は分かっている、反芻は夜する、枯葉剤かけた草を食べて食中毒起こした・・・・お父さんからいろいろ聞きだしました。


帰りのコースで歩行訓練(リード緩めてダンボの右脇について歩く)を始めたら、ニ・三歳くらいの男の子がペダルもブレーキもない自転車でついてきました。

「僕お名前は?」

「ΨΔΓ? @*>< ジッチャン」

「?」

終わりの「ジッちゃん」だけはっきり!

「ジッちゃんは私(鼻☜)お爺さん、僕の名前は?」

「ΨΔΓ? @*>< ジッチャン」???帰ろうとしません。

誘拐犯に間違われては困るので、

僕ちゃんと遭遇した地点まで後戻りしました。

テルテル不思議でたまらん様子でついてきました。

以上、

携帯で現場を撮影できず、悔しい思いが残りました。

午後はカメラ懐に出かけましたが、

二度はありませんでした。

花の盛りには朱色の壁だった団地の生垣をバックにお茶をにごします。

002 001

« 無事で | トップページ | 不足の原因 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「ひじき」ちゃん、まだ遭遇してませんが、様子よくわかりました。
ピピとの遭遇ー昔の映画「未知との遭遇」みたいでしょー楽しみです。ピピの反応もですが、少し体の色など似てるのでは?と。もっともあちらはメ〜わくがってるかも?

ピピちゃんのお父さん
ピピちゃんどんな反応するでしょうね。
ひじきちゃんは庭に長いリードをつけて繋がれています。
鳴き声が少し小さくなったのは環境に順応しているのでしょうか?
横の道からでも見ることはできますが、やっぱりニアミスしないと面白くありませんね。

今日は息子が散歩して出会ったとのこと。ピピは無反応だったと話していました。

ピピちゃんのお父さん
ピピちゃんは山羊を犬族と認識しなかったのではないでしょうか?
テルテルは好奇心が強いというか軽薄というか「カラス」「ハト」など生き物にチョッカイを出そうとします。一番好きなのは人間ですけど・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無事で | トップページ | 不足の原因 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ