« カット | トップページ | 願い空しく »

2015年1月29日 (木)

ベテラン優勢

2015年1月~期のTVドラマ

ダンボ評定が終わりました。  (以下の文章敬称略) 

総括すると『普通』

1週間が待ち遠しい作品はありません。

網にかかったのはベテラン脚本家のばかりでした。

★★★★☆ 『問題のあるレストラン』脚本・坂元裕二 

「Mother/最高の離婚」などヒット作量産のベテランは、男女雇用機会均等法を茶化す作品を面白く見せてくれます。展開も巧みです。

★★★★☆ 『まっしろ』脚本・井上由美子 

キムタクを主演にした「エンジン/GOOD LYCK」を手がけたベテランは、格差社会と特別診療をデフォルメして提示、チクチク皮肉が愉快です。 

★★★★☆ 『だから荒野』原作・桐野夏生 脚色・浅野妙子 

原作を読んでいないので分かりませんが「八日目の蝉」を脚色した腕は確かでしょう。愛のない夫婦の辿りつく先に興味あり。

★★★★☆ 『ゴーストライター』 脚本・橋部敦子 

草薙主演の「ぼくの生きる道」3部作を書いたベテランですが、ダンボの興味は「水川あさみ」扮するゴーストライターが怪物に変身するのに注がれています。

★★★☆☆ 『ウロボロス』 原作・神崎裕也のコミックを「任狭ヘルパー」を書いた古家和尚が脚色、警官とやくざが手を組んでの復讐劇、ネタばれ感はありますが、ありえへん面白さについ・・・・ 

★★★☆☆ 『○○妻』脚本・遊川和彦「家政婦のミタ」でヒットし「純と愛」で失速しました、挽回出来るか検証しています。

★★★☆☆ 『DOCTERS3』 脚本・福田 靖 もうパート3でお付き合いです。高嶋正伸のオーバーアクションに辟易しますが、沢村一樹のブラック度が増し興味があります。

後 「無印良品」無きにしも非ず。

でも、人の好みですから載せません。

NHK海外ドラマ『ワンス』と『ダウントン・アビ―』は

作品にかけられた贅沢を楽しみながら視ています。

« カット | トップページ | 願い空しく »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カット | トップページ | 願い空しく »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ