« 47号 | トップページ | 不便 »

2014年12月 9日 (火)

早やばやと

昨日はインフルエンザの予防接種で

倦怠感に包まれ、

持ちネタ沢山あるのにブログUPもレスもできませんでした。

いざ、ネタを本日の記事にしようと意気込んでいたら

とんだ割り込み事件です。

デイサービスセンターで誕生祝いをして貰いました。

生まれ月の利用者にお祝いするのは通い始めて知りましたが、

自分の番になるとテレ臭いものです。

今月生まれは3人

一人ずつ「ハッピイバースデイ」を、皆さんで歌ってもらい

キャンドルを消します。

それから、インタビューの始まり

メチャメチャ個人情報にメスが入りますが不快ではありません。

むしろ、笑えたり関心が深まります。

プレゼントは予め写して貰っていた額入り写真とメッセージカード

手作りの袋に入れて渡されました。

003

郷にいれば郷をエンジョイするダンボ、

現代に生きていて良かったとマジで思います。

« 47号 | トップページ | 不便 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

デイサービス、すごく楽しそうですね。自分で選んだ甲斐がありましたね。何でもそうですが、自分の意志でしたことは、よくても悪くても、納得ができますね。納得すると言う事はストレスをためないと言う事です。うちの母のいきさつと比べると、とても羨ましいです。という訳ではないんですが、私の家から車で10分くらいの所にデイもショートも特養も備えた高齢者施設があります。数年前に嵯峨から嵐山に移転し建物もまだ新しいです。人気があり、私もお気に入りです。母が京都にお泊りで遊びに来たときは見学がてらに何回もそこへ(松尾橋や渡月橋が見える4階の喫茶や催しもの)母を連れて行き、私も一緒に楽しみました。田舎の母のいる施設と比べると都会なので非常に狭いですが、色々な取り組みがなされています。何と言っても地域とすごく密着していて、他の方にもオープンなので入りやすいです。色々な形でのボランティアの方もたくさんいらっしゃるようで、スタッフの方の接し方もとてもソフトでした。また施設の経営ポリシーと言うのも非常に大切ですね。友達のお母さんがその特養に入っていらっしゃるので、お部屋も見学させていただきました。個室は畳の間にベッドがあり、家族の人はそこで寝ることもできるようです。勿論家族が泊まれる別室もあり、お風呂も入れるそうです。個室のあと半分は板の間。個室のトイレは2面開きになって車いすも出入りしやすそうでした。個室のドアはリビングを取り巻くようにリビングに面しているのと、トイレもドアを入ったらすぐの所で、スタッフの動線もよく考えてありました。食事もソフト食必要な人はで、潰して食べやすくなっているのですが、外観は元のままのようになっています。(魚だと外観は魚の形になり焼き目までもついている)。母はよく形のある物が食べたいと言います。人間の食べ物ということなのでしょう。私もまだ若い?ですので、今は、しっかり観察ししっかり考えられますが、自分の人生を人任せにすると、とんでもないことになりそうですね。やはり自分はどうするか・・・元気なうちに考えられるダンボ先生は、先見の明があります!以前にブログでアップされていたデイサービス施設比べも非常に興味深く読ませていただきました。私の親戚は超高齢者。夫方義妹の義母は100歳・義兄の妻の母は93歳。私の義姉の母と私の母は91歳。身近な高齢者を通して私も色々研究?をしています。また時々施設の様子をアップしてください。参考にします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 47号 | トップページ | 不便 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ