« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

,歳月の重さ

昨日

Y小学校の3クラス合同同窓会に出席しました。

幹事の中に本来はbon君がいました。

抜け落ちた人は大きいです。

10月16日に「bon君を偲ぶ会」をしておいて救われましたが、

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/index.html

自然に湧き出る笑顔を見せられず申し訳ないと今もおもっています。

Photo_4


「全員集合写真」了解をとっていないのでダンボ以外目隠しして貰いましたゴメンナサイ。

この合同同窓会の始まりは確か2000年頃だったと思います。

カミサンがアルバムに残してありました。

Photo_5

・了解の取れないbon君とカミサンはノーマスク

場所が狭くて全員の集合写真は撮れません、

ダンボの関わった2組だけでこの有様、

教師も7人で前列を埋めていました。

次は2005年 2組だけの写真です。

Photo_6


この辺りがピークだったのでしょうか。

最初の写真と比べ、10年近い時間の重さを感じさせられます。


昨日、狼君から来年春に「bon君の一周忌」をダンボ宅でしたいと提案がありました。

大賛成です!

皆がダンボの命を延ばす心配り

感謝感激です。

2014年11月27日 (木)

世界の中心

「・・・日本を世界の真ん中に輝かす国にしようではありませんか!・・・」

どなたの言葉?

シンゾーさんが、

解散、総選挙に向けて自民党議員諸氏に飛ばした激の一節です。

002


映画でありましたね。

「世界の中心で愛を叫ぶ」

これならいいけど、

ダンボが連想したのは『中華思想』です。

それと、戦争中に大日本帝国が提唱した

『大東亜共栄圏』『八紘一宇』

※難しい言葉ですが説明しているゆとりありません。ググって頂戴。

完全なアナクロニズム、

中華人民共和国とは握手できないでしょう。

こんな人を居座らすかどうか

選挙にかかっています。

差し当たって生きのびる目標が決まりました。

ダンボ、投票日まで待たず

公示があったら期日前投票に行くつもりです。

2014年11月24日 (月)

おはようございます

おはようございます

001


父ちゃん家の中ではヨタヨタ蟹歩きしていますが

リード握ったらシャンとしてくれます。

『美しいもんないか、美しいもんないか」

政治がよっぽど汚れてるんでしょね

呪文唱えながら散歩に連れて呉れます。

テルテルがオシッコしてるのに

綺麗なサザンカや!とシャッター切ります。

004


サザンカやったら

テルテルのお家にも

負けへんのがあるのに!

015


すっごく背の高い綺麗な花が咲いていました

004_2


何時もの公園に来ました。

010


お父さんに連れられたピピちゃんと会いました。

父ちゃんカメラ忘れて「選挙」と「高倉健さん」の話してました。

今日も穏やかに暮れそうです。

2014年11月22日 (土)

父ちゃんのかわり

11月22日で
「イイ フウフ」の日やて。
父ちゃん「関係ないわ」と、むくれてます。
テルテルは
子ども産めんし
つれあいいらんけど、
父ちゃんの好きなドラマ「きょうは会社休みます」に出てくる
「まもる」君好きやねん。

Image


綾瀬はるかさんに触って貰えるんやったら
テルテルもギャラ要らんし使こて~


Image_2


父ちゃん、怒って身体の調子悪いし
当分、テルテルが代わります。

2014年11月20日 (木)

書きづらい

ブログのネタはあります。

緒方拳さんが亡くなってショックだったけど。

高倉健さんまで旅立たれた、

ダブルケンは稀有の俳優でした。

悼む言葉は山ほどあります。

散歩道のメタセコイヤが巨大な黄色の炎柱になっているのを写真に撮りました。

003 001

でも、

ブログの手が止まります。

理由は「おたまさん」が筆を置かれたのと同じ!

解散総選挙にムカムカします。

マスコミで多くが「今度の選挙に大義がない」と囃し立てていますが、

ダンボはもともと政治屋に大義どころか小義もない

あるのは、地位と名誉と保身と思っているから驚きはしません。

民主主義国の看板下ろして、政財官主主義国と名乗り

国連で一党独裁国との違いを表明してほしいくらいです。

民の事など爪の垢も思っていないのが、

民意を問うとチャンチャラおかしい。

そこへ昨日の新聞でこんな記事

001_2


これって、選挙前に出すの?

団扇配ったり芝居連れて行って首になった大臣いるけど

こうして、

今の政府を信任してくれたら、

税金使って「金あげます」「賞品券配ります」と宣伝するのは

合法なんですね? 

今度の選挙で風も吹かず、

又、あのしたり顔と早口の甲高い声に4年悩まされると思うと

ダンボ、三猿主義者に憧れます。

頑張って書きました、

選挙しかないのですから

皆で緊張感のある立法府にしましょう。


※ダンボも暫く休みます。生きてる証拠はテルテルに任せます。

2014年11月17日 (月)

秋も終わり

散歩は何時も公園です。

色づいた葉っぱが日に日に落ちて淋しくなります。

001

寒くなったし、

落ち葉色の服を着せてくれたけど・・・

2年前のやろ!

父ちゃん鼻利かんし分からんけど、チョット臭いで。

002

005

父ちゃんは秋の終わりでたそがれてるけど

テルテルは食欲全開の秋や!

明るい花も咲いてました。

008


沖縄の選挙も良かったし

父ちゃん投票日まで頑張りや!

2014年11月15日 (土)

後と前と

手元にコラムの切り抜きがあります。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

筆者はJCHO(地域医療機能推進機構)理事長 尾身 茂 氏です。

コラムの後半に、

フランス領ポリネシアを訪れた折のこと

会議が終わって、地元の心理学者に

「あなたと再会できる事を後ろ向きに楽しみにしている」

と言われ一瞬耳を疑ったそうです。

私達の考えで、将来は「前」、過去は「後」にあると思いこんでいるが、そうではないのです。

「過去」は歴然として存在するので眼前にあり、「将来」は過去を参考に想像するだけなので後ろにある。

言われてみれば、頷けます。

終わりに、最近目先の事だけに捉われやすい。将来が不透明な今こそ

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」しても良いのではないか。で括ってありました。

003




日本人の考えの元になっているのが漢字熟語じゃないかと思います。

「先見」とか「後悔」など中国の影響を受けたと短絡的に感じます。

その中国が「歴史的認識を云々」と、過去を前面に持ち出しこだわるし、

自国の歴史教育で、抗日・反日を反復しているとのこと。

ダンボが習った皇国史観に貫かれた昔の歴史を思い出し背筋が寒くなります。

ただ、私達も、過去の過ちは、戦時だからとかどこの国でもしていたとか、、言い訳せず、過去を前に置いて見据える厳しさが要るでしょう。

身内に優しく甘いのは日本人が最強かもしれません。

2014年11月12日 (水)

会見

久々にMiMiちゃんと会いました。
前に会ったのが何時だったか思い出せないほどです。

でも、

Image


ちょっと触れあっただけで、

Image_2

顔を反らせます。
嫌いなの?

嫌いだったら吠えるわな〜

あくまでMiMiちゃんはマイペースです。

Image_3

テルテル無視して、遠くへ走り去りました。

お母さんが、呼び戻すまで帰ってきません。

なんだか最近テレビで繰り返し見せてもらった
会見の場面そっくりでした。

2014年11月11日 (火)

瓢箪からコマ(った)

デイサービスへ行きました。

体調万全ではありません。ふらつきます。

申告したらナースストップがかかってお風呂はナシになりました。

へこんでいたら、

理事長のK.Tさん(女性)が「頼みがある」と、来られました。

Kさん(男性)がSNSを使って自分の気持ちや考えを発信したい希望があるので、相談相手になって欲しい。

という注文です。

Kさんはデイサービスセンターに通っておられますが、お若くて高齢者と別メニューです。

昼食時とおやつの時しかご一緒しません。

お昼に声かけからスタートしましたが、

前途は未知数です。

ダンボのブログは事務所内で知れ渡って読まれているそうです。

パグ好きの指導員Eさんに、テルテル自慢がこうじてURLを教えたのが

こんな波紋を描くとは思いませんでした。

提灯持ちなどしません。

でも、私の感想には足すも引くもしないつもりです。

今日のおやつ手作り「水羊羹」は舌に優しい甘さでした。

Photo


ダンボの席にはテルテルのポーチが「はよ帰って」と見つめています。

メモは、お昼にでた「青菜ナムルの調味料内訳」

ダンボの頼みで介護師のBさんが

調理場で聞いてくれました

2014年11月 7日 (金)

狂ったリズム

昨夜手違いで、デパスを1錠しか飲みませんでした。
てきめんに、午前2時に目が覚めました。
追加のデパスと、睡眠薬トリアゾラムを1錠飲んだら
たちまち、夢路の急行に乗れました。

スッキリ目覚めたら、
えっ
10時を回っています。

あいにくゴミの日です。
調理ヘルパーさんが11時半に来ます。

取り敢えず、テルテルが優先!
テルテル外に出し、用を足したら朝ごはん、
仏さんにお茶とお水を供え、ゴミを出して
自分の朝食はインスタントラーメンです。

食べかけたところに、ヘルパーさんが到着。
何時もは、助手を務めるのですが、勘弁してもらいました。

自分の生活リズムは大狂いしましたが、
テルテルは被害なさそうです。

Image

夕方、長女の車でワクチンを受けに行っても
病院ではしゃいでいましたから・・・

今夜で生活リズムを戻します。
おやすみなさい。 m(_ _)m

2014年11月 6日 (木)

狭い世界

薬が切れたので、何時もの医院へ行きました。
帰りは、チョッと斜めに進んで三角形を描いて歩きました。
スーパーへ寄ったのです。
明日作って貰うハンバーグの材料とテルテルのリンゴを買いました。

それで、息が切れます。

車を手放し、自転車にも乗らなくなって
自分の意思で外出できるのは、家から片道徒歩5分程度と限られてしまいました。

憲法で保証されている自由は、行使する能力がないとダメよダメダメ!です〜
ダンボ、住む世界が狭くなりました。

狭い世界で、広く生きる方法を
探るのは
面白い課題です。

2014年11月 5日 (水)

話術

デイサービスには、共通の行事があります。

「童謡や懐メロの合唱」「筋力アップ(維持)の体操」

これをリードする看護師さんはおしなべて、前置きのトークが巧みです。

歳時記が喋っているように思うことがあったり、

張り巡らしたアンテナに引っかかったレアなテーマだったり・・・

タメ口ではないが、老人の自尊心を傷つけないギリギリの口調で引き付けます。

しかし、

面白おかしい話を聞いても、無表情な人がおられるのが介護施設の宿命です。

老いや病をかかえた、いってみれば障害者ですから、

腹の底からカラカラ笑えない、偏屈老人は素直になれない。

自分にも、それに通じる自意識が、ないとはいえません。

昨日、

合唱の指導は、最年長?と思われるHさんでした。

彼女、話題は貧弱です話術も上手とは言えません。

間が伸びているかと思えば、独白みたいな部分がある、

「手話入れて歌いましょか」と、呼びかけるHさんの手話があやふやです。

でも、その天然さが、絶妙の話術になっていました。

笑いました。

ダンボ、腹の底から笑いながら、周りを見たら笑顔が一杯でした。

安心感があるのでしょうね?

お昼にHさんとお話ししました。

「私、ドジでよく怒られるんですよ」

「いやいや、Hさんの味はそのままで・・・」

チーフのTさんにも言いました。

「Hさんて、貴重な存在ですね」

「そ~なんですよ、誰も真似できませんから・・・」

だんぼ、いつの間にかデイサービス評論家になっています。

2014年11月 4日 (火)

時間が・・・

火曜日の晩は、
目と情報を処理する脳が三組欲しいのです。
だから、
格好のブログネタを
2週間ぶりに顔出ししたデイサービスで仕入れたのにUPする時間が足りません。
明日、ゆっくり致します。

さて、
三つの頭が欲しい訳は、
午後10時から放映されるTVドラマを見たいという
バッカみたいな理由です。

と、生きている証拠を
寝床から投稿しております。

ダンボのはまっているドラマとは?
捨てがたいドラマとは?

皆様には関係ございません。

2014年11月 3日 (月)

秋の絨毯

今月のパグカレンダー

015


 メタポ気味の

 ブラック君が

 落ち葉の上で

 ポーズとってます。


 テルテルだったら・・・もっと・・・

 ダンボ変なところで負けず嫌いです。

寒くなったけど

昨日とうって変わって上天気!

001


ロケ地探しに出発

006


何時もの舞台にやってきました。

007


モデル登場

010


1枚1枚に微妙な色の変化がある落ち葉

レッド・ミックス・カーペット

あまりの美しさに

テルテルの引き立て役にしては勿体なくなりました。

013

結局テルテルは添え物に・・・

いえいえそれはダンボの謙譲です。

2014年11月 2日 (日)

国債

先日タクシーに乗って聞きました。

「どうです?景気は?」

タクシーの運転手さんは景気の動向に敏感です。

「そ~ですね~、いっとき上向いたかな~と思ったけど・・良くないですね~」

ダンボのような年金生活者は、ジリジリ支給額は下がるし、物価は上がり支出は増える、

ハッキリ言って景気悪いです。



昨日の朝刊トップは

「日銀が追加緩和・長期国債買い入れ年30兆円増」でした。

ダンボは経済音痴ですが、これで国の借金がドッと増えるのは分かります。

世の中に「日本銀行券」がダブついたら一体誰が得し幸せになるです?

株が上がったり、円安が進んで、日本のモノが売りやすくなる。

ぐらい分かっても、それで大儲けする業界のおこぼれで、庶民に豊かさが回ってくるのは何時のことですか?

ダンボそれまで生きているとは思いません。

ダンボの財政を仕切っている長女に聞きました。

「Y子、家に『国債』あるか?」

「あるで、少しは」

「全部処分して」

「復興国債どうする?復興に使われているか分からんけど」

「ああ、あったな~、もうチョットおいとこか」

ささいな国債でも、日銀さんにお任せしたくなりました。

ダンボ、人並みに愛国心は持っていますが

政府や日銀さんは愛していませんので。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ