« お散歩 | トップページ | cool japan »

2014年9月30日 (火)

天災

御嶽山の噴火で、
難にあった方が何人なのか分かりません。
一瞬で地獄の門に引き込まれた方々がお気の毒でなりません。

思えば、麗しの日本は天災多発国なのですね。
「地震、雷、火事、親父」などと
恐ろしいモノ順を並べた昔の人は一体何を考えていたのでしょう?
「地震、台風、洪水、噴火」海沿いは「津波」と、
人間を無力化し命も暮しも奪う自然現象が繰り返されているのに?
滅多に死人の出ない落雷や人災である火災と親父のカンシャクをリストアップするとは!
ただの語呂合わせだったのでしょうか?

カミサンと九州をドライブして「阿蘇」「桜島」を訪れました。
阿蘇山は、入山規制中でロープウェイが動かず、道に積もった火山灰に足型をつけ我慢しました。
桜島は噴煙をあげている山麓で熔岩に埋まった鳥居を見てゾッとしました。

活火山の近くで暮らす人たちは慣れいるでしょうが、
ダンボにとっては非日常の世界で不気味でした。

余命は少なくて長さにこだわりませんが
怖いものは怖い
天災で死にたくありません。


« お散歩 | トップページ | cool japan »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お散歩 | トップページ | cool japan »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ