« 野良犬散歩 | トップページ | 震災シンドローム »

2014年3月 8日 (土)

13.5万人

NHK「避難者13万人の選択」を見ました。

3年もたっているのに、

故郷を奪われ、家庭を破壊され、団欒を引き裂かれた「原発難民」

13万5000人も(我が町の人口×2です)居られる現実を見せられてしまいました。


3月6日付け朝日新聞のオピニオンで

福島市に住む高校教師 和合 亮一さんが書いた

・・・秋にいっぱい並んでいる柿の木に、色鮮やかな実がなっても、放射能を吸うというので収穫しない。たくさんの黒ずんだ実が、ぶら下ったまま。それを見て、寒気を感じていたが、1年・2年とたつと、馴れてくる。当たり前と
見てしまう風化した自分・・・」(要約)

を思い出し、ありがたい番組だと思いました。


何をどう工夫しても、

被災者の方々にまともに寄り添えるとは思えません。

2月の末に視た、山田太一ドラマスペシャル『時は立ち止まらない』で、変に納得しました。

でも、3・11が近づくにつれ、

もともと故障している胸が痛くなります。

忘れないために、今年も自分のできることをします。


http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-c949.html

« 野良犬散歩 | トップページ | 震災シンドローム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 野良犬散歩 | トップページ | 震災シンドローム »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ