« 道はあるもの | トップページ | 多過ぎて »

2014年1月25日 (土)

魔の曜日

ダンボにとって木曜日は鬼門だ

身体に悪いと分かっていてTVから解放されるのが0時になる。

前座にあるのが「緊急取調室」

これは、和製TVドラマで今シーズンのトップにあげる。

「取り調べの可視化」が社会問題になる中

被疑者の取り調べに当たる主人公(天海祐希)が

裏の裏の裏まで喋らせ、真実をつかむ。

キャストも皆ベテラン、言葉のキャッチボールは「井上由美子」脚本だけに巧みなものだ。

しかし、真打が11時15分から現れる

ワンス・アポン・ア・タイム

http://www9.nhk.or.jp/kaigai/once/

これは、説明不可能!

芯を流れるのは「白雪姫」だが

過去と現在を行き来しながら、いくつもの支流に別れ又戻っていく

単発で見ても理解できない!

タイムスリップものは幾つも視たが、こんな複雑なのは初めてだ。

昨日視たのは「白雪姫」を、何故継母の女王が殺すほど憎むか?

自分が世界で一番美しくないから・・・?ではない!

だった。

これは、ハマってしまった。

« 道はあるもの | トップページ | 多過ぎて »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 道はあるもの | トップページ | 多過ぎて »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ