« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

遊んでる?

二女に映してもらって、テルテルのテクニックを披露するが、

本当にテルテルが遊んでるのは、

ダンボにライオンを渡さなかった時だと思う。

埋め込みに失敗し、関連動画が出てきます。適当に終了してください!

2014年1月29日 (水)

アベノミツクス

凄いと思う。

やりたい放題、向うところ敵なし

国会答弁は余裕しゃくしゃく、「責任野党」とは話しあって・・・

言うこときかん野党は無責任なんかい!

教育委員会制度は、国策に沿うように改革し、

教科書は変わるし教師も窮屈になるやろ。

機密保護法の情報保全諮問機関の座長は、

秘密だらけのナベツネさんでっせ!

NHKの新しい会長は、私見ですとパンドラの箱開けてしまう。

今のドラマやドギュメンタリ―など政治的中立をまあまあ守り

世情に批判的なものも出しているNHKだが

政治権力に籾モミしながらすり寄り変質の恐れ充分。

だから、

最近

ダンボ

アベノミクスをみたら

アベ ノミツクス 

「安部呑み尽す」としか読めない。

2014年1月28日 (火)

多過ぎて

書きたい事が多過ぎてもブログの更新はできない。

26日の日曜日、40数年ぶりにO小学校卒業生H君が来た。それも、お母さんを伴なってだ!

 

先週のように「セルフサービスで・・・」とはいかぬ。

 

長女に動員かけたら、H君の同級生「ぽこさん」連れてやってきた。

 

このクラス、ちょっと卒業後が変わっていた。

 

同窓会が1or2回あった記憶しかない、随分前の話。

 

そのかわり、子どもぬきで有志の母親同窓会が何回かあった。

 

H君のお母さんは鮮明に覚えている。

 

最初の家庭訪問で書斎に通され、目に飛び込んだのが「谷崎源氏」全巻だった。

 

恥ずかしながら40歳になるまでダンボ「源氏物語」を読んでいなかった。

 

厚かましく貸してもらう約束を取りつけ、2~3巻ずつ借りて読みとおした。

 

何回もH君宅を訪問したのは、純粋に本のためだけ?と問われると口がこわばる。

 

カミサマとカミサンに誓ってやましいことはないが、

美女で通っていたお母さんに、会いたかった々々々々・・・が皆無とはいえぬ。

 

H君は面影そのまま、医師になり髪の毛が薄くなっていた。

 

今は京都市中心部のマンション暮らしだが

 

老人ホームになったO小学校周辺を撮影し、ビデオで見せてくれた。

 

不思議なくらい失ったものが一部蘇る。

 

ぽこさんが加わった5人の集まりは時間の経つのが早い。

 

お母さんは(といってもダンボより年下)相変わらずほんわかと上品で相応にお美しい。

 

ぽこさんが「せんせ、やっぱりH君のお母さんキレイやな~そうやろ!?」

 

「う~~ん、全盛時代知ってるしな~」

 

ダンボの答えは正直なんかバカなんか?大馬鹿です!

 

やはり、生きていて良かった!を確認した半日。

 

まだ二つ書きたい事が残っているが・・・・・後日に。

2014年1月25日 (土)

魔の曜日

ダンボにとって木曜日は鬼門だ

身体に悪いと分かっていてTVから解放されるのが0時になる。

前座にあるのが「緊急取調室」

これは、和製TVドラマで今シーズンのトップにあげる。

「取り調べの可視化」が社会問題になる中

被疑者の取り調べに当たる主人公(天海祐希)が

裏の裏の裏まで喋らせ、真実をつかむ。

キャストも皆ベテラン、言葉のキャッチボールは「井上由美子」脚本だけに巧みなものだ。

しかし、真打が11時15分から現れる

ワンス・アポン・ア・タイム

http://www9.nhk.or.jp/kaigai/once/

これは、説明不可能!

芯を流れるのは「白雪姫」だが

過去と現在を行き来しながら、いくつもの支流に別れ又戻っていく

単発で見ても理解できない!

タイムスリップものは幾つも視たが、こんな複雑なのは初めてだ。

昨日視たのは「白雪姫」を、何故継母の女王が殺すほど憎むか?

自分が世界で一番美しくないから・・・?ではない!

だった。

これは、ハマってしまった。

2014年1月23日 (木)

道はあるもの

先日来た、チカちゃんの一言から始まった。

「センセ家事で困った時、生協で助けてもらえますよ」

生協のHPを見ると、

ありました!

「とりくみ・みんなの活動」で福祉ボランティア『くらしの助け合いの会』がある。

でも??

活動地域に我が町は入ってない!

諦めた

長女が「ダメ元で電話かけたらええやん」と動き出す

016

昨日、私鉄からバスに乗り継いで、コーディネーターのHさんが来てくれた。

長女も一緒で話が進む

交通費+活動費 介護保険の自己負担分と変わらない。

活動の細かい規定を読み合わせする。

で、どなたにヘルプをお願いしますか?と尋ねたら、

今、人手不足で・・・・

コーディネーターさんが直々援助に入ることになる。

2月から週1回2時間の手助けが決まり、

ダンボ一安心。

「身体介護は一切しません」の規定に

長女が口出した。

「父が心臓発作起こしたら、ニトロ含ませるのも駄目ですか?」

Hさん言葉に詰まる

「いやいや、緊急通報装置がつく予定です。それ押してもろたら結構ですよ」

ダンボ、そこまで責任負わせるつもりはない。

「あなたの笑顔が見たいから・困った時はお互いさま・・」

コーディネーターの名刺の裏にある文言の一部だ!

2014年1月21日 (火)

流れはじめると速い

去年、「緊急通報装置(ボタン押したら、消防署・ホームドクター・身内にSOSを発信する)の申請しましょ」と、民生委員Fさんから勧められ、立場逆転に苦笑いしながらお願いした。

装置取り付が決まり、市の高齢介護課から聞き取り調査に来たのが1月10日

アラフィフのMさん、やってくるなり回線見て

「いゃ~光ですか!NTTじゃないと・・・」と、バッグから取り出した装置をしまってしまう。

ナンジャ!と拍子抜けしたが、いろいろダンボの暮らしぶりを聞いてもらった。

「役所に帰ったら光回線でも取り付けられる装置があるそうです」

Mさんから折り返し電話があり、改めて聞取り調査を受けたのは、土日祭日があって15日。

今度は詳しく聞かれた。

「ダメもとで介護保険の申請してみよか思てます・・・・家事がだんだんシンド~なってきましてな~」

「そんなら包括支援センターに連絡しときますわ」

センターから介護支援専門員Yさんが17日に顔見せた。

Yさん福祉課に長くいて、ダンボの経歴をよく知っていた、

「前屈できるし、片足立ちできるし、つかまらず立てるし、膝は90度以上曲がるし・・介護保険に引っかからへんのは分かってるんですけど・・・」

「審査やってはりましたしね~」

「え~何で知ってるの?」

「公報には出んでも、福祉課の者は知ってますよ、お世話になったし特別扱いはできませんけど、できるだけのことはさせてもらいます」

嬉しいやおまへんか。

「介護保険使えないし、少し費用はかかりますけどサポートしてくれる所に連絡しておきます」

その日のうちに事業所RCCから電話あり、

サービス内容の説明に本日来宅。

聞くと

入会金0 年会費は月換算で¥1000

サービスは1時間当たり¥2100    (30分程度の無料も含む)

競合するボランティアもあり、共同組合もあり・・・・

これからの成長産業だ!

ダンボを廻り

支援の流れが急に速まった。

2014年1月19日 (日)

日々新しく

古希目前の教え子三人、(全員おばさん)

予告通り11時半にやってきた。

長女に所用あり、セルフサービスやで!

と、言っておいたので、

お昼もお汁もオヤツも持参。

舌の肥えたSちゃん(ダンボにかかったら、おばさんでも「ちゃん」だ)が、用意した弁当が

これ!

003

柿の葉寿司といえば、我が町の駅前に有名店がある!?

でも、そこのではない!

エッと驚く多彩なネタをのせている。

その新しさに驚くが、味オンチのダンボが違いが分かる男に変身できた。

旨い! 店の名前は「柿の葉ずし本舗たなか」(これだけヨイショしたら何か送ってきそう?)

吸い物は「ともちゃん」が白味噌仕立てで作ってきた。

オカカをのせて食べる、これも口にしたことのない家庭料理。

オヤツに出されたのが、これも「ともちゃん」手作りの干し柿

腹に入ってしまったので画は無いが、絶品の味と食感(甘味は感じるダンボ)

大きくて種がない!丸で薄皮を被せたゼリーみたい。

特別な柿を60個、

夫婦で剥きモミモミしながら仕上げたらしい。

切れ目なく多彩な話しが続く・・・・・

テルテルお悧巧にお留守番

4時、夕食の後

馴れた「ともちゃんが」散歩に連れ出し相当走らせてくれたらしい。

6時前、「今年は同窓会の年やから先生元気でいてや!」と

帰っていった。

生きていたら

日日新 又 日新 である。

2014年1月16日 (木)

克気心

克気心?・・・誤変換ではない。

ダンボの新作熟語

己に克つだけでなく、

に勝ち、病をで負かす!




昨日まで、グッタリしていた。

14日、老人会の新年会をドタキャンしたぐらい!

12日に感動し過ぎた?

初めて孫の結婚式に立ち会った。

宗教色なし、

皆の前で結婚を宣言し誓約書に署名する。立会人も署名する。

寒かったが何から何まで型破りで楽しかった。

Photo


披露宴もエライ人の祝辞が2~3分だけ、

乾杯の音頭はヒロの上司が

クリエイトな仕事を短い映像にして紹介してから・・(驚きの内容だった)

感動は最後にも残してあった。

ウエィトライス、

親への感謝の言葉の後

それぞれが出生時の体重分のお米を

人形型に包み顔写真をつけて贈る。

Photo_2

カミサンが生きていたらどんなに喜んだろう、

ダンボが生きて立ち合えて良かったと心底思ったから・・・


何かが済んだ!

気の緩みか、低空飛行が始まった。

昨日、高齢介護課から緊急通報装置取り付けの聞き取り調査あり

喋っているうちに「気」が満ちてきた~~ぁ

ダンボ一人じゃないんだ

自分でネガになってどうなる!

今朝から動き過ぎ

ぽこさんとLINEのやりとり、二女との長電話。

ネジが緩んできたところに

長女が来て夕食作り散歩の補助してくれ気合が入る。

これから

病気は気からの根を断つぞ!


これから「克気心」で

2014年1月11日 (土)

テルテル?

「人生はワンチャンス!」

の57ページ。

なぬ?テルテル?

見間違う子が・・・・

002

裏に書かれた偉人の名言に

「愛とは、互いに見つめ合うことではない。

二人が同じ方向をみつめることである」 サン=テグジュペリ

成程、

テルテルが

ダンボに尻向けて寝そべるのは愛の現れ?

2014年1月 9日 (木)

午前中様

2011年の大震災、
ダンボにPTSDが現れたのは4ヶ月後だった。
「マイスリー」と「デパス」を交互に飲み始め
今では「トリアゾラム(眠剤)0.25mg」と「デパス(安定剤)1mg」を毎晩飲まないと眠れない。

おかげで、6時間程度熟睡できる。
これは、大きい!
「眠り」が生身にとって如何に大切か実感する。

だから、ダンボ寝起きは元気だ。
テルテルの散歩で半分は使うが、
やる気は残る、

今夜、mayaさんが来る、
発奮して、野菜の煮物と炒めものを作る
味見出来ないシェフの料理。
気に入ったらご馳走する。

午後はガス欠寸前で生きている。

だから
ダンボは
午前中様である。

2014年1月 8日 (水)

慰留品と失せ物

「使う前より美しく」

学校の山の家や海の家の標語だ。

ダンボ宅は整理整頓と元から縁はなく、

使う前と変わらぬ、年末年始後の状態だった。

が?

やはり、慰留品が・・・・

玄関には見馴れぬ靴(何履いて帰ったん?)

005


洗面所には、ミステリアスなダンボと無縁の品。

004


レース付きのショーツは写真に撮れん!

比例して、紛失物も・・・・

ヒートテックの下着上下は?

風呂に湯を張ってから探して慌てたが・・・

高額のカタログギフト券は?

まさか、ゴミにまぎれて煙になっていない?

と、いう次第。

それだけ、賑やかだった証拠かな?

2014年1月 6日 (月)

➖10人力

振り返ると、
年末から
昨日まで
ダンボ、包丁握ったことないし
食後の片付けしてないし
洗濯機回してないし
掃除機かけたことないし
屠蘇器やお椀や重箱の出し入れもしてない。
薬は食後、水を入れたコップと一緒に目の前に出てきた。
テルテルの散歩を、孫に助けられてしたくらいで、
10人力の支援で、楽隠居させてもらっていた。

昨日から、単独飛行だが、
ぽんこつエンジンが悲鳴をあげる。
➖10人力は堪える。
しかし、今までしてきた事
何れ慣れる。

今は、長女が来てくれ、
ブログUPできた。

まあ、後遺症和らぐまでは
お休みしますか!
心配無用!(誰がする思てるねん)

2014年1月 4日 (土)

ホームカラオケ大会

本日朝まで、11人が食卓を囲んだ。

例年なら3日までで潮が引くのに・・・・

家に犬と猫のいる長女の夫が抜けただけで

合宿生活みたいだった。

当然夜は、遊ぶ。

トランプ組と花札組に別れたりしたので、

3日の晩は

ダンボがスポンサーとなり

「カラオケ大会」にした。

賞金は1~3等とbooby賞。

採点は、課題曲「翼が欲しい」ワンコーラスと、選択曲フルコーラスの合計点。

当然のように三女には-5のハンディがつく。

これで食事も遊びも皆同じ方を向いて楽しめた。

始まると

最初から諦めている者あれば、

闘志むき出しで勝ちにかかる者あり・・・

三女は黙って人が歌うのを無視し神経を集中する、

課題曲の結果

Photo


じぇじぇ!かつてない高得点。

自由曲は低い得点者から・・・・

オオトリ、三女。

不思議に高得点者ほど

課題曲より点数が伸びない、

「優勝」には90点以上のプレッシャーがあっても

二女がリクエストした曲で・・・・

Photo_2

狂喜する三女。

ため息と恨み節がもれる周辺。

三姉妹がメダルを独占。boobyは孫のYU。


波乱の三が日が終わっても、余韻は今夜まで残っていた。

要支援2同様、皆に助けられたダンボ。

物心ともに、復旧に時間がかかりそうだ。

兎も角、

2014年は幸せなスタートがきれた。

2014年1月 3日 (金)

年賀状考

「届いたらお返しする」年賀形式にしたら。

やはり、元日早々忙しい、

宛名は、PCのデータをプリントアウトしても、

コメント入れるのに、太い包帯が邪魔。



つらつら 眺めると、

ダンボも大きなこと言えないが・・・・

年賀状に、温度差をドエラク感じる。

暖かいのから、だだの儀礼でひんやりするものまで!

裏面が業者の印刷、それも既製品。宛名はプリントアウトしたもの。

素っ気ない!嬉しくない!

「暮らしのスリム化のため(迎えられるかどうか?)来年から

年賀のご挨拶を失礼します。」

と、書いて返す。

ただ、精魂込めた手作りなら、下手な字でコメント入るよりええかもね。

そんなのにはコメント入れて返す。

でも、手書きコメントとは言っても色々、

「ご無沙汰しています」「お元気ですか」だけ?

チョットもの足りんのと違う?

まあ、どうでもええこと

024

来年?からは、楽になるでしょう。

なあ、テルテル。

2014年1月 1日 (水)

明けまして・・・

おめでとうございます。

リクエストありましたので・・・・

028


午年に

ここまで

親バカを

発揮して

いる。

心臓が止まるか?

血管が破裂するか?

ダンボのピンチでも

例年通り、いや例年以上?賑やかな元日。

001 009 014

お年玉代わりのフレンチお節の他

随分揃っていた。

017

カミサンゆずりの雑煮

テルテルも形だけ

022


夜はもっと混雑。12人+1になる。

肉や野菜もダンボへのお年玉。

025


テルテル糖尿病が心配

ダンボは、何とかブログUP出来た。






« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ