« 安堵した終わり | トップページ | モデル »

2013年12月13日 (金)

若い者

「手と足ともいだ丸太にしてかへし」川柳やで』

訪ねて来たmayaさんに読んで聞かせてもキョトンとしている

『ほらあれや・・戦場で手足を奪われて・・・あのアメリカ映画でもあったやろ』

頭のいいmayaさん、直ぐ気付いた

『ああ、「ジョニーは戦場へ行った』ですね』

※ドルトン・トランボが1939年著作、戦争の度に発禁となる。マッカーシーの赤狩りでハリウッドを追われるが、1971年自身で映画化する。 「ローマの休日」の陰の脚本家

『そうや!でも、これ日本の川柳作家のやで』

田口麦彦氏の解説「現代川柳のこころ」で知った、鶴彬(つるあきら)の作

「・・・鶴彬は日中戦争中の1937年思想犯として特高警察に逮捕され、拷問をくり返されたが節を曲げず、38年9月に獄死した。29歳の短い生涯であった。(Wikipediaによると警察から病院に運ばれ赤痢で死亡となっているが・・?)

屍のゐないニユース映画で勇ましい

をんどりみんな骨壷となり無精卵ばかり生むめんどり

こんな作品を世に出す勇気を持つ若者がこの世に存在したことを、記憶しておいてほしい。・・・」 (日経夕刊より)

今の若者は!と

言うなかれ、

ダンボにもそんな勇気はない。

おやじギャグみたいな川柳作れない。

それより、こんな若者を新聞で見付けて救われた。

002

mayaさん、ジックリ読んで

「天性のものやろな~」と、漏らしていた。

◎忘れてましたダンボ正真正銘85歳四捨五入で90になりました。

« 安堵した終わり | トップページ | モデル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

せんせ、お誕生日おめでとう
四捨五入するなら、十の位でしよ! そしたら、せんせも私も「100」や

すごい若い子、いるんやな~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安堵した終わり | トップページ | モデル »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ