« ほうれい線 | トップページ | 闇の国家と裸の国民 »

2013年11月26日 (火)

欲の報酬

オヤジから「卑しい人間になるな!」と、厳しくいわれて育った。

食や金や物(欲しがらなかったらやってきた)地位・名誉について、守ってきたつもりだ。

卑しいとは、要するに「下品に欲張りで利己に走ること」だろう。

偉そうに言ってもダンボの弱点は「視る」欲の深さ!

覗き見のたぐいではおまへんで~。


2泊3日で¥1,00のレンタルビデオを

長女が借りてきて「視たら」という。

シンドイし、体調考えたら控えるのが当然なのに、

2本立てつづけに視る。

「舟を編む」

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BD%AE%A4%F2%CA%D4%A4%E0&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

日本アカデミー賞をとる価値あり、秀作だった

原作を越えると感じた数少ない映画の一つだ。

止めとけばいいのに

「ひまわりと子犬と7日間」

http://www.youtube.com/watch?v=Hzjw7MAviCs

捨て犬が主人公、ズルズル視てしまう。

目が疲れた、

身体まで疲れた

胸に風穴があいたよう、耳鳴りが止まらない

食欲マイナス3 

テレビ断ち、PC断ち、モバイル断ち、ブログ断ち!

今朝から、まあ40%回復。

年考えて欲張ることだ

欲の報酬が、命と引き換えでは困る。

« ほうれい線 | トップページ | 闇の国家と裸の国民 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ほうれい線 | トップページ | 闇の国家と裸の国民 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ