« 味の記憶 | トップページ | 欲と道連れ »

2013年11月 7日 (木)

続・味の記憶

不思議なことに、美味しかった魚(刺身)の記憶は

料亭やレストランのものでない。

多分、料理の中に入っているので、他の味に惑わされ「旨かった」の記憶が薄いのだろう。

反対に、牛肉は、名の通った産地で名の通った店で食べたのが強烈に残っている。

まあ、一生に一度ぐらいと、ダンボも贅沢な肉を口にした。

神戸ビーフ・近江牛・伊賀牛など・・・

しかし、ダントツは「松阪牛」

「和田金」で食べた肉だった。

ネットで調べたら「和田金」は手広く商売をしていないようだ。

食べたい人はどうぞ!と、客に地方都市の松阪へ足を運ばせる。

大名商売といえるが、それでも予約した方が安心とは呆れる。

カミサンと松阪へ行ったのは偶然だった。(抽選で近鉄5日間乗り放題に当たった)

ここまで来たら、一回行ってみようか、

ダメ元で店先に立ったら

「どうぞ」と、赤じゅうたんの廊下を通り、宴会できそうな広間に案内された。

相客なし!

朱塗りの台に銅のおとし、菊炭が赤々と燃える所で

仲居さん一人が最初から最後まで付きっきりで世話してくれる。

カミサンは「すき焼き」ダンボは「あみ焼き」を注文した。

ダンボ、塩をふって軽く焼いた肉を口に入れた途端

「生で食べたい」と口走ってしまった。

牧草の香りがした記憶がある。

大袈裟にいえば、牛肉の概念をくつがえした。

家族に食べさせたく、1階の精肉店で手土産を仲居さんに頼むと。

 

「お高いお肉でなくても、美味しさに差がありませんよ、ここでお出しするのは店に出さない特別なものですから・・・」と、教えてくれた。

 

肉の代金より、保冷剤やスチロールの包装代の方が高かったような覚えがある。

 

 

一人前が、諭吉でお釣りの出るくらい昔の話。

 

でも、それを越える牛肉に出会うことはなかった。

« 味の記憶 | トップページ | 欲と道連れ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 味の記憶 | トップページ | 欲と道連れ »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ