« やっぱりか! | トップページ | 7年たった »

2013年10月31日 (木)

非常識の勝ち

日本シリーズのおかげで、
ダンボの予定が狂う。

流石、ナンバーワンを争うチームだけに、選手も監督も一流だと思う。

勝敗は 、監督が選手を信じる目の確かさで決まった。


星野監督は、第1戦で巨人の村田にホームランを打たれ
敗戦投手になった則本をリリーフに出した。
則本はまたしても、村田にホームランを打たれ、
9回にはタイムリーで同点とされたのに、
リードした延長10回も則本を使った。
これは、明らかに非常識だ。

一方、原監督は、定石通り山口から西村へとクローザーをつなぐ。
10回表の西村は、日頃の球威もコントロールもなし。
誰が見てもヘロヘロなのに、原監督は常識の枠から出ない。

両監督共、選手を信じての起用だが、
選手の性格やコンデションをみて信じなければ意味がない。

結果は2対4
一枚上の
非常識監督の勝ち!

« やっぱりか! | トップページ | 7年たった »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱりか! | トップページ | 7年たった »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ