« 後遺症その2 | トップページ | 多いことはいいことだ »

2013年10月 3日 (木)

後遺症その3

10月1と2の日は、人の出入りが多くへばってしまった。

善意のお客や身内、有難く果報者だと思う一方

ダンボはマイペースになりきれず、ダメージを回避できない。

(除く、テルテルの散歩をお付き合い下さったVのIさん)

という訳で昨日はお休み、今日は「後遺症」の最終回。

「『教科書に嘘書いてる』と先生がいい出して日の出の観測始まったんやろ?」

I君の言葉で、暫し話の中心が移った。

教科書かどうかは忘れたけど、当時の受験参考書「自由自在」の間違いはダンボはっきり覚えている。

日の出・日の入りの方位は、真東から出て真西に入るのは春分と秋分の日、夏至は最も北より冬至は最も南よりになる。

間違いなかったが、月毎の日の出日の入りの位置を等分して図にしていた。

絶対おかしいと思わんか? 冬至や夏至をはさんで日照時間はゆっくりしか変わらない!即ち、振り子の動きと似ている、皆が体感している筈だ!

じゃ、日の出の場所だけでも観測しようか!

勿論、クラス全員は参加できない、厳しい躾をされている家庭の子、早朝は家族が忙しくその一翼を担っている子。

一部でも体感して共有すれば良い!ダンボの信念はゆるがなかった?

その都度点呼していないが、クラスの2/3は屋上に集まったと思う。

校門を乗り越え、宿直室の窓ガラスを叩く子にダンボが起こされたこともあった。

「先生、用務員さんの部屋でラーメン食べたな」

I君食べ物のことをよく覚えていた。

冬至近い季節は日の出が遅く、朝飯を食べに帰る時間がない。

用務員さんに頼みこみ大釜で湯を沸かしてもらい、買ってきた(ダンボの小遣いから)インスタントラーメンを居残り組と一緒に食べた。

I君の話では、ゆとりのあった季節でもKちゃん所で朝飯ご馳走になったとか・・・

Kちゃん、ニコニコしながらうなずいていた。

どうして、こんな無謀なことができたのだろう?

今なら、減俸まではいかなくても、懲戒処分を受けたと思う。

この組の前はyoukoさん達を担任している、

その時も無茶したが、こんなにラジカルではなかった。

8年間慣れ親しんだK小学校の教育をリセットしている最中で、放電するゆとりが無かったともいえるかな?

« 後遺症その2 | トップページ | 多いことはいいことだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 後遺症その2 | トップページ | 多いことはいいことだ »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ