« 外側から | トップページ | 娘の応募 »

2013年9月22日 (日)

時代劇ではなかった!

日曜日の午後9時を待ちわびる楽しみが終わる。

ダンボ「半沢直樹」初回から注目した。

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/4-3904.html

あれよあれよという間に、視聴率がうなぎ登り。前回は35.9%

今夜の最終回を楽しみにしていた人は40%を越えたのではないだろうか?

結末は

意外といえば意外。 当然といえば当然。

時代劇ではないのだから、

悪がバッサリ切り捨てられることはない。

悪にその上があると怒れない現代なんだろう。

企業コンプライアンスより、組織を守り経営するのが優先される。

管理職なら、「半沢直樹」を部下にする恐怖が分からんでもない。

真似する平社員に困っている会社があるらしい?

フィクションとして気楽に楽しめた。

005


お気に入りのライオンの尻尾を押さえポーズするテルテル。

 

テルテルの他に、

 

独り暮らしを忘れさせるドラマが終わって残念だ。

« 外側から | トップページ | 娘の応募 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 外側から | トップページ | 娘の応募 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ