« 波乱の日々 | トップページ | 外側から »

2013年9月20日 (金)

月の光

昨夜、義妹の通夜を終えて

ダンボの家に集まった一族。

誰かが「今夜、中秋の名月やで」と口にした。

ぞろぞろ皆で外に出る。 テルテルはおねんね

眩しいほどの月の光。

001

名月の夜と、お通夜が重なったとは・・・

式の終わりに坊さんが

「亡くなったN子さんは、今まだこの世で修行中です、49日が過ぎるまで淋しい思いをしておられます、どうか、仏様になれるよう皆さんが忘れず祀ってあげてください。」

と、説教し締めくくった。

005
 

                          ※二女のレンズを借りて写す

でも、月を見ているうちに

義妹Nちゃんの魂は、月光に導かれ

天にすくい取られていく気分になった。

「死んで、そんなに苦労することないわな~」

仏の慈悲もハードルをもうけたりしないでしょ!

« 波乱の日々 | トップページ | 外側から »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご愁傷さまです。
本当に美しい月でした。
旅立ちにふさわしい日を選ばれたみたいですね。

ダンボさんも器をだんだん小さくされているのですね。
小さくなったお茶碗でも、ご馳走はてんこ盛りに盛れます。
足元に目を落として花に気付くこともあります。

もっとも心安らげる「自分の中」での時間を、これからは大切になさって下さい。

おたまさん。
ありがとう、心に沁みるコメントを!
どんな、悲しく苦しいことがあっても、生きていかなければならないと
改めて感じます。
まあ、好かれている人の数の2倍は、嫌われている可能性もあるダンボ
まだまだ世にはばかります。

追伸
何があっても起こっても、おたまさんの新ブログは読んでます、ポッチもしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 波乱の日々 | トップページ | 外側から »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ