« 挑戦→挫折 | トップページ | 暑気毒気 »

2013年7月26日 (金)

立ち話

天声人語に「電話も含め2週間に1回以下しか話をしない人が2%、高齢独居男性に限ると17%」とあって信じられない。

社会保障・人口問題研究所の分類で65歳以上独居のダンボは、喋り過ぎで、

あの世からカミサンが「お喋りの男は貫録ない!」とささやく声が何時も聞こえるほどだ。

でも、分類が間違っている。ダンボは独居じゃない。

何時も4女を褒めたり・・怒ったり・・言い聞かせたり・・

テルテルは身体で返事し会話が成立。

その上

テルテル効果で会話が増える。

夕方、散歩の途中、道端に軽ワゴン車が止めてあった

スタスタとテルテルが近づく。

後ろのハッチを開け、座ってタバコを吹かしていた塗装屋さん。

チョットばかり強面で日焼けしてる。

ペンキだらけの作業着、股の間にテルテル接近。

タバコを慌ててもみ消した塗装屋さん、満面の笑みを浮かべ

テルテルを抱いて撫でる撫でる。

そこから立ち話が始まった。

とはいっても相手はテルテルを股に入れて顔近付け座ったままだったが・・・

Photo Photo_2


※今日27日、通りかかったら丁度休憩時間だったので、写真を撮らせてもらった。今日は身綺麗にしておられた、パグを夏に外で飼った様子を聞かせてもらった。

「家にもパグが2匹いましたんや、男と女で・・・初めは中で飼ってましたけど、女の子が10kg男が12kgにもなりましてな~それに母親がアレルギーで外に出しましたけど夏なんか可哀相でしたわ」と、かいつまんだらこんな話をしてくれた。

ダンボがあいのてを入れたのはいうまでもない。

「幾つまで生きてはりました?」

「12年でしたな~」

しめしめ、テルテルに送ってもらえるのは確実じゃ。

別れ際、

「久しぶりに、パグのエエ匂い嗅がしてもらいました」

塗装屋さんの言葉は、

ダンボ耳に少し痛かった。

先を歩くテルテル

「喜んでもらえてよかったな~」

と、褒めたら

丸見えのお尻の穴が若干大きくなった。

« 挑戦→挫折 | トップページ | 暑気毒気 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 挑戦→挫折 | トップページ | 暑気毒気 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ