« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月30日 (木)

ドヤ顔

2 Photo

1

Photo_2

先週土曜

ダンボに休養が必要と

テルテルを長女が一人で車に乗せ

湖北のドッグランに連れて行ってくれた。

現地で落ち合った二女夫婦とRYO、1匹に人間4人が付き添う。

ランでは

並み居るトイプ―ちゃんを尻目に、

すいすいと障害物をクリアして喝采をはくしたとか?!

写真に無いが、ビニルトンネルもRYOの先導でくぐったらしい・・・・

Photo_3

往復はタクシーの客さながら後部座席を独占し、くつろいでいたという。

結局、休養にならず家で留守番してたのが悔やまれる。

でも、

テルテルの「犬離れしたドヤ顔」を写真で見られて幸せ!

2013年5月29日 (水)

迷った時のカレー頼み

先週末は長女と孫二人の出入りがあって食の苦労はなかった。

それからは、手抜き続き・・・

今朝も、残っていたセサミパンと切り餅、バナナヨーグルト、インスタント卵スープetc

訳分からんあり合わせで空腹をしのぐ。

流石にみじめ!

何か?簡単でも「作った感」がするものを!

困って迷った時の神(カレー)頼み。

でも、ダンボカレーに五月蝿くこだわりが・・・・

みじん切りのタマネギを飴色になるまで根気よく炒める。

これでは手抜きにならぬ。

ところが、ところが!

006

最近は便利なものが出回っている。「タイカレーの素」

これ一箱で2人前。

用意するのは鶏肉か魚介類と野菜

本日はシーフードにした。冷凍の「むきエビとやりいか」をレンジで解凍

野菜は「かぼちゃ」「なす」「しいたけ」「カラーピーマン」「赤たまねぎ」「ブロッコリーの茎」など刻むだけ。

下ごしらえ含め、箱のレシピ通りで30分以内に完成。

003


ご飯は十穀米にした。

味は?

ダンボ急性味おんちだけど、合格点はつけられる。  はず

うまかったもん!

2013年5月28日 (火)

心臓Ⅱ

4月29日の「心臓」の記事の後、

5月10日、カテーテル検査の必要をN医師から長女と二人で拝聴する。

モヤモヤが晴れない。

CTで心臓冠動脈の一部が詰まっているのはハッキリした。

そこから先の血管が薄くしか写らず血流が少ないのもハッキリしている。

ことさらカテーテル検査するメリットはどれほどのものか?

長女もハッキリした返事ができない。

とうとう、

N医師、「ホームドクターのO先生へデータと診断結果を送っておきますので相談してみては?」と、提案された。

親切な先生で、良心的だと思う。

しかし、

話がややこしくなった。

常備薬が減ったので18日にO医院に行き、検査のご意見伺ったら

「私のみたところでは、カテーテル検査は無駄に思う。梗塞の先の血流は周りから迂回してきたようでカテーテルいれて治療できないと思うし、バイパスの手術の方向で・・・・セカンドオピニオン受けるなら紹介状書きますよ。」

ダンボは手術したくないが初体験はしてもいい。と、好奇心はある。

でも、そこまで医療費使って何年命が延びるのだろう?

結局、検査も・セカンドオピニオンも・先送り。どっかの国の政治とよく似てる。

「突然死の可能性ありますか?それだけはやめてと言われてますので・・・」

ダンボの問に

O先生

「それは、神のみぞ知るですわ」 正直な答えである。

2013年5月27日 (月)

ステテコ事情

昭和人間のダンボ

ステテコといえば「白」だろう!と思いこんでいた。

それも、ゴム紐が緩んでも取り替えがきく、クレープ生地でゆったり目のズボン下。

正真正銘下着の筈だが・・・・・

夏の縁台では、上は裸かランニング、下はステテコ姿のおっちゃんが団扇片手に涼んでいた。

そのおっちゃんは決まってラクダの腹巻きと鉢巻がセットになっていた。

ダンボの場合

定年後、スーツ姿はまれになり、コットンパンツの下にステテコは不要で消えていく。

ところが、去年針灸治療を受けるのにトランクスでは流石に恥ずかしく

長女に頼んで買ってもらった。

それが! これ!

003

昭和のステテコに押さえこまれているようだが

存在感は強烈。

「ステテコ一丁」で堂々と治療が受けられた。

味しめて、今年もステテコ補給を頼んだ!

目をむくようなステテコに進化してるじゃないか!

「これでも地味なん選んできたんやけど・・・・」

001_2


真ん中の昭和のピエールカルダンは圧倒され、別の生き方を模索中。

「これ穿いてテルテルの散歩ぐらいやったら行けるで」

勧められるが

ダンボに、いにしえのおっちゃんの勇気はない。

2013年5月26日 (日)

大丈夫

ブログ抜けてますが、
大丈夫!
チャンと生きてます。
記事も写真も用意してるが
uPする何かがない。
気力?
NO!
体力?
NO!
集中力?
NO!
筆力?
そんなもん初めからない!
時間?

ウ~~ン
横になって阪神対日ハム戦見て合間にダービー見てるんやから
無いとは言えんが?

ともかく
大丈夫!
生きてますから、
明日‼

2013年5月24日 (金)

何兎も追って・・・

廊下にあったマッサージ機を、2女の婿殿A君に頼んでテルテルの部屋へ運んでもらった。

狙いはいくつもある。

1)冷房する部屋が一ヶ所ですむ。

2)マッサージしながらテレビが見られる。

3)テルテルとふれ合う時間がふえる。

4)居留守が使いやすい。(門から離れている)

003


メリットはそれだけではないだろう?!

今日

胸ふくらませ、

テレビをつけてマッサージを始めた。

アッという間にテルテルが

ダンボに馬乗り?犬乗りになり、

顔をペロペロ

「テルテルはあっち!」と座椅子を指差しても無視。

両前足でしっかりダンボの両肩を押さえつけ念入りに舐め続ける

音だけのテレビは我慢できたが

力加減できないマッサージ機の揉み玉が

テルテルの体重が加わったダンボの背中に食い込んで

マッサージが裏目に出た。

凝りが痛みになってしまった。

2013年5月23日 (木)

「えっ?」問題

先月、私がボランティアで読む予定だった「阿川佐和子」のエッセー「阿川佐和子の空耳あわわ」。

体調不良でドタキャンし、選んでいた原稿をMさんに代読してもらった。

当然のように今月分はダンボに割り当てられていた。

朗読ボランティアを20年以上続け、専門家の指導を受けたといっても

ダンボの朗読は自分で聞くに耐えないほど下手である。

ど素人のうえ、声のトーンが高く重々しさがない。

生まれ故郷の紀州弁、育った京都弁、指導された標準語 

混じり合って、どこの生まれか不明の話し言葉になっている。

その私が、残っていたエッセーの中から、最も読み方の難しいのを選んでしまった。

というより、しか残っていなかった・・・・それが表題の『「えっ?」問題』

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あらすじはこうだ。

阿川さんがパーティで若い女性から声をかけられ、聴こえなかったので「えっ?」と聞き返したら女性がパニクッてしまう。

後で女性が阿川さんのフアンと分かり和やかに別れるが・・・

脇にいた紳士に「若い子をビビらせて可哀相」と指摘される。

かつて、俳優の「西村雅彦」さんにインタービューした時、

「えっ?」と聞き返したら「僕、人に『えっ?』と言われると傷つくんです」

※そこから西村・阿川の対談実録になる

(西)昔「えっ?」と言う友達がいて、何で{えっ?」って聞けるのだろうと思った。

(阿)スミマセン

(西)いや、自分も何時か人に「えっ?」と聞き返せる人間になってやろうと思った。

(阿)子どもの頃に?

(西)十代の頃かな。一時期、聞こえているのに「えっ?」を連発。セリフに「えっ?」があったら強調したり、小さい頃の傷が癒えないので仕返ししているところ(笑)

確かに「えっ?」は相手を叱咤する響きがあり、力関係で断然偉そうで居丈高。

でも、本人は自覚がなく単純に聞こえなかっただけ。急いで聞き返し会話のリズムを考え簡潔に「えっ?」と問い直す。

それを平気な人もいれば傷つく繊細な人もいるから気をつけなければ・・・・

でも、昨今ますます耳が遠くなり、ついでに理解力が低下し、記憶力も反省力も落ちていて難しい。

「えっ?」でダメなら「はい?」でどう?「なに?」は感じ悪いし「なんですか?」というのも、バカにした響きがある。

この際、聞こえなかったらそのままニッコリ頬笑んで、静かにしているのが一番かも。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな文章を読んで正しく聞き手に伝えるのは如何に難しいか!尋ねる「えっ」が難しい。

?がついてなかったら「え~~っ」は呆れ感嘆詞になるし「えっ」ならば戸惑う。

私の場合「ゴメン耳遠なってるし・・・」と聞き返す場合が多いが、阿川さんの結論みたいに「そのままニッコリ」が最近凄く多くなっている。

※昨日、二女が来てくれ、テルテルに吐くほどオヤツをやって面倒みてくれたので憂いなく、失敗重ねながら録音してきた。

2013年5月22日 (水)

サツキとシラン

家にあるヒラドツツジとキリシマツツジは

今年は1輪も花をつけなかった。

そのかわり、シランが去年と変わらぬ姿に

007

日陰のサツキも

沢山のつぼみが、次々花びらを広げはじめた。

013

花だけ撮ればいいモノを、

テルテルの引き立て役にしたいのがダンボの性

迷惑顔のテルテル

002

         シラン
シランなんか「知らんがな!」

 

003 004 005

呪いの言葉が聴こえそうだが・・・・

犬用ビスケットで厄払いできる。




2013年5月21日 (火)

☓週刊ダンボ

「継続は力」かもしれないが「継続はシンドイ」

「ブログ書いてます」と、言うと

「へ~凄い、その年で!?」

の、反応を喜ぶ浅はかさも嫌気がさした。

万事、面倒臭くなってきたというか

「オーバーロード」に近い。

朝から「生きてる?偵察」電話が入る。



5日ぶりにココログへログインした。

あ~~~

申し訳ない。

固まっているマイブログに

毎日100を越えるアクセス。

やっぱり、

記事より、生存が心配で「ダンボ独り言」を開いている方々が多いのだ!

※自分にも覚えあるからな~

分かりました。

「週刊ダンボ」を考えたが止める。

そのかわり

「今日はパジャマのパンツのゴム紐を替えた(事実)END」

みたいな他愛のないモノもお許しいただきたい。


2013年5月16日 (木)

夢の対談

市長さん、言っちゃいましたね~

一生懸命言い訳してるけど、ダンボ男でなくなっても男や、それに、純情潔白でもない。

でも、

米軍司令官、困らせたらアカンやろ

どれほど性的にルーズかはしらんけど、レディファーストの国やで。

ポン引き、やり手ババアもどきに「風俗もっと使ってくれ」はないやろ!

まるでアメリカ軍はチ○ポ○が軍服着てる集団みたいで失礼や、

弾幕や砲撃の極限の恐怖を味わったことのないもんが

生き残った者の心の傷は、セックスで消しなはれ!は単純すぎひん?

沖縄にとっても侮辱や。

慰安婦とか侵略の定義は別にして。

是非、市長さんと対談して欲しい女性がいる。

前都知事と親交のある宮台真司氏との対談で

コミュニケーションスキルを磨けない男性に対して『マスターベーションしながら死んでいただければよい』と発言し物議を醸した(Wikipediaより引用)

東大名誉教授「上野千鶴子先生」

騒動起こす発言では市長さんにひけはとらんし、著書「スカートの下の劇場」あたりからダンボはフアン(その癖著書はあまり読んでいない)

新聞の身の上相談「悩みのるつぼ」で解答されたのは切り抜いて娘に見せたりしている。

お二人の対談が夢であり、実現するまで生きながらえたいと思う。

何処かの局、この企画のってくれんかな~

2013年5月15日 (水)

応援

ブログを見て長女が朝からやって来た。

「散歩連れてくで」

有難いけど甘えてしまったら、ダンボの身体は疲れ貯め込んで固まりそう、

カメラ持参でついていく。

テルテル何時もより暴れられると期待に胸ふくらませ凛々しい表情。

002


以下・・・・・・・・・・・・テルテルの独白・・・・・・・・・・・・



でも、姉ちゃん忙しい

006 007 004 005

幸い、父ちゃんがいるから、離れた所を往復して充分遊べた

それに、お友達も

013 014ty

ぺぺちゃんはリード離してもらえず遊び足りない。

ノーリードのルルちゃんとは

017 案外淡白なお付き合いしかできなかった。

姉ちゃん応援のおかげで

朝の運動量は100%

まだまだ余力あるで。

父ちゃんに分けてやりたい。



















2013年5月14日 (火)

気と身体

昨日から「元気道場」がスタートした。
市から案内が来た時ためらった。
介護保険の非該当に
保険料を使わせまいと、市が選んだ人の中に入れた訳で!
送迎付きでプロが指導してくれる健康教室。それに、無料!


完全に鈍ってしまった身体は正直だった。
初回だから、リーダーは加減してほんの軽い運動をさせただけなのに、
ダンボの気持ちは前向き、身体は後退。
昨日今日と後遺症に苦しんでいる、
痛い膝、鉛より重い足、全身にかぶさる倦怠感。

今日の午後、マッサージ機の上で1時間爆睡してやっと立ち直りの兆し。
昨日はやばかった。
内心、何が「元気道場」や!
これやったら「減気導場」じゃ!
とボヤいていた。

リタイアしてもペナルティはない。
やれるとこまでやったろか!

2013年5月12日 (日)

洗濯日和

雨が2日続いた後。

貯まっているテルテルの洗い物を片付けたくなった。

テルテル用の洗濯機は外にある。

001

離れで義母が使っていたのを転用した。

サイズはピッタリ。

「お父さんのパンツは嫌」と、洗濯槽からつまみ出される家があるとの噂だが、

我が家はカミサンO型でそんな細い配慮はなかった・・と言うかダンボがしてたかな?

その太っ腹なダンボでも、テルテルのは別にして洗う。

とに角毛が凄い、汚れの質が違う、外の泥やオシッコ・ウンチの類いがマットについている。

002


見違えるようになり竿に並んだが、

困ったのが

006


テルテルがベッドマットにしているクッション。

これで11時間はおとなしく寝てくれる。外泊にも持参する愛用の品。

夜までに乾いてくれるかな?

心配してるのは・・・・テルテル違う、

ダンボだよ。

2013年5月11日 (土)

雨あがり

父ちゃん、朝から雨でホッとしたん違うか?

テルテル足濡らすの嫌やし、散歩とりやめは平気々々。

けど、トイレは外やないと嫌や!

玄関脇の軒下で、ヤッタった。

パンダ人形やらボールやら廊下に投げて、父ちゃんテルテルに運動さそうとするけど

自分は座椅子から腰あげんし、こっちも真面目にできるかいな!

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4時過ぎ、やっと雨止んだけど、今にも降りそうな空模様。

父ちゃんと特急でパンダ公園コースを回った。

だ~れもおらん公園、

雨で綺麗になったパンダが偉そうにしてる。

Kimg0170

フン・・・シカトしたったのに

Kimg0168_2


どこ嗅いでるんや!

Kimg0167


お前!しつこいな!

あっ そうか、さっきウンチしたばっかりやった。

テルテルが父ちゃんの思惑通り動くし

スマホ持って嬉しそうにホイホイ動いてる。

父ちゃんを散歩させてるのはテルテルなんや!

2013年5月10日 (金)

船を編む

4日のブログに夜更かしし「度を過ごした・・・・」と書いている。

昨夜も年齢を度外視し「船を編む」を読み切った。

時計の針は2時半を指していた。

「度」とは? 

自分で使っていながら深く考えていなかった。

「度外れ」と「度外視」の「度」はニュアンスは違うが同じ穴の狢?

考えつくのを羅列した。

「度」が過ぎるの「度」は「わく」とか「きまり」だろう。

温度や角度の単位の「度」がある。

年度の「度」は、回数の「度」かな?

細胞が若い時の半分程度になった脳味噌は絞っても後が続かない。

なんでこんなにコダワルのか!

「船を編む」という寝るのを忘れさせる本に出会ったからだ。

気の遠くなるような時間と労力のかかる辞書編纂の苦労話、

度外れたオタクが主人公の地味な物語。

003


にもかかわらず、「2012の本屋大賞受賞」は当然!

と、納得できる。

目からウロコが何枚も落ちた。

因みに、「度」を

広辞苑で引く(電子手帳のも)

(スマホに入っている「大辞林」は可なり簡単)

何と八通りにも意味のある「度」だった。

002


ことばに興味があり、グーグル馬鹿になりたくない人は

読んで得する本の筆頭に、ダンボは挙げる。

映画を見た長女が本を持っていったので、ダンボは映画を見に行こう。

2013年5月 9日 (木)

コンビニ

久しぶりに、市役所へプリウスを走らせた。

高齢介護課で「はり・きゅう・マッサージ施術費助成証明書」を貰うためだが、

先日申し込んだ「人間ドッグ助成」の結果も聞きたいし、

市役所内の銀行で「自動車税」も払いたい。

カウンターは混んでいた。

一つ空いた椅子に腰かけたら、間髪入れず職員が飛んでくる。

手続きの間に、隣の課へ「人間ドッグ」も話を通してくれた。

福祉窓口の膚ざわり良さが、以前と変わらずホッとした。

銀行へ行くと「自動車税は扱っておりません」の張り紙。

やれやれ (ノ∀`) アチャー

駐車しにくい銀行に寄るのは嫌だな~と家に向っている途中、道沿いにあるコンビニを思い出した。

ダンボがコンビニに入るのは家族と一緒で、単身では年に数回しかない。

でも、統計を見ると年々高齢者の利用が増え45%に迫っている。

「自動車税払えますか~?」

ボリューム満点のオバチャン「バーコードがついてたらできますよ!」

2万円渡し(プリウスは安い)ディスプレーのOKマーク(個人情報保護)に触れたら万事OK。

その間5分とかからない、銀行より簡便この上なし。

「便利なもんやな~」

「そ~ですよ、24時間してますしね。」オバチャンが自信満々で答える。

帰ってお昼を作るのが面倒なので、棚に沢山並んでいる弁当で一番高いのをはり込んだ。

「20品目入り幕の内」¥495 

「500Wで2分間温めてね」の声を背に・・・・・帰る。

002

高齢者向きやなぁー

利用者が増えるのも無理ないわ!

でも、統計では50歳以上と高齢者を括ってある。

車がなかったら利用しにくいコンビニだ。

コンビニ出前サービスも始まっているらしいが、70歳以上はバリアが高い。

その証拠に

2女が昨日「母の日」にカーネーション。

「父の日」にとプレゼント前渡ししてくれた「シルバー川柳」

004


2冊全部に目を通したが、

コンビニをテーマにした句は皆無だった。

2013年5月 8日 (水)

小さな記事の大きな驚き

夕刊で、うっかり見落としかねない小さな記事。

ホンマかいな?

002

ドイツ検察は、まだ戦争中非人道的行為をした自国民を犯罪者として捜索し逮捕してる?

容疑者は93歳!

何と几帳面な国民性!

戦争犯罪には時効がなく、地の果てまで探し求め罰するのか?

戦後、ニュース映画でイタリアの戦争指導者ムッソリーニが、イタリア国民になぶり殺しに

され逆さ吊りになっているシーンを見てショックを受けた。

日本と同じ第二次大戦の戦敗国ドイツ・イタリアはどんな近代歴史教育をしているのだろう?

ダンボは、Keiさんのクラスで、「満州事変」を起点とする日本の誤りを説明したつもりだが・・・

時間不足、甘い甘い歴史しか教えなかった。

己の責任で何万人もの犠牲者を出した戦争指導者も、死ねば許され祀られる日本。

身内に優しく、固いことは言わない、過ぎたことは過ぎたこと諦めてもらえるニッポン。

あ~~日本人でよかったな~~~~日本に生まれてよかったな~~~~

でも、国際的に(特に隣国)理解されるのだろうか? 

ドイツの小さな記事で驚き考えさせられた。

2013年5月 7日 (火)

朝の楽しみ

朝ドラを見なかったダンボがハマったのが「カーネーション」だった。

以来、佳作も駄作(作者に悪いが・・・)も惰性で見るようになる。

前作は酷かった。

NHKに『時間返せ!金返せ!』と紳士に似合わぬ投書をしたかった。

宮古で「ちがや」さんから島人は「あんな姦しい女はおらん!」と、怒ったと聞かされた!

悪い後に出るのは楽!

割増しつけなくても、今度は毎朝が楽しみ!放送のない日曜が恨めしい。

何しろ脚本がクドカン。テーマ音楽でウキウキする。

主演の能年玲奈は海女になりたいという絶滅危惧種を演じて違和感なし。

天然の明るさで元気にしてくれる。

脇が凄い

母が「おたまさん」そっくり(本人自称)のキョンキョン。

祖母が、万能女優の宮本信子。

後は書くのが面倒・・・お暇な方の為に!

http://matome.naver.jp/odai/2133885397921127101

辛口の評論家ダンボがミスキャストと思った俳優も、

回を追うに従ってハマってきた。

ミーハーのダンボ、「じぇじぇじぇ」を使いたくてたまらない。

心配は、只一つ

少し離れているとはいえ被災地を舞台にした物語、クドカンがどのように締めるのだろう。

アーティストが様々な形で大災害と向き合っているのに拍手をおくり、

「あまちゃん」は絶対欠かさず見るぞ~~~

2013年5月 6日 (月)

教師の怖さ

現場を離れて1/4世紀過ぎたのに、未だに臍を噛む記憶がよみがえる。

何回かマイブログで紹介した畑中君(今迄はイニシャルだったがTVに登場するので実名にした)から、メールが入った。

『ご無沙汰しています。先日はブログで番組の宣伝していただきありがとうございました。

前回2月14日放送が好評とのことで再度取材・放送していただくことになりました。

5月9日(木)夜9時から

テレビ大阪

「和風総本家」http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/wafu/
”日本のそっくり再現職人”です。

テレビ大阪が映らない地域もあるようです。もし映りましたらご覧ください。

                               畑中義明

追伸:私の図工の成績は覚えていませんが、授業で絵を描いているとき私の絵の具の使い方しみったれていたのか先生が思いっきり絵の具をパレットの上に絞りダイナミックに修正されました。確かに”いいなっ”と思いました。後で教室に張り出され、後ろめたい気持ちでいっぱいでした。

驚いたのが赤字にした追伸の部分だ。

自分の所業は忘れて、そっくりそのままの体験をダンボがしたから・・・

ダンボ5年生だったと思う、5・6年合同で植物園へ写生に行った。

いささか絵には自信があったダンボ、一人で構図を決め写生を始めた。

ありありと覚えている。弓なりの道にかぶさるようにヒマラヤスギの枝が張り出していた。

1/3ほど描いた時、いつの間にか後ろに立っていたS先生(担任ではなかったが図工専門)が「ちょっと」とダンボから絵と道具を取り上げ座りこんだ。

手直ししてくれるのかと嬉しかったダンボ。

甘かった!

水彩画を描いているつもりだったのに、S先生はたっぷり絵具を使って油絵風に変えていく。

そのうち夢中になったS先生、ダンボを忘れたようだった。

出来栄えの良いダンボの絵は張り出されたが、少しも嬉しくなかった。

それなのに・・・それなのに・・・・

同じことを「ハッチュー」にしていたとは!? 教師は怖ろしい。

2013年5月 5日 (日)

モデルになって?

年寄の疲れは時差がある。

寝起きの身体がドロ~ンとしている。

でも 「子どもの日」に相応しい上天気

四女の為に

いつもの公園へ

幸い貸し切り状態でテルテル放牧。

先日ブログに貼り付けたツツジが満開 

生憎スマホしかなかったが撮りたくなった。

「テルテル!モデルになって (゚▽゚*)」

ツツジだけでは物足りないのでテルテルに頼んだら

Photo

チャンとポーズをとる。

これはテルテルが主役になり過ぎた。

Photo_2

場所を移してもこの通り。

ほかの、どの子より

素直な子。

疲れた父ちゃんに苦労かけまいと

今日は、

部屋の戸をガリガリ音立てないで休ませてくれている。

2013年5月 4日 (土)

最高のもてなし

「持ち込み禁止」と通知してあったのに、

飲兵衛の「ぽこ」が全日空のファーストクラスで出すワインとビール、

「わんこ」が煮込まない煮豚とテルテルに馬のアキレス、

「トモちゃん」が逆ロールキャベツとそのたれで和えたサラダを

それぞれ持参。

長女が早めに来て手早く作った品々に加え

ご馳走をテーブル一杯に並べて宴会が始まった。

007 006 005 011

002_3




ま~~~よ~食べた。飲むお方はよ~飲んだ

それより何より、よ~~~喋った。政治・経済・教育・芸術・科学技術・旅行・芸能・IT・主水やテルテル後から後から話題は尽きない。

そして、しめに登場したのが

Kさんから送ってきた「あく巻」

013


きな粉に雪塩・黒砂糖も合うがわさび醤油でも絶妙な味。

全員、旨い・美味しい・これいけるを連発。

ダンボ低い鼻の穴を広げ

「自分でいうのもなんやけど『最高のもてなしやろ』と、言い放つ。

異議申し立てなし!

気付いたら午前2時。

「度を過ごしたとは思わない楽しいことは実行あるのみ!」と日記に書いて寝た。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宴会に参加できなかったテルテル。

埋め合わせに、近くのドッグラン&カフェへ連れて行き。

カフェで一緒に食事した。

2013年5月 2日 (木)

季節感

老人会の役員会。

隣に座った旧会長のMさんが、そっと耳元で

「新タマ食べはりますか?」

「勿論!店に並んでますけどまだ買って食べてません」

「そんなら、持って行きますわ」

「え~~ありがとうございます、作らはったんですか?」 Mさん家庭菜園を借りている。

会議が始まり

役員の前に並べられたお菓子。

食べてしまうのが惜しくて持って帰った。

001


選んだ皿にのせて写真に撮る。

最近、鯉幟を上げている家がめっきり少なくなった。 

         (鯉幟が好きだったRYUの小さい時は、ちょっとドライブしたら両手で数えるほどあったのに・・・・)

菓子店が、代わりに季節感を演出している。 粋だね~

午後にMさんが言葉通り新タマを届けてくれた

003


早速一個、スライスし、たっぷりおかかをのせ醤油をかけて食べた。

チクショ~~~香りが???? 

でも、記憶に残っている微かな甘味を舌が感じ、季節が胃袋に入ってきた。

散歩の途中、テルテル待たせ

Photo Photo_2


豪華とは言えないが

通過できないツツジの美しさをスマホに収める。

季節が目からも・・・・・・

2013年5月 1日 (水)

春眠限りを知らず

「春眠暁を覚えず」を通りこし、

今のダンボは際限なく眠い。

昨日の朝なんか、目覚めたら9時!?(体内時計は6~7時に起きるようセットされている)

電波時計の電池が切れて狂っているものと思った。

日付の変わらぬうちに寝たから9時間の睡眠をとったのに・・・

1日中眠かった。

今朝も、8時に目覚め、あんまりパッとしない一日を過ごしている。

よし!

こんな時は目覚ましビデオに限る

宮古島で撮りっぱなしの映像をまとめYou Tubeにアップロードした。

己の後姿にガッカリして、

眠気が覚めた!

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ