« 旅先から | トップページ | スマホ復活劇 »

2013年4月 2日 (火)

一晩留守にして

改めて考えると、ダンボがテルテルと一つ屋根の下で寝なかったのは昨夜が初めて?!

昼過ぎ駅に着いたダンボを長女に連れられ迎えに来たテルテル

飛び付くかと思いきや

怒っているように、舌出して鼻息が荒い。

昼を食べた長女が帰った後

テルテルをお腹の上にのせ、

骨(オモチャ)を噛ませながら、丁寧々々に頭と首をマッサージ。

思いきり愛撫した。

ゴリガリ音がグズッグー音に変わり

テルテルの全体重と体温がダンボの腹にもろ伝わってくる、

シ・ア・ワ・セ 一緒に・・・・

満足したのか

何時も通り「お留守番」ができる。

011_2 014_2


目を庭に移すと

捨て置いた花達が

主の留守を狙ったように

004_3 007_2


次々と開いていた。

花の声は聞こえないが・・・・・?



    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

十年ぶりの1泊卯辰巳会「次は無いかもしれない?」との想いで、大いに盛り上がり喜びに満ちた集まりだった。

でも、一夜留守しただけで、

我が家にはったダンボの根の深さを感じた。

« 旅先から | トップページ | スマホ復活劇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅先から | トップページ | スマホ復活劇 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ