« シーサー | トップページ | 市長 »

2013年4月27日 (土)

もてなし

昨日、テルテルと郵便局にレターパックを出しに行った。

局から「ともちゃん」の家は徒3分。

電話して在宅とわかったので、テルテルをそちらへ向わせた。

何と!

本通りから「ともちゃん」宅のわき道に入る三差路で一瞬迷っただけ、ドンドン引っ張って行く。

「お前、伝書鳩か!」 感心すると同時にチョット妬ける。

家に入ったらテルテル何年も住みついていたような態度。

チョット落ち着いたところで、「ともちゃん」が、お茶うけに和久伝の『れんこん菓子・西湖』を一つ銘々皿にのせ出してくれた。

http://www.wakuden.jp/omotase/600001/

「いや~珍しい、久しぶりや」

「昨日な、亭主が京都へ出たんよ、電話かかってきたし、これ買うてきて言うたら、五つ買うてきたん、二つずつ食べて、残った一つどっちが食べるか迷ってたとこ」

自分の分とテーブルに二つ並べるのが普通だから、ダンボが不審顔でもしたのだろうか?

遠慮ない間柄、隠さない方が食べやすいと思ったのだろう。

「嬉しいな、でもな鼻がイカレてるのに、こないだからの病気で舌までイカレたのか、味が分からん。砂を噛む思いとはこのことか!なんやけど」

折角の好意に水差すようなこと言いながら、

それでもいやしんぼは口に入れる。

えぇぇぇぇ・・分かる、ほんのり上品な甘さが沁みてきた。

敬愛していたN先生の言葉が蘇った。

「最高のもてなしをしたかったら。最初の封を切って出すか、大事に残してある最後のものを出すんだ」

「ともちゃん」の最高のもてなしが味蕾を復活させたらしい。

笹の葉に包んである「西湖」だから、ダンボ達は「れんこんちまき」と呼んでいる。

「ちまき」といえば、

先日、鹿児島のKさんから『ブログねたにどうぞ』と

「あく巻」と「べっ甲屋」のさつま揚げ、が送られてきた。

004


「あく巻」?

これは生まれて初めて!

今度来た客に、封を切って最高のもてなしにしてやろう。

そういえば、連休中に「ぽこ&わんこ」が、長女と泊りがけで来ると予告あり。

どうも、4人の腹に収まりそうだ。

« シーサー | トップページ | 市長 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やった~「初物」いただきま~す!長女サマ、先生のお土産話も楽しみにしています。

うわぉっ! 「最高のおもてなし」を受けられるんですね
うれし~~い
楽しみに行きますっ!

ぽこ&わんこさん
「あく巻でもてなす」ダンボに二言なし。
残った「あく巻」RYOやYUが来ないと分かったので、全部ダンボの腹に収めました。
改めて、Kさんに感謝・感謝です。
それにしても、時のたつのは早いですね。カラオケもゲームもする暇なかった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シーサー | トップページ | 市長 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ