« 子どもに返る | トップページ | ドッグのドック »

2013年3月 5日 (火)

先祖帰り早すぎる

ボタン押せば何でもできる。温かくも涼しくも、煮炊きはするし掃除・洗濯・加湿に除菌、テレビを映しパソコンを立ち上げる・・・・・etc.etc

家の外で乗り物を動かし工場で物を作る。社会は電気で成り立っている。

電気のない生活は想像できないし停電という言葉だけで寒気がする。

しかし、たった70年前、家庭で電気は灯りだった。裕福な家に扇風機や冷蔵庫はあったが、一般家庭ではラジオを鳴らして満足していた。

それに、どこかの国の農村みたいに停電は日常茶飯事だった。

それなのに、思えば今と変わらぬ、いや、今より幸せな暮らしがあった気がする。

1942年から1950年を生きのびた世代は、「人間、食い物と水があれば生きられる!」を体現している。

そんな電気が便利さ追及で肥大し

エネルギー生産者が、莫大な利益を生み利権がからむ。

もっともっと儲ける!コスト優先で、悪魔に天使の姿をさせ原子力に頼った結果が

フクシマ

10数万人の国内移民、住むことはおろか農耕・牧畜も出来ない広大な土地。

びくびくしながら漁をする海。

反省はどうなっている?

昨日の日経夕刊を読んだ。

Photo 003

2011年12月、憲政史上初めて国会の下に独立の調査機関「東京電力福島原子力発電所事故調査委員会」が発足し7ヶ月かけて反省資料となる報告書があがっていた。

国会で参考にしたの?

今朝、

朝日新聞の6面見て口あんぐり (゚0゚)

004

先祖帰り早過ぎ違う?

« 子どもに返る | トップページ | ドッグのドック »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子どもに返る | トップページ | ドッグのドック »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ