« 出張同窓会 | トップページ | ハダカで散歩 »

2013年2月28日 (木)

冥利

「冥利」に、いくつかの意味はあるが

『ある立場にいることによって受ける恩恵』と解釈したら

教師の冥利は後からくる。

我が町のレストランに集まってくれた10人の教え子、

友達と旧交を温めながら、ダンボに会うのがメインと思いたい。

珍しく男子ばかりで、世話役のトッちゃんが紅一点。

Photo Photo_3 Photo_4 Photo_6

ipadで撮影



これでダンボは男の子にも人気があったと証明された。

会の最中、レストランに北海道富良野から電話が!

ダンボの声聞きたいとモトエちゃんがかけてきた。

古希を迎えた面々は、糖尿病あり難聴ありパーキンソン病あり、ガンで内臓が殆どないというものあり、年相応の身体になってはいても、ユニークな暮らしをしていた。

ハーレイで走り回っている。鳥を追いかけあちこち車で回ってる。寺の住職で社会福祉にも奔走し固有名詞で名前を呼んでもらえない・・・・etc

なかで、現役の自営業者K君は、不思議な力の持ち主。

両てのひらを近付け合わせたら、ホカホカ温かくなり、ダンボの膝の故障を言い当てる。

正に手当。「金儲けに使わない」を条件に著名な書道家から授かったという。

会が終わってタクシー連ねて我が家へ

カミサンに皆が手を合わせ挨拶してくれた。

家でもK君は超能力を発揮する。

初対面のテルテルが、父ちゃん目の前にしてK君の言いなりになっている。

次が、有るか無いかそんなことは分からないが、

また!と握手して別れる。

教師冥利に尽きた1日。 あ・り・が・と・う

« 出張同窓会 | トップページ | ハダカで散歩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そのお兄様がたですか
米寿と古稀のお祝いのパーティ兼合同大同窓会の主役は

youkoさん
違いますけど、話を持っていったら乗る面々でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出張同窓会 | トップページ | ハダカで散歩 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ