« cookieさん逝く | トップページ | 晴れのち曇り »

2012年10月19日 (金)

沖ちゃん

ハンドルネームcookieさんを

仲間内では「沖ちゃん」と呼ぶ。

沖ちゃんの告別式に行った。

仲間葬と言っていいほど知り合いが多かった。

棺桶の沖ちゃんは、ふっくらとし頬笑んでいる遺影とは違っていた。

衰える過程の沖ちゃんを見てきたのに・・・・・・

「お疲れ様」としか言えなかった。

最後の最後までガンと闘った沖ちゃん。

ダンボが以前

神様から、「望みを叶えてやるから何歳まで戻りたい?」と問われたら、

「60歳にしてくださいと答える。」と書いたが

その年で旅立った沖ちゃん。

喪主のご主人が、挨拶の中で

「妻から告別式で、皆さんに読んで聞いてもらってと、渡された手紙です。」

短い本人の別れの言葉を読まれた。

沖ちゃんの容態を案じる仲間の行動はいろいろだった。

ダンボもある時期からメールも電話もできなくなった。

悪い知らせは聞きたくない保身に過ぎないと、自分の卑怯を責めながら・・・

そんな、仲間にも気遣いを欠かさず、すべての皆さん本当に有難うと感謝で溢れていた。

Photo

2011/10/9 オフ会で・・・・・

「死に消えて ひろごる君や 夏の空」 三橋敏雄

沖ちゃんが、ダンボの脳裏を去来する。

当分続くだろう。

ブログにも書く。

※ダンボを気遣ってくれる人(電話・メール・訪問)

断言します。ダンボの暮らしに空白はできていません。疲れているけど、大丈夫です!

« cookieさん逝く | トップページ | 晴れのち曇り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

去年のオフ会開催のお知らせに 祭で不参加表明した時、
皆さんと会って欲しい最有力者だったのにとのお褒め?の言葉
(おもろいで!一見の価値ありやったかも?)に心動かされ。
あっちゃこっちゃやりくりの挙句 犬連れ旋風の様な参加。
あの時のやさしい頬笑みをくれた方がcookieさんやったんやね。
ほんまに行ってよかったと今日 想いました。
cookieさんに言葉は交わせなかったけど逢えて。
一期一会やなぁ

youkoさんよ!
1周り以上年下やのにホントにええ仲間やった。明るさを最後まで持ち続けようとした姿が痛々しかった。辛いわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« cookieさん逝く | トップページ | 晴れのち曇り »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ