« 雑草の如く | トップページ | マジック5 »

2012年9月25日 (火)

とりあえず、よかった。

8月30日の朝日新聞『論壇時評』

作家「高橋源一郎」氏のページを残している。

003

TVで「尖閣諸島に香港の活動家が上陸したことなんか、どうでもいい問題のように思う。『領土』という、国家が持ち出した問題のために、もっと大切な事柄が放っておかれるほうが心配」と発言した。 すると、ツイッターに数え切れない「非国民」「国賊」「反日」「死刑だ」「家族と皆殺しにしてやる」と罵倒と否定のリプライが届いた。

国家と国民は同じ声を持つ必要はないし、そんな義務もない。誰でも「国民」である前に「人間」なのだ・・・中略・・・ナチ党が主導したデモや集会は「独裁と暴力」を支えるものだった。今ぼくたちが目にする「新しいデモ」(首相官邸前の原発反対デモ・ダンボ注)は「独裁と暴力」から限りなく離れることを目指しているように見える。・・・後略

断っとくが、ダンボは「ウヨク」でも「サヨク」でも「ショクヨク」でも「セイヨク」でもない。

強いていえば「ムヨク」かな?

でも、こんな文章に出会うとスカッとする。

ガンガンの「軍国少年」として、同じ価値観を押し付けられ教育された過去の愚かさを思い出すからだ。

それから22日後に

002


そこまでやる?と村長の勇気に驚いた。

中国や韓国との領土問題には

『国を愛する』とはと冷静に考えず、人々の愛国心に火をつけて、自分の人気取りや都合のために利用しようとする人間が問題で、三つの国すべてにいえること。と答える。

「国旗に敬意を示すのは、国家が上にあり、その下に自分がいるという問題設定」

「持つべきは敬意でなく誇り、それが愛国心」

「国旗に礼をしないのは『こんな場では礼をしなさい』『それが大人だ』という雰囲気がいや」

もっともっと面白い意見が述べられているが、書くのがシンドイ。

こんな意見が

大新聞にのり

多くの人の目に触れ考えられる。

そんな国日本に住める日本人で

とりあえず、良かった。

024

秋空も美しい

« 雑草の如く | トップページ | マジック5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どうもドンヨクのマイロ兄です

色々あるので毎度のジョークでも

日本人と中国人と韓国人が、レストランで食事を取ろうとしている。
注文を済ませた彼らの元に、ボーイがスープを運んできた。
しかし、スープにはハエが入っていた。
中国人はハエを気にせずそのまま食べた。
日本人は周りを見回し自分の皿だけなのを確認し、そっとボーイを呼んだ。
韓国人は日本人のせいだと叫び、日の丸を燃やした。

とりあえず目に見えない愛国心より某北から飛んでくるかも知れない
ミサイルを撃ち落とせる愛国者が欲しいです。

マイロの兄さん
ダンボは、教師だったのに、近代日本史を適当にしか教えていなかったのを後悔しています。中国も韓国も被害者歴史を子供の柔らかい脳味噌に叩き込んでいるのですから遅れをとっていたのは間違いありません。
ダンボは大日本帝国軍国主義教育を受け、周りの国に敵意を燃やし相手を殺し国に命を捧げる狂人になりましたが、今の韓国人や中国人は、カッカしてる他に冷静で正気の人達も多いようですから救われます。
某北だって打てば自国も抹殺されるのは知っているでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雑草の如く | トップページ | マジック5 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ