« 1980回投稿して思う | トップページ | 鍼と灸 »

2012年8月22日 (水)

選択の謎

たった1年半しか経験していないが、軍隊生活はある意味で楽である。

証拠写真がある。

入隊して1ヶ月ぐらいたったダンボ。

003_2

やつれて、ガボガボの軍服だったのに

それが、1年ちかくたつと

005


面会に来たおふくろの横で、プクプくに肥え反りかえっている。

『・・・・原理的な信仰を持ち、人生における選択肢が少ないように見える人がむしろ、楽観的で幸福でした・・・・』 8月4日付「朝日新聞土曜版be」の記事フロントランナー「シーナ・アイエンガーさん」の記事から。

「尽忠報国」「忠君愛国」を信仰し、上官の命令のまま、決められた時間表通り動く、自分で選択することも決定することもない生活は楽だった。

サド侯爵顔負けの上官に地獄の体罰を受けたり、連帯責任で思わぬ懲罰を受けたりしても、要領よくきりぬける知恵がつく。

シーナ・アイエンガーさん(コロンビア大ビジネススクール教授)の言葉は次のように続き、ゾッとする。『・・・制約を受けることが、必ずしも「自分で決めている」』という感覚を失わせるわけではありません。』

原理的な信仰はもっていないが、人生における選択肢はトカゲの尻尾みたいに細ってしまったダンボ。

「どうでもええわい」「なんとかなるさ」「なるようにしかならん」「ええことやまほどしてきたし」

幸福を感じて当り前らしい。




« 1980回投稿して思う | トップページ | 鍼と灸 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選択の謎:

« 1980回投稿して思う | トップページ | 鍼と灸 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ