« 気味悪いほど静か | トップページ | 暮らし向き »

2012年8月17日 (金)

1から3、そして1

8月4日に近所のO医院へ。

毎度、同じ薬の補充。

今回は十二指腸炎が胃カメラで見付かったので薬が1種類増える。

それでも、2000円で足りるだろうと小銭入れに札を2枚ねじ込んで行った。

月が変わったので、新しく送ってきた国保の保険証を出した。

「お会計は2980円です」

「エ~~~ッ」

普段は1000円以下なのに?

「3割負担になっていますから」

小さな字で7月31日まで1割負担と書いてあり、確かに大きな字で3割だ。

「すんません。お金足りません取りに帰ります」

「いえいえ結構ですよ。次で・・・」

病院で借金したの生まれて初めて。



8月10日。今度は目医者さん。

検査して診察して処方箋出してもらって・・・・

さて3割負担なら幾ら?

「500円です」

「エッ、3割でですか?」

口走ったのはダンボが良心的紳士の証拠。

計算し直しに長いこと待たされ

「すみませんでした。1500円です」

1から3割の負担になったら、こたえるな~とは思うが、

ダンボの世代は年金も保証されているし、仕方ないと諦めていた。

そこへ、市役所から通知が来た。

「基準収入額適用申請のご案内」

なんじゃこれ?

70歳以上の一人暮らしは、基準収入が(年間)385万円以下なら1割負担となっている。

ダンボそんなにあらへんで~~~

早速、申請書に書きこんで市役所へ出しに行った。

窓口で待たされること15分。

新しい保険証が渡される。

Photo_2

ちゃんと1割負担に戻ったが、但し、8月31日までは3割負担だって!

過払いは黙殺?

1→3→1 この間、ダンボの収入が増えたり減ったりした訳でないのに・・?

なんか、役所のすること訳分からん。

« 気味悪いほど静か | トップページ | 暮らし向き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1から3、そして1:

« 気味悪いほど静か | トップページ | 暮らし向き »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ