« 別荘 | トップページ | 炎天下 »

2012年7月15日 (日)

アクセント

思えば毎日が判で押したような暮らし。

テルテルも同じ時間に同じ食事で天気だったら散歩が2回。

昨日は日常が壊れ、アクセントになったというより強烈な一日だった。

兄は、肺腺ガンで脳転移も見付かった。

ダンボより3歳年上だから覚悟はできている。

ただ、義姉が亡くなり障害をもった一人娘が取り残されるのが気がかりだ。

ダンボの見舞い言葉は

「考えたってしょがないで、なんとか、なるようになるもんや・・・」

と無責任極まりないが、とっくに死んでいてもおかしくない兄だから言える。

20代で当時は死病といわれた肺結核、腸にまできた末期だった。

貴重なマイシンを長兄が月給全部使って手に入れ、それで命拾いした兄。

戦争がのびていたら特攻で確実に命を落としたダンボが、兄にかける言葉だから実感を込めている。

訪問看護師さんがやってきたので、電動ベッドのことや、兄に内緒で「モルヒネ」使用について聞いたりした。

長女は「タイカレー」だんぼは得意の「ポテトサラダ」作って帰る。

それまで、テルテル落ち着かず。(無理もない)

幸い、出入り口が一ヶ所なので放牧した。家の周りを足早にチェックして何回も走って回る。

挙句の果ては植え込みでオシッコ。

疲れて車の中でウツラウツラしながら帰った。

テルテルにとっても強烈なアクセントになったらしい。

 

今朝は「おはよ~」と部屋に入ったらまだベッドで横になっていた。

« 別荘 | トップページ | 炎天下 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクセント:

« 別荘 | トップページ | 炎天下 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ