« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

豪華トイレ

庭と表の道の雑草がのさばって

ダンボ我慢の限界が来た。

先日、クッキーさんに良い人を紹介してもらい、

草刈りを頼んだ。

最初、庭だけにして値切ったが、門扉工事が何時になるか分からないので道も追加し料金は庭の料金の言い値に戻した。(ダンボ駆け引きが上手くなる)

家の中でも「熱中症」になりそうな地獄の暑さ、

半日で仕上ると豪語したYさん。

「やっぱり、暑くて出来ない」と、いい出した。

2日にわけ草を刈って帰った。

008


諭吉さん2人にバイバイしたけど

010


金に換えられん値打がある。

喜んだのはダンボより

011


場所をあちこち探す必要なくなったテルテル

013


「気持ちよかんべ!

お前、こんな豪華なトイレないで。」

最近尿取りシート1枚も使っていない。屋内トイレは閉鎖状態

2012年7月30日 (月)

夏バテ

昨日、京都市内でカミサンの三回忌をすませたが。

それ程暑くは感じなかった。

エッもう2年間?と近かったり、まだ2年しかたっていないの?と遠かったりとカミサンの想いがダンボに混在している。

ただ、ハッキリしているのは精神的ダメージがボディブローのように、ジワジワ効いていることだ。

それが、体力気力を奪っていく。

それに、

このクソ暑さ!

市内に比べ2℃は高いように思う。府下でもトップを走り続ける。

バテバテの夏バテ。

テルテルが羨ましい。

食欲は季節先取り「秋」なのか?旺盛そのもの!

体重は、ウンコした後で量っても遂に8kgを突破してしまった。

明後日は「テルテル2歳」の誕生日パーティが盛大に開催される。

体力温存にブログは手抜き m(_ _)m

2012年7月28日 (土)

もうええ、オワリ

4年前にも

ダンボ同じことを書いている

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-9a92.html

もう、絶対・絶対・絶対・絶対

スポーツネタで、プロ野球は書かない(今年は!)

ダメ虎が悪い中でも今年は特に悪い。

DNAとテールエンド争いしてる姿を

3万人が応援している、これは奇蹟と思え!

今に、甲子園球場に閑古鳥が鳴き、

応援席は人よりも六甲山から来たサルとイノシシに占められる。

テレビの対タイガース戦の中継、視聴率は2%を切る。

こうならんと目覚めんか?

もうええんや。

オリンピックも始まったし、

サッカーの方が何万倍も面白い。

負け続けるし、ダンボが怒ってるの違うで

負けるにしてもダラダラ負けるな、

根性見せるなり、指揮官が一発勝負をかけるなり

ファンが納得できる負け方せえ!

100年に1度あるかないかわからん13連勝してやっとタイ。

監督・コーチ・選手を

ぜぇ~~んぶ

2軍と入れ替えてみたら?


甲子園球場を

ダンボは改名した。

「要支園球場」と!





2012年7月27日 (金)

散歩のスタイル

ペットの散歩は飼い主との組み合わせて評価される。

老老介護みたいな歩調を合わせて進む姿は頬笑ましいが、

ダンボのように年齢差があったら、若さをもてあます娘に振り回され優雅な散歩はできない。

オヤツやロングリードでカバーしながらの散歩風景。

「寄り道名人」と異名をとるテルテル。

どんな散歩かご覧あれ。

但し、6分を超すので、スキップされても文句は言わない。

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/4nQU6cUcwKc" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

新しいムービーカメラの映像は価格を遥かに上回るように思えた。

2012年7月26日 (木)

20倍の差

ダンボがYouTubeにアップロードしたテルテルの画像は

デジカメのムービー機能を使ったものだった。

が、最後のドッグランの画は息子のムービーカメラで撮ったもの。

明らかな差がついた。

愛娘の成長を残してやるのに、静止画は1眼レフで充分だが、動画は満足できるものではない。

そもそも、ダンボはのムービー歴は半世紀を越える。

買っては買い足し、使い倒して消耗したビデオカメラは数知れない。

しかし、デジタル化の流れで使い物にならなくなる。

現在でも使用に耐えるのは2台だけになった。

しかし、記憶媒体は「ビデオテープ」

パソコンには不向き、・・・・・・

と、長々書いたが、

要するにテルテルのためムービーカメラが欲しくなっただけ!

(カミサンいないんだから理由づけする必要ないのに)

Aゾンで調べたら

ありましたがな、

ビクターのエブリオ

なんと、値段が  1万6千8百円でっせ。

「購入する」をクリックしましたがな。

昨夜届いた上着のポケットにでも入る現物見て、

007


SONY DCR VX2000の雄姿と比べたらオモチャだけど

009


値段相応

1/20でも写りゃいいさ!と

期待している。

※今朝の散歩に持って行った、ビックリ 成果は明日のブログで。

2012年7月25日 (水)

アボガド

ダンボはアボガドが好き

生協で毎週必ず注文する。

「森のバター」と言われる濃厚な味も好きだが

ダンボが好き」のわけに、アボガドの賭博性が含まれる。

熟し加減の判定が難しい、ナイフを入れる時期は正に賭けである。

熟しすぎで黒ずんだらええとこ取りできるが、未熟だったら目も当てられない。

それと、種の大きさ。

「てめえビワか!」と怒鳴りつけたくなる大きなのはハズレ。

今日は

アタリだった。熟れかたといい控え目な種といい!

001


メッチャ得した気分。

ネギトロ丼に添え、刻み海苔をかけ、ワサビをのせカマダのだし醤油をたらす。

003


二回使うが「メッチャ旨い」

味覚障害者のダンボがそう感じるのだから、娘達に食べさせたら目を回すだろう。

(テルテルには毒になるアボガドは拾い食いしないよう要注意)

食欲が湧いて止まらない

昼作って残しておいた「鯖寿司」を一切れ食べて満足した。

006


この鯖寿司はダンボのオリジナル。

便利合わせ酢に漬けたミョウガと白ゴマを炊きたてご飯に混ぜすし飯を用意し、しめ鯖(解凍)をのせたもの

これもなかなか乙な味だった。

ダンボまだまだくたばらない、こんだけ食に欲があるんだから・・・・

2012年7月24日 (火)

元でよかった

1週間前だった。

2女と一緒にテルテル連れて公園に行ったら。

017


テルテルの魅力に惹かれて兄妹?が寄ってきた。

「ぼくらこの子と駆けっこして勝つと思う?」

「・・・・・・・・・」

「絶対この子が速いで、負けたら100万円あげてもええわ」

「????・・・・・????」

(オイオイ教育で飯食ってきた人間の言葉か!)

のってこないので

テルテルの走る姿をみせた。

ダンボが離れ、優しく「テルテルおいで」

走ってきたが、全力疾走はしない、

言いつけ通りしたテルテルに、ご褒美をやる。

「どう?」

「やる」

男の子がひっかかった。

2女がテルテルを押さえ

「よ~~~ぃ ドン

010

今度はテルテル真剣・・・・ご褒美貰える!

012


あっという間に差がついて

015


思惑通りフィニッシュ。

019


「参りました」

「見くびっちゃダメよ」 
(テルテル語翻訳)

ホントに、教育者もで良かった、

テルテルをいかさまの相棒にしかねない怖い親。

2012年7月23日 (月)

過ぎた姉妹愛

3女はテルテルの姉ちゃんでも特別な存在らしい。

散歩もウンチも食事もあんまり世話していないのに、

やけに二人は親密だ。

旅行では、ダンボの目の届かぬ所で

133

おいおい

136

それぐらいにしといたら!

137_2

3女はなんか不足してるんか?

138_2

145


テルテルご満悦?

姉妹愛もここまでいったら

過激!


2012年7月22日 (日)

ダンボは見ないで

テルテルも疲れが抜けていないのか、昼寝のスタイルが何時もと違う

004

それでも食欲は相変わらず、疲れのとれないダンボを休ませてくれない。

先日、ホテルで息子が撮ったビデオを編集してYohTubeにアップロードした。

ブログにUPするかどうか迷った。

仮面の男ダンボと長女がバレバレだから・・・・

でも、テルテルの姿は見て欲しい。(あほやな~)

脇役は存在しないと決めてご覧あれ!

2012年7月21日 (土)

誰のための旅?

長女が計画し手配し実現した旅。

チェックアウトの時に次の予約を入れて去る客がいると聞いて納得するホテルだった。

「ペット同伴可」の部屋が全館に3室しかないのも魅力だろう。

018


それだけに夏休みは早くから満室。RYOやYUを連れては来られなかった。

何しろテルテル優先だから・・・・!

008

あくまで人様のホテル、清潔で落ち着いている。

だからといって、数少ない宿泊客のペットをないがしろにはしていない。

部屋には餌以外の調度は置いてあるし、グルーミングルームで人間用より広いバスタブで洗ってやれる。(もちろんテルテルご入浴)バスタオルは人用よりスグレモノ?

最高だったのは天然芝のドッグランが付属していること!

093


家の中しかできなかった「フリスビードッグ」をここで成功させ、ダンボを小躍りさせた。

夜に一人で寝てくれたら言うことなかったのに・・・・・

102


皆が「美味しい美味しい」と感嘆しながら食べた夕食の席で

ダンボ思わず「これが最後やな~」と口から出した。

見渡せば姪がカミサンに入れ替わっただけで、奈良ホテルに泊まった同じメンバーだ。

その後、5ヶ月足らずでカミサンが遠くへ旅立ったのが頭をよぎる。

それに、「親方日の丸」だから付いてくるとは思わないが

子ども達に何時までも脛かじらせるのもどうかと思った。

体力・気力は残り少ないが

誰のためでもない自分の旅をしたいと思う。(テルテル連れて)

2012年7月20日 (金)

ごめんなさい

パソコンに触らなくなって(疲労困憊)3日。

昨日やっと起動しました。

マイブログがストップしても毎日140件を超すアクセスあり

本当に申し訳ない。ごめんなさい。

こんなに、老いぼれダンボへ関心を寄せてもらい光栄です。

犬と一緒に泊れる淡路島洲本のホテル。

 

そこで、バッチリ「テルテル甘やかし」のつけを払わされました。

我が家の離れで独り賢く寝てくれるテルテルも

 ダンボと長女が隣のベッドにいたら、寝てくれません。

 車の運転手の長女に寝てもらわなければ危険です。

 

 

テルテルに添い寝すると大人しいのですが

 人間用のベッドでは、直ぐ横の長女のベッドに飛び移って嬉しがって寝ない

最後の手段!

ダンボが床に寝てケージ越しに

テルテルを寝かしつけました。

これは苦行です。

テルテルの鼻息はかかる、

 

安心して寝たテルテルのいびきが・・・・・

 

寝がえりをうとうとしたら、ギョロッと目を向く。

 

結局、1時間寝たかどうかも分からぬ一夜を過ごしました。

 

 

次の日は

 

朝食を無理やり7分目詰め込んだら

 

後は水だけ、

 

観光地やレストランは皆に行かせてパスし

 

エアコン効かせた車で寝て過ごしました。

 

旅のことはボチボチUPします。

とりあえず、生きている証拠に・・・・・

2012年7月16日 (月)

炎天下

梅雨が明けたのだろうか?

夜明けとともに町がやけている。

テルテルは庭で用を足したら、散歩に行きたい素振りを見せない。

でも、体重が気になるダンボ

二人とも、熱中症対策万全で出かけた。

人にもテルテルのお友達にも会わず、

パンダ公園コースを行く。

公園で「待て」「おいで」とダッシュさせようとしたが、気乗りしないかお座りもしない。

コースを足早に回って帰る、

風呂場でシャワーを足元にかけてやると喜んで頭まで突っ込んで遊ぶ。

部屋でお留守番させ、

ダンボは蒸しタオルで上半身を拭く。

散歩を手抜きしたから汗が少なかった。

でも、喉はカラカラ

チョット、贅沢

005

馬刺しの燻製が残っていたので、ノンアルコールビールのあてにした。

暮らしの気楽さを満喫する。

2012年7月15日 (日)

アクセント

思えば毎日が判で押したような暮らし。

テルテルも同じ時間に同じ食事で天気だったら散歩が2回。

昨日は日常が壊れ、アクセントになったというより強烈な一日だった。

兄は、肺腺ガンで脳転移も見付かった。

ダンボより3歳年上だから覚悟はできている。

ただ、義姉が亡くなり障害をもった一人娘が取り残されるのが気がかりだ。

ダンボの見舞い言葉は

「考えたってしょがないで、なんとか、なるようになるもんや・・・」

と無責任極まりないが、とっくに死んでいてもおかしくない兄だから言える。

20代で当時は死病といわれた肺結核、腸にまできた末期だった。

貴重なマイシンを長兄が月給全部使って手に入れ、それで命拾いした兄。

戦争がのびていたら特攻で確実に命を落としたダンボが、兄にかける言葉だから実感を込めている。

訪問看護師さんがやってきたので、電動ベッドのことや、兄に内緒で「モルヒネ」使用について聞いたりした。

長女は「タイカレー」だんぼは得意の「ポテトサラダ」作って帰る。

それまで、テルテル落ち着かず。(無理もない)

幸い、出入り口が一ヶ所なので放牧した。家の周りを足早にチェックして何回も走って回る。

挙句の果ては植え込みでオシッコ。

疲れて車の中でウツラウツラしながら帰った。

テルテルにとっても強烈なアクセントになったらしい。

 

今朝は「おはよ~」と部屋に入ったらまだベッドで横になっていた。

2012年7月14日 (土)

別荘

医者通いに

買ったケージ、1年以上たって古びたし

重くなったテルテルに、肩掛け式はキツイ。

テルテル一向意に介せす。

「イコカ」といえば、今も自主的に中に入る。

でも、これをプリウスに乗せたくないという親バカが

何時ものAゾンから取り寄せた。

002_2


今日は早速、長女が運転しテルテル同伴で兄の見舞いに行く。

テルテル別荘 初使用。

012_2


少し、狭いかと思ったが

008_2


揺れても身体を支えて好都合らしい。

006_2


キャスターはついてるし、側面も大きく開き反対はネットになって風通しよし。

ハンドル伸ばしてガラガラ引っ張って行ける。

「みなさ~~ん これスグレモノですよ~」

と、テルテルの声

2012年7月13日 (金)

散歩考

梅雨真っ最中

九州では豪雨で亡くなった方も出たというのに、

当地では、散歩の後洗濯した服が乾いた。

昨日も、ギリギリのお天気で散歩に2回連れて行けた。

018


出会う人に5つのパターンがある。

(1)完全無視型 視線もコースも寸分変えないで通過する人。

(2)無感動型 テルテルを視線の端にとらえているが石ころと同じ目で眺め通過。

(3)微笑型 テルテル見て目と口に笑みの浮かぶ人、ダンボから話しかけ可能。

(4)手出し型 大半が「カワイィ~」と言いながら、手を出してチョッカイ出す人。

(5)抱きしめ型 テルテルも相手選ぶが、道で腹見せ身を任す、チトやける人。

比率にしたら(3)~(5)が90%ぐらいだから

026

自慢してイイ我が娘である。

2012年7月12日 (木)

新聞読まない娘達

家にくる娘3人が

新聞を広げている姿を見た覚えが無い。

小説は読むのに何故だろう?

テルテルは食べるけど読まない。

058

カミサンは闘病中も念入りに読んでいた。

ダンボも、詳しく読む方だと思う。

息子は「電子版」を読んでいるらしいが・・・・・

親の遺伝子は消えたのか?

テレビやラジオが手際よくニュースを伝えてくれるが

新聞は速報性に劣る分、別のモノを山ほどもっている。

チンパンジーの赤ちゃんは抱きつく力が強い、人間の赤ちゃんは弱い。

チンパンジーの赤ちゃんは基本的に母親ひとりが育てる。だから赤ちゃんは、お母さんの体にしっかりとしがみついている。ヒトは、大人たちが協力して集団で子育てをする。大人が積極的に手を差しのべ抱いてくれるのでしがみつく力は弱い

日経夕刊「あすへの話題・もっと赤ちゃんがいれば」の一部。

筆者は、東大教授 鷲谷 いづみ氏 

コラムの趣旨は「お祖母さんが子育てに重要な地位を占めていたのに、赤ちゃんが少なくなった日本社会では、替わりに愛玩犬を連れているお年寄りが目立つ、特異な社会になってしまった。赤ちゃんが増えたら皆が幸せになれる。そのために若い人たちの安定雇用が前提条件になる」

と、いったもの。

ダンボの好奇心の網に引っ掛かったコラムだ。

かかった獲物の90%は消滅するが、赤の部分はきっと残ってダンボの会話を潤してくれるだろう。

新聞の効用は広いぞ!・・・・・娘達!

2012年7月11日 (水)

全てはテルテルのため

10時前に3女が来る。

早速、テルテルがごあいさつ。

3女は「なめなめの姉ちゃん」

どんな味がするんかな?

001


テルテルと遊ぶ暇はない。

アウテリアの業者さんとの打ち合わせがある。

実は、先日3女に電話した

「門扉をつけて玄関から門までの道を綺麗にしたい」

007

理由は数々。★防犯★糞害防止(不法侵入して汚すクソ犬とクソ飼い主がいる)★雑草根絶・・・・・とか何とか・・・・

本音はダンボがますます足弱になったら、テルテルを満足させる運動をさせられない。

放し飼いする空間が欲しいのだ。ミニミニドッグラン。近所も遠くの友達もOK

そして、草引の面倒からも解放される。

ダンボの体力を考え門扉は電動でということに・・・

ポストと門灯とインターホーンは幅15cmの柱

ざっと、こんな感じかな?

007_2

でも、先立つものと相談だから、

見積書みて、長女を呼んで決めなくては・・・・

カミサンも門扉はつけたいと言っていたが、まさかこんな目的とは!?

あの世からでも文句あるならおいで。

2012年7月10日 (火)

自由の条件

昨日はつまらん記事をアップしたと思ったのに、即、反応があって驚いた。

「自由がなにより!」だけで具体例を書かなかった。

ダンボが今朝目覚めてから昼食までを説明するので、自由を手にする条件を考えて欲しい。

7時起床。真っ先に仏壇に水とお茶を供える。

6枚切りの食パンを焼きブルーベリージャムを塗る。

器にバナナの輪切りと種なしプルーン、ヨーグルトで和える。

昨夜食べ残しの「酢の物」とカフェオーレの軽い朝食。

BSで「梅ちゃん先生」みてから、テルテルの部屋へ、

雨戸を開けたらテルテル飛び出して庭で朝の儀式。(顔つきや姿勢が儀式としかいいようがない)

その間に朝食を作る。

あっと言う間に平らげて、再度、庭へ出たテルテル。

大の儀式をすませる、ダンボが片付けながら体調は・・・? 

何時ものようにOKだ。

今度はダンボ、考える人ポーズの儀式。

これが「自由」

カミサンいた時は隠れて持って入った新聞を堂々と読む。休刊日にはipadでレスを書く。

次は

朝の散歩。

001

テルテルにクールジャケット着せ、パンダ公園コースを行く

部屋の掃除をルンバに任せる。

3人の人に可愛いと触られ、2匹の犬と挨拶する。

帰ったら、玄関の式台下のタイルが水浸し、

テルテルが置いてある洗面器から水飲むと

002

横に広い口から、滝のように漏れ落ちる。

そこへ寝そべるテルテル、衛生管理は並大抵でない。

007

部屋に入ってもらって、

ダンボはシャワーを使う、

貯めてあった洗濯物と一緒に汗まみれの下着を洗う。

部屋で留守番させ

洗濯物を干す。

休まず、昼と夜の食事の下ごしらえ。

オクラ・ブロッコリーの茎・モヤシを湯掻く、

オクラとモヤシは夕食用。(まぐろ丼の予定)

ブロッコリーはテルテル用、昼にも一部使う。

シリコンケースでパスタを1人前湯掻く。

レタスを千切り、ブロッコリーの茎の柔らかい部分を刻む、ついでにプチトマトを洗って半分に。

冷凍ベーコン、レタスとブロッコリーを炒め適当な味付け

パスタと和えて出来上がり。トマトも添える。

テレビの前に陣取りマイペースで食べる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

洗い物はまだ流しの中。

空模様がおかしい、洗濯物どうしょうか?

とまあ、ざっとこんな調子。

自由を得んと欲すれば・・・・こまめになれ!

2012年7月 9日 (月)

ひとりぐらし

世間に「ひとりぐらし」家庭が増え続けているとか

ダンボは厳密には父と娘の「父子家庭」だけど、

住民票では「独居高齢者世帯」

民生委員さんが訪ねてきて、結構なものを頂いた。

046


そのつもりになれば同居できても孤高を守る人もいる。なぜ?

「ひとりぐらし」の一般的なデメリットは経験で想像できる。

話す相手がいない、誰からもかまってもらえない、気にかけてもらえない、音を出すのはテレビとラジオだけ・・・・等で、孤独を味わう。(ダンボは関係ない、人語は喋れないが話し相手がいる、客が多い)

037_2


食べ物が喉に詰まって息が止まりそうになる、風呂で寝てしまう、持病が急に悪化する、強盗が入るかも・・・等で、不安におびえる。(テルテルを救助犬に?)

人に頼む金が無かったら家事雑用が一人の肩にかかる、申告・申請・調査報告・公私に亘る手続きが面倒 (長女のサポートあり)・・・等で、生活の負担が重い。

デメリットが山ほど出てくるが、

すべてをチャラにするメリットがある。

何よりも自由あり。

2012年7月 8日 (日)

記憶違いの記憶

話は3日前

下駄箱の上に置いた筈のプリウスのキーが無い。

「エェェェ~ッ ウッソォ~~」大声を出してしまった。

玄関から居間をくまなく探したが迷子は見付からない。

「最後にキーに触ったのは何時?どんな状況で?」

衰えた海馬をフル稼働したら、『7月2日、台の上に置いた』が浮かび上がった。

でも、自信がもてない、「何かの上」に限らず、下へ、間へ、中へ、と、探索場所が拡大する。

そのうち、人生の残り時間を無駄にしているようで中止した。

勿体ないけど、お金で解決したら良い。 年寄は淡白!

開き直ったところへ長女が駆けつけ、鍵探しが再開した。

「父ちゃん、この頃、思い違い激しいで、私でも冷蔵庫の中から出てきたことあるし・・・家の鍵もいっしょやろ、気持ち悪いやん」

長女が諦めるまで続けた。

が無い。

ダンボ一人になり、夜になった。

何か霊感?第六感?

懐中電灯持ってプリウスの傍へ行った。

ある筈無いのに、家の中に無い以上車周辺は?もののけに憑かれたみたい。

一周してリア・ウインドーを見たら・・・・

再現写真が

003

一瞬に記憶がよみがえる。

2日、長女が運転してテルテルを美容院に連れていく。

その後、

長女と相談し、わんこさんから貰ったシールを新車に貼ることにした。

車の中に貼る場合を考えキーを持って出た。

結局、リアランプ横に決まったが、キーは平らになった面の上に置かれたままだった。

記憶とは勝手なものである。(ダンボだけ?)

・・・・・見付かったから、淡々と書いたけど、キーに翻弄された一日だった。

2012年7月 7日 (土)

二番煎じ

朝から何回もパソコンを立ち上げて記事を書こうとした。

でも、書けない。

昨日、外出にタクシー使った顛末を書くと予告したのに・・・・・

どうしても、「七夕」が引っかかってしまう。

家庭行事として「七夕祭り」が始まったのは3年前からだ。

カミサンが不治の病に侵されたと気付いた時

三人で行楽を共にしたこともない妹二人を招待し、星に願いを込める祭りを始めた。

そして、2回目の一昨年がカミサン最後の七夕になる。

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-0a78.html

まさか、1ヶ月後に旅立つとは・・・・思いもよらなかった。

「もうすこし生きたい おねがいね」と書かれた筆の跡

もう少し生きて、いっぱい苦しむより、いいんだよ!と、思い込むしかない。

今日は二番煎じで誤魔化す。

2012年7月 6日 (金)

年相応で結構

何ヶ月も前に予約していた「人間半日ドック」の日。

カミサンが元気な時は二人揃って年1回は受けていた。

中断していたドックを去年から一人で行きはじめる。

カミサンが「市から助成金でるやろ、行っとかな!」と、ささやくようで・・・・

テルテルは2女に頼み、早朝タクシーで「健康管理センター」へ。

(何故タクシーかは明日種明かし)

我が町の総合病院が経営する「健康管理センター」は大はやり、年ごとに設備もスタッフも充実していた。

「身長・体重・肥満度・血圧・尿検査・血液検査・眼底・視力・聴力・・・・・」同じフロアーでランダムに次々検査が進む、変則流れ作業?

身長で「縮んだな~」と、つい口から出た。

すかさず「去年とそんなに変わりませんよ」と看護師さん。チクショ~データ持っとった。

以前は眼底撮影されたら30分ぐらい見えにくかったのに、今は両眼ピカッとやられる。

「両眼しても大丈夫?」ダンボの質問に

「大丈夫ですよ~」と答える看護師さんの口元が微妙。  確かに!

聴力は検査室に入る前に、「高音聞こえにくいから」いらんこと言わんでもええのに!ダンボの見栄!

オプションで「脳ドック」を頼んだから、本院のMRI検査室へ連れて行かれた。

結果は直ぐに、脳神経外科医が映像見ながら説明する。

116117

「このんところにポツポツ梗塞がありますけど、年相応ですね。」

「委縮してませんか?」

「はあ、若い脳に比べたら、ほら隙間ができてますけど、年相応ですな」

「血管も、ここん所のように細く曲がっていたら破れたり詰まったりしますけど年相応ですわ」

3年前ならムッとしたかも知れんが、今は悟ってる。

一番苦しかったのは、胃カメラ飲む前に喉に麻酔をかける時。

カメラ飲むよりよっぽどシンドイ。

最終は内科医が診察し、結果の出た検査項目の範囲でアドバイス。

「去年とそれ程変わっていない。疑わしきものあっても、まあそんなもんでしょう。

年相応に!」

で、終わる。

2012年7月 5日 (木)

サマータイム散歩

餌の姉ちゃんが泊りにきてから

我が家は、時計を2時間進める暮らしになった。

何時もなら8時過ぎの朝ご飯が

7時には、早起きの姉ちゃん出してくれる。

父ちゃん「リズムが狂う」と渋い顔してるが

今朝は、雨が降りそうでちょうど良かった。

早朝の散歩。

Photo

「モデル代高いぞ」と、父ちゃんに言われながら姉ちゃんカメラ持ってついてきた。

「父ちゃん行こか!」

Photo_2

なんや後ろ姿、脚の形似てる?

やっぱり親娘やな~

何時もと違う公園へ行った。

Photo_3


パンダがいるけど、絶対テルテルの顔の方が深みがある。

そ~やろ

公園でオシッコもウンコもせず、走った。Photo_4

チョットだけよ!

もの足りん (`Д´)

階段は一気に上がって

Photo_5


Photo_6


父ちゃんついてくるのにへーへー言うてた。

Photo_8

散歩終わって、帰ったら

何時もの朝ご飯の時間や

晩のご飯、早よ頼みまっせ。



2012年7月 4日 (水)

身のほど知らず

「あたたたたっ」

昨日の夕方から腰が痛くて痛くて・・・・

考えるまでもない

朝の草引きが祟った。

「身のほど知らず」もええとこ

「軽挙妄動」は何時ものこと

思い立ったら「猪突猛進」

テルテルには手伝ってもらえず

「孤軍奮闘」

挙句の果ては「倒れて後已む」

「年寄の冷や水」とはよく言ったもんや!

2012年7月 3日 (火)

雨には雨の良さがある

テルテルは憤懣の捌け口探しているが

エアコンなしでも肌寒さを感じる雨の日も悪くない

朝、ガレージ前の雑草が気になった。

カローラならイバラでドアが悲鳴あげても平気の平左だったのに!

気になったら動く。

雨だから草は抜き易い

止まらなくなった

たちまちゴミ袋一杯になった・・・・

雨はドンドン激しく

2袋で中止

シャワーを浴びて生き返る。

今度は

雨の日しか写らないもの探し

006_2

樋から溢れる雨

003_2

縦樋をつたう雨

005_2

煉瓦で踊る雨

アジサイはうな垂れて暗かったが

010_2

道は明るくなった。

2012年7月 2日 (月)

3サイズ

ワンワン界「鼻ペチャ系」部門ならスーパーモデルにでもなれそうな愛娘。

003

でも、角度を変えて写すと

001

010


ど~もな~?

梅雨で運動不足やし、

体重が気になって・・・・・・量りにのせた

ヤバッ!

7.9Kg

ついでに

押さえつけて3サイズ計った。

バスト 乳房もないのに 55cm

ウエスト 柴犬みたいに締ってる 42cm

ヒップ どこをどう計ってエエもんやら? 約44cm

なんかマッチョ体型。

安心してエエもんやろか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食事制限始めたけど、そんなんでは足らん。

 

今朝は、梅雨の晴れ間で公園にイソイソ出かけたら

 

新しい看板が????

 

数々○○禁止の中に『犬の散歩』が入ってる。

 

ペットOKのホテルやマンション・乗り物・・・・東京は公園にドッグラン併設してるというのに・・・・

 

時代遅れの町じゃ!

 

「公園の中で・・・・」と書いたあるし

 

「隅か端っこで遊ばしたろ」

 


2012年7月 1日 (日)

怪物

ダンボの一番不得意は経済。

カミサンが長女に代わっただけで、資産も家計も全貌を知らないまま。

でも、世の中を我が物顔に動かしている市場という怪物はおぼろげに感じる。

読みものとして楽しいから日経の夕刊だけとっているが、

当然、経済の記事が多い

2Photo


Photo_2

ダンボに無縁でも目に入る。

NY株が上がったり下がったり。日経平均も上下が激しい。

通貨だってそう、

実体経済とかけ離れたところで誰かがマネーゲームしてボロ儲けしているのではないか?

先物取引や、為替相場で、何十億?何千億?もの金をファンドが動かす。

トレーダーがPCのEnter押したら、小国の年間予算相当額が消えたり生まれたりする世の中を感じる?

ダンボだけ?

今朝の

朝日新聞朝刊トップには目を見張った。

002

幸福度ナンバーワンと思っていた「ブータン」も

市場経済によって価値観が変えられているとか。

記事にあった。

唯一、市場の影響を受けないのが国の税金。

税の集め方使い方決めるのは政治。

頼みまっせ。国民幸せにしてや!

と、いうても  無駄か!

※トンデモナイこと書いてるかも知れません経済音痴に免じて許して!

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ