« DVD漬け | トップページ | 悪態 »

2012年5月13日 (日)

泣き笑いの2日間

昨日の続き

「ちりとてちん」を4枚見てしまった。

最後のDVDをデッキにかけて、ぽこさんに電話する

「今、4枚目やね。半分言うてたやろ、途切れるの嫌や」

「違う違うせんせ、あれで1/3やで、残りは家で録画したのやけど、まとめたあるし送るわ」

「いや、送らんでもY子(長女)に会うやろ、渡してくれたらしょっちゅう家に来るし、そうして」

「わかった」

笑う中味だが、伝統芸や伝統技術にまつわる奥の深い話。

書きたいことは山ほどあるが

それは、また全部見た後にして・・・・・・

話の本筋とかかわりのないことでも、笑いながらグッときて、ホロッとする。

そもそも、何枚ものDVDを寝るのも惜しんで見続けるのはダンボだけない、むしろカミサンの方がうわてだった。

「24-TWENTY FOUR」を借りて二人で見た折は、

「もう、ええかげんに寝よ、身体こわすし」と言ったのはデッキ係りのダンボだった。

にもかかわらず、許してはくれず最後までつきあわされた。

カミサンがいたら、連続視聴の記録ができたかも? 思い出してホロッとする。

話の中で

ヒロインB子が売れない噺家の草々に、初めて「旨いもん食わしたる」と連れて行かれる。

画面に出てきたオムライス。

端正な形、ソースのかけ方、添えられたミント、一目で「中之島倶楽部」のオムライスと分かる。

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_1d6c.html

NHKだから、名前は変えてあるが場所も一緒。

若い二人と同じように、カミサンと向かい合って、幸せな風味と時間を味わったのを思い出す。

ホロッより、グッときてしまった。

« DVD漬け | トップページ | 悪態 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なぜ?後付け
DVD熱心に鑑賞されていたようですが
私、日々の目の酷使と花粉症による擦り過ぎに依り 
眼病になり(霰粒腫の摘出手術(簡単))ダヤンになってました。
距離感もですが、片目だけ開けるのは思ったより大変で
顔面筋肉痛を経験しました。
コメントどころ(失礼)ではありませまんだ。

ちりとてちん 私もハマりました。
ドラマは人情噺仕立てでほろっとさせられますが
出て来る落語もおもしろい
地獄八景亡者戯も愛宕も池田の猪買いも野崎。
若い時市民寄席とか行って、楽しんでました。
放送は毎日見てましたよ
休憩入れながら 楽しんでください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泣き笑いの2日間:

« DVD漬け | トップページ | 悪態 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ