« 驚き | トップページ | 西南の壁 »

2012年5月 8日 (火)

置き土産

「手ぶらで来て!」

オフ会前に一斉送信で知らせたが、

片付けがすすむにつれて、酒類以外に置き土産があちこちから見付かる。

誰が持ってきたか覚えているのも!

分からないのも?

002


「お供えです」とか「テルテルに」とか、

「ダンボが断る筈のない好物」とか・・・・・

なかなか作戦が上手い。

オフ会で皆のお腹に入ってしまったのや

写真に写ってないのもある筈。

富山の薬屋みたいに、

「貸しとく」品もあるし、「見てくれ」の置きファイル。

賄賂は効かんダンボやから、手ぶらの人も気にせんといて。

何よりも印象深い置き土産は、

どの年代の人も

ダンボが如何にハチャメチャな教師だったかを思い出させ、

今、教師してなくて良かった!と、

ダンボを幸せにしてくれたこと。

ちょっと言うとくけど。

一本筋通して

「楽しいクラス・・・」「勉強は面白い・・・」を目標に掲げた教師やったぞ!

« 驚き | トップページ | 西南の壁 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

それはそうに違いないです。
育児からゆとりができて以来67歳の今日まで、3~5年に一度はクラス会を続けてきました。 先生あればこそです。 時に先生の魅力って何かしらと考えてきました。 S学級のクラスメイトに今もこんなに会いたいのは先生がそんなクラスを作ってくれたからです。 当時先生は若かった。 今思ってもエネルギーに溢れていた。 魅力的だった。 でも確かに若さプラス何かもありました。 S学級は毎日ワクワクドキドキいろんな事が起こるクラスでした。
また卒業時に先生が一人づつの写真を貼ってガリ版きって作ってくれた「ともだち」では、人の目には自分が思っている自分とは全く違う様に写っていると知りました。 強烈な学習でした。
オフ会で先生が元気なことを実感してほんまうれしかったわ!

今回は担ぐ事無く、どさくさで
あそこへ置いたらルール違反にならんやろと・・・
 私はダンボ爺にいっぱい置き土産されてるで!
過去を振り返ってあの頃はよかったと云うな。
男はみんなアホや。新聞読め。本読め。etc,
過去て4年生やったんですけど。
男~よう教えてくれてました。謝
新聞 休刊日が苦痛。
本 これは影響大 進学しないといったら云われて、
通勤中5年で600冊は読んだ。
まだ老眼に鞭打ち、マイロの目を盗み読んでます。
今はライフスタイルと愛犬家振り見習ってます。
また マイロと課外授業受けに行きますのでよろしく

ともちゃん。
戦後やっと卒業アルバムや文集が作れる時代やった。しんどかったけど楽しい作業やった。でも、今読み返すと他人紹介欄などよくもあれだけ歯に衣着せず書いたと思う。古き良き思い出が残って幸せや。

youkoさん
えらい相手にえらいこと教えたもんや。おかげで、ダンボ夏休みの終わりに宿題一杯残した子ども状態や。まあ、まだ伝えたいことあるしドンマイドンマイ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 置き土産:

« 驚き | トップページ | 西南の壁 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ