« 冷蔵庫と私 | トップページ | 夜汽車の思い出② »

2012年4月 4日 (水)

夜汽車の思い出①

おたまさんのブログで

http://nurebumi.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/eba.html#comments

ダンボの思い出引き出しが勝手に開いた。

昭和20年8月末

山陽本線・柳井から汽車に乗った。

乗ったというより積んで運ばれたといった方がふさわしい復員列車

初めは普通の客車だった。

黒くすすけた広島を過ぎる頃から日が落ちはじめ

どこかで長く停車し、

乗った箱は何時の間にやら石炭を運ぶ無蓋貨車に変わっていた。

夏だったから助かった。

止まっては動き、動いては止まり、星を眺めながらの夜行列車。

翌朝、大阪に着く、

梅田の駅は見晴らしが良かった

一面の焼け野原

遠く大阪湾が、かすんで見えた。

わずか67年前の実話である。

※復員列車とは敗戦で武装解除した日本軍が兵員を故郷に帰す列車で勿論無料だった。

« 冷蔵庫と私 | トップページ | 夜汽車の思い出② »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜汽車の思い出①:

« 冷蔵庫と私 | トップページ | 夜汽車の思い出② »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ