« レスの日 | トップページ | 安息所 »

2012年3月 6日 (火)

内食ステーキ

ダンボはグルメではないが、年相応に牛肉もいろいろ食べてきた。

近江牛や伊賀牛は間違いのない料亭で。

中でも「和田金」で食べた松阪牛の味は忘れられない。

但し、家で食べた外に勝る美味しい魚はあっても、牛肉はない。

加齢と懐具合のせいで霜降り肉を敬遠したから仕方がないかも?

ところが、

自ら「加茂川のごもく」(食い[杭]にかかる)と豪語するyoukoさんが、

肉屋のショーウィンドでしか対面しない牛肉をプレゼントしてくれた。

生協で買う冷凍のバラ肉と面構えが違う。

恐れ多くてチャチャッと焼いて食べられない。

つけあわせの野菜を茹で

ウェッジウッドの皿を出し・・・

ニンニクバターでサッと・・・と思ったが。

肉についていた塩コショウをふり、ロイヤルクイーンのフライパンで焼く。

001

どれほど、我が眠った嗅覚を恨んだことか!

鼻故障でも内食最高のステーキだった。

舌が甘味・旨味を感じ、入れ歯で噛み切れる柔らかさ

83歳の限界を超える量を完食した。

明日は絶食してもいい。

※鼻が治ったらyoukoさんに肉の由緒を聞いてリベンジする。

« レスの日 | トップページ | 安息所 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

妹は、鶏食べられません。
スペイン人のアミーガは、牛、豚、鶏が食べられません。
親戚の娘婿殿は完全ベジタリアンです。
加茂川のゴモクとしては、人生を損するくらいもったいないと思う。
しかし 実は、ゴモクは、辛い熱いものが、苦手!
韓国人の友達に損してると思われてる。

youkoさん。
いや~旨かった。お~きに。
肉のカット具合から三嶋亭や品川亭でないとは思いますが嗅覚回復次第教えて下さい。
希望者に御馳走したい。
嗅覚モシツのダンボは激辛全くこたえません汗が出るだけ。インド人が逃げるくらいのでも食べる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内食ステーキ:

« レスの日 | トップページ | 安息所 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ