« 胡散臭い話 | トップページ | ことば »

2012年3月27日 (火)

老舗へのこだわり

京都の和菓子といえば、それこそ全国区の有名どころが数限りなし。

今は市内に住んでいないから縁が薄くなった。

それでも、地元のスーパーなどで見かけたら

つい買ってしまうのがこれ

Photo

メーカーは五色豆で名の通っている店。

豆板や!とバカにできない繊細な味。

ダンボが、頭があがらなかったM校長の好物で

校長室に欠かしたことなかった。・・・そ~言えば御池煎餅もあったっけ。

老舗とは、どんなことあっても、いつまでたっても、昔と同じ味を感じさせる店!

(世の中全体の嗜好に合わせてると言うが?)

あっちこっちに支店を出しまくっている「と○や」なんか大丈夫かな?

羊羹より、生姜の香りする「○月」大好きやけど。

かといって、小じんまりしてる老舗を信用し過ぎたらあきまへん。

だいぶ前になるが、京都の北にある地味な店、そこの「洛○」が大好きで苦労して買ってきた。

chikoさんもファンの隠れた名品、

一口食べて、「違う!味落ちた!」   それに小さい。

老化した鼻と舌のせい?

一緒に食べた長女も同意見! 

リピーター卒業。

グルメでなくても、消費者は怖いで。

« 胡散臭い話 | トップページ | ことば »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

(◎-◎)

この話しって作っている側が
知っていたら良いのですが、
それすら分からずに
たぶん原材料の
北海道で異変が起きていたりして
真実は、消費者しか知らないって
結末は恐ろしいですね。
昔から、
京都の商売人は、
品質を重んじて材料が無くなれば
たとえ営業時間内でも店を閉めるって
そういう商売っ気は無かったはずなのです。

昔のたとえ話で
大阪と京都の商売人のお話で
とある未開の地に京都の靴のセールスマンと
大阪のセールスマンが
それぞれ同じ未開の地へ行ったお話しで、

京都の靴のセールスマンは、その地に行って
本部へこのように連絡したそうです。
京都のセールスマン曰く、この地は靴を履く習慣が無いので見込みはゼロですぐ帰ると。


大阪のセールスマン熱く曰く、今扱っている靴を全てこちらへ送るようにしてくれ。ありったけの靴を送れと!。そして新にさらに熱く曰く、この地の人々はまだ靴を履いていない。と言ったそうです。

何か、今は事情が変わってきたのかな。
寂しいお話しですね。

そうですか。あの◯北も味が落ちましたか。近々買いに行こうかなと思っていましたがおもいでを大事にすることにします。

この月しろは美味しい。鴨ごも同感です。
と○やのコーヒー羊羹はいかがなもんか?
松風、山椒餅、稲荷のポテト、泉南地方の村雨
寺町のくるくるパイ 福知山の栗羊羹、
老舗やらなんやら 美味しいもんが、
いえ私の好きなもんが、あふれ出て来る、
ああ ウグイス餅も蓬団子も櫻餅もええなぁ

私のお気に入りは、寺町今出川上がる(阿弥陀寺の向
かい辺りを入った所です)の大黒屋鎌餅本舗の「鎌餅」です。店主が毎朝、限定量だけを作ります。娘婿が買って来てくれた時、初めて食べました。それ以来この鎌もちの虜になりました。この辺はお寺が多いですが、すぐ近くのお寺に用事があって行った時、このお餅が出て「あっ、鎌もちだ!」と心の中で叫んでいました。まあ、食べてみて下さい。

鴨川のごもく コメ中なんぞやと思われた?
名前を忘れてくるくるパイとしましたが
寺町くるくるパイでググったらGoogle恐るべし出た!
瑞雲って、云うんです。
ロールケーキをパイで巻いて、
焼いてある不思議なお菓子です。一度同道します。
月しろは、お通夜の租供養に最近よく頂きます。
なにはともあれ 美味しい(こう云う云い方って、あり?)
 

★pcboys君
京都と大阪のセールスマンの話、面白かった。昔、アラブ諸国に石油ストーブ売ったら営業一人前という話と似ていました。

★Chikoさん
長女と二人顔見あわせてビックリしました。何でも代が替わったとか?

★youkoさん
別に京都でなくても名産はあるやろけど、京都育ちには限ないほどでてくるな~
「出町ふたばの豆餅」「大徳寺納豆入り松風」「西谷堂の丁稚羊羹」「神馬堂の焼き餅」「店の名前知らん御香宮近くのみたらし団子」etc.etc・・・・
涎でるぅ~
瑞雲ってそんな菓子やったんや。似た名前でアンコを巻いたのあったけどな?

★華ちゃんのお母さん
知りませんでした「鎌餅」ネットで場所も調べました長女に頼んで買って来てもらいます。写真で見ただけですが桂離宮そばの中村軒の「麦代餅」に似ていますね。商売気抜き数量限定の店の品で、不味いものはありませんから絶対食べる。

是非、食べた感想をお聞かせて下さい!ここは、鎌餅、丁稚羊羹、お汁粉、最中の4種類だけ売っています。私は、どれもみな食べてみました。鎌餅は秘かに冷凍しておいて、食べる前に自然解凍して食べることもあります。お汁粉もあっさりしていてよかったです。因みに、御菓子ではありませんが、元町小学校近くにある(北山通り下がる)山椒ちりめんの「しののめ」は絶品だと私は思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老舗へのこだわり:

« 胡散臭い話 | トップページ | ことば »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ