« ブーメラン | トップページ | 消しゴムがあれば »

2012年3月 9日 (金)

ちゃん・さん・くん・---

ダンボが小学校6年の時。

担任のH先生は、贔屓が激しかった。

半世紀以上たった今も、同窓会で話題になるくらい・・・

もっとも、同窓会に出てくるのは当時冷遇された輩が多いせいもある。

ダンボが教師を志した折、(嘘つけ!成りゆきでやろの声は無視)

反面教師としてH先生の恩を受けた。

肌合いの違い好き嫌いなどは、押さえこんで職業意識に徹したつもり。

しかし、人間関係は相手あって自分。

親しみをこめて迫る子を払いのけ、横目で敬遠する子に手を差し伸べてばかりではいられない。

何故こんな事を長々書いたかといえば、

最近気付いた変なこと。

教え子の呼び方だ

オバアちゃん」を孫にしかつけて呼んでもらえない古希近い旧成人に

ダンボは「○○ちゃん」と呼ぶ。

それが、全員かというとそうでもない

「△△(姓)さん」だっり「◇◇(名)さん」の場合もある。(圧倒的に少ないが・・・・)

男の教え子は概ね「☓☓(姓)君」まれに「やっちゃん」や「のぶちゃん」がある。

そして、「---」敬称略、アルコールが入ると小学校の延長で呼び捨てになる。

統計的に

ダンボが若い時に担任した教え子に「ちゃん」と「---」が多く。

Keiさんやpcboys君あたりから「さん」「君」に移っているようだ。

これ、贔屓?差別?

全然、意識していないから悩む。

差別は、される側が差別と感じたら「差別なんだ」と聞かされてきた。

求む 公正な意見!m(_ _)m

« ブーメラン | トップページ | 消しゴムがあれば »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

覚えたはらへんと思うけど、授業参観の日、
「せんせは、いつも何々ちゃんて名前で呼ぶのに、
今日はなんで、名字で呼ぶんですか?」と、
小憎たらしい質問をしたのは、私です。
ダンボせんせを凹ましたかったんやないねん
いつもと同じに、してほしかってん。
キュンとなる思い出 ほぼ50年前の。

私、先生になんて呼ばれてたんだろ?
あんまり覚えてないんですが、たぶん「(姓)さん」だったんでしょうね。
大きくなってクラス会でお会いしたときにそう呼ばれてましたから。
「Keiさん」と呼ばれるようになってからは教え子ということを忘れてしまいそうです。
クラスで、呼び捨てやあだ名で呼ばれてる人が羨ましかったです。
ひいきとか差別ではなく、「先生とより仲良し」って感じで。

(◎-◎)

先生こんばんは
中華Pad2日前にトラブルで
安かろう悪かろうに陥りかけましたが、
何とか、復活です。※もう根性です。

ここ2日間すべてを投げ出して
集中してました。

伊達に20年以上パソコンやってません(笑)
本題ですが、
ちなみにこのブログの冒頭
贔屓→ひいき(漢字読めませんでした。(笑))

ひいき【贔屓・贔負】
(ヒキの転)
(1)気に入った者に特別に目をかけ、力を添えて助けること。後援すること。「先生に―される」「―の店」
(2)後援者。パトロン。「―筋」

→ひいき‐びいき【贔屓贔屓】
→ひいき‐ぶん【贔屓分】
→ひいき‐へんば【贔屓偏頗】
→ひいき‐め【贔屓目】
→贔屓の引き倒し

広辞苑 第六版 (C)2008 株式会社岩波書店

広辞苑の例にも先生に贔屓されるっていうぐらい
先生はするものなのでしょうね。(笑)

私は、そもそも昔
先生からは
なっかんというあだ名で呼ばれてました。
先生って小学生時代は
あだ名で生徒を呼んでいたような
記憶があります。
このあたり、今日のブログの
内容とどうリンクするのか
わかりませんが。
そんな感じです。
別に私たちに今さんや君でも
まったく問題ありませんよ。(◎-◎)

(^_-)ー

先生こんにちは\(^o^)/
考えたらほとんど覚えてません。
一応前言撤回m(_ _)m
なおった中華Padにて

「ちゃん・りん・しゃん」みたい

ワタシはニックネームで呼ばれてましたが・・・
呼び方といえば、忘れもしない授業のヒトコマ。
ローマ字の学習をしていたときのこと。
もう読めるようになっているはずと、
あるとき、せんせは「無言」で授業をしました。
黒板にすべてローマ字で書くんです。
で、何か問題が出されて、わかった人は手を挙げて・・・
指名するのも黒板にローマ字で。

手を挙げて、
指名する名前が書かれる黒板を真剣に見つめてて
「Kyo utako san」と書かれた瞬間、
読めたとばかりに
張り切って立ち上がって答えを言った私。

せんせや友だちに「これで答えたら、口が大きいって認めてることになる~~
って笑われました。

はい! 口が大きいと言われていたそのころのカッ●ンでした。

ご無沙汰してます。
せんせが出家するとかしないとか、どないしはるやろと思いながら、自分の生活にいっぱいいっぱいの1カ月でした。卒業式までこんな日々が続きそうです・・・。
さて、ぽこさんやわたしのクラスも、「あだな天国」でした。卒業の寄せ書きに「あだな天国 6のい ばんざい!」とかいた覚えがあります。けれども、わたしはせんせからあだ名で呼ばれた覚えはないのです。ちょっとさみしかったけど・・・。目立つキャラだったにもかかわらず、中学・高校もこれといったあだ名では呼ばれませんでした。苗字そのままか、苗字に「ちゃん」づけで呼ばれてました。今は職場でも「わんこさん」「わんこ先生」と呼ばれています。低学年の子も一発で覚えてくれますので、次の職場でもこの作戦で行くつもりです。
追伸  Youkoさん、Keiさん、今月末に新しいわんこがうちの家族に仲間入りします。また、ダンボ家でテルテルといっしょに遊んでやってください!

わ~こんなにコメが入ったら長レス無理、得意の手で・・・・・
★youkoの鋭いツッコミにダンボどんなボケで返したか?記憶にございましぇ~ん。
★オオ○○○と長い名字にさんづけしたかな~?子どもながらに風格あったんかな~。Keiさんがええ。
★男の子はあだ名と呼び捨てが多かったと思う、男同士遠慮なかった?MacOSも研究してや中華三昧にならんと!
★身体のボリューム変わったけど雰囲気も呼び名も変わらんな~エエ加減な担任の影響は受けなんだねカッ●ン。
★カ●ミと呼び捨てていた覚えもあるけど卒業後かな?いまだにとっさに名字が浮かばないわんこさんです。レトリバーちゃん歓迎するけど、赤ちゃんでも10K越えるやろ、皆を潰さんように訓練しといてな。

わんこさん!
ゴールデン?ラブ?大型犬ですか。
羨ましい!楽しみ~!
うちの近所も最近ニューフェース(犬)が増えてきました。
ほんと子供の数よりペットの数の方が多くなるんですね。
先生のブログで写真アップしてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちゃん・さん・くん・---:

« ブーメラン | トップページ | 消しゴムがあれば »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ