« バレンタインディー | トップページ | 老いては(教え)子に従え »

2012年2月17日 (金)

新型出家の夢

新しい出家は、頭を丸めたり、ころもを着たりしない。
身一つで現住所からできる限り遠い老人ホームに入ること。
そして、過去と未来を捨てて命運の尽きるまで現在で生きる。
出家より隠遁が相応しいかも?
未来を捨てるのだから、墓も供養も不要。

幸せなダンボはカミサンの遺した土地を売れば夢はかなう。

「自分を必要とされている限り自分には生きる価値ある」などと思い上がったセリフは言わぬ。
偉人なら失った当座は悲しく不便かもしれないが、そんじょそこらの輩の代わりはいくらでもあるし、見つかる。

テルテルクラスなら餌とおやつを呉れてウンコ・オシッコさせに連れ出してくれる人に乗り換え簡単。
手放したくないから、
老人ホームにセラピー犬として同居させてくれる施設があれば最高だ。
駄目なら、テルテルをオークションにかける。落札額は義援金に、テルテルに持参金を持たせる。

この夢、7:3で本気と冗談。

ネットで施設を物色したし見学会の申し込みをすることに決めている。

NEW出家の助走をつける意味合いで、ダンボとのコンタクトは困難に、ブログも終了の可能性を秘めた中断となります。

そっと、しぶとくダンボは生きますのでお忘れ下さい。

« バレンタインディー | トップページ | 老いては(教え)子に従え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型出家の夢:

« バレンタインディー | トップページ | 老いては(教え)子に従え »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ