« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

筆跡2

先日、奈良の書房から本が送られてきた。ダンボには縁の薄い哲学書

『技術のアエステティカ』

著者は「米澤有恒」

002

添えられた彼の夫人の手紙で、縁のあった人達に絶筆となったこの本を贈呈していると分かった。

彼は教え子ではない。

弟、義朗君を担任した。

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_ebc6.html

兄弟とも、類い稀な頭脳の持ち主だった。

担任でもない彼と知り合ったのは、

家庭訪問の時、暇で暇で話し相手を探していた彼に掴まってからだ。

彼は小学校4年で大きな交通事故に遭い九死に一生を得た身体。

病院に入院しているか、家庭で療養しているか、小中と学校にはほとんど通えなかった。

それでも義務教育期間は進学卒業したが、高校に入ったら単位をとるのが遅れ弟に先を越された。

そして、もともと理系だった彼は「京都工繊」に合格。

大学に入って暫くしてから、宿直の晩にフラッとやってきた彼が

「身体にきついので、やめて大学入り直しますわ」と言う。

工繊の実習が立ち仕事で耐えられないらしい。

「で、どこへ行くつもり?」

「京大でもいっときましょか」

ダンボ声には出さなかったけど『エッエッエッ』

昭和40年頃は今ほど受験競争が激しくなかったかも知れないが???

ビックマウスではない。

翌年、京大文学部に入り哲学科で美学を専攻したようだ。

ようだ!としか書けないのは、

以後、年賀状のやりとりぐらいで会う機会もなかった。

そして、彼の奥さんとはお目にかかっていない。

少しでも所縁のあった人へ、住所録をたよりに手書きで趣旨をしたため贈る夫人の筆跡に、亡き夫の気持ちを形にしたい意志を感じた。

ダンボの礼状に返書が届く。

Photo

二つの意味での残心が、ふっと浮かんだ瞬間だった。

2012年1月30日 (月)

残心

何時だったか?テレビだったか雑誌だったか?

誰が誰のことを語っていたのか?

全部忘れたが

中で出た『残心』という言葉がしぶとく残っている。

ある大物男優が電話で後輩の女優と夜中に話していた。

男は酔っていたので、途中で寝てしまった。

朝、受話器を握ったまま目を覚ました男は、受話器の向こうに人の気配を感じ「もしもし」と声をかけると、「はい」と女の声がした。

女優は先輩が受話器を置くまで電話を切らず夜を明かしたのだ。

男優は「この女優只者にあらず!」と評価し、『残心』という言葉を使った。

辞書では『残心』を「みれん」とか「心のこり」としているが、本来「武道」や「芸道」の用語で「心が途切れない。技を終えた後、力を抜きながらも注意を払う、余韻を残す」とうい意味をもつ。

それが「美しい所作」となるそうだ。

ダンボはガサツだが、この話を聞いて以来「残心」に少しは心配りするようになった。

来客はできる限り『外まで見送る』 

客が戸を閉めた途端「ガチャ」と鍵をかけるなんてもってのほか、夜だったら門灯も客が立ち去るまで点けておく。

電話も相手より先に切らないよう心がけているが、厄介なのは「テプラフォン」というやつ。

受話器を持たず話ができて便利だが、切るのはボタン。

話し終ると同時に押してしまい「ああ~~~」となる。

何故、こんな話になったか?

訳は

贈呈本に添えられた手紙。

ダンボの送り主への礼状に返された書状。

「筆跡2」として明日のブログに・・・・・・

2012年1月28日 (土)

上には上

テルテルの衣装をとっかえひっかえして悦にいったり・・・・

ティアラかぶせて拍手したり・・・・

テルテルの気持ち分からんのに・・・・

親の自己満足・・・・・

姉の勝手・・・・・

どんどんエスカレートするおそれあり?!

と、心配したが、

上には上があるものです。

まだまだテルテル地味です。

2012年1月27日 (金)

ニューファッション

昨日の話

美容院の予約電話は「テルテルですけど・・・・」

で通用する。

名前と顔が売れている。

拍子抜けするほど順調に予約がとれた。

長女の運転でテルテル運んで預けたら、

脇にあるペット用品の陳列棚へ二人とも吸い寄せられた。

手にするのは、ギクッとするほど派手なジャンパー

虎の刺しゅうがしてある。

一丁買うたろか! 

長女と思いは同じ。

辰年なので龍にした。

この間買った父ちゃんのカーゴパンツより高い!と、長女。

かまへん!かまへん!(構わん構わん)

ホワホワの毛になって帰ったテルテルに、早速着せて撮影。

サイズはピッタリ。

似合ってるのかあっていないか微妙?

004 006

「ヤンキー」にしたら顔つき違う。

008_2

013

バンダナとったらチャイナドレスに見えんこともない。

004_2

今朝、見せびらかしに散歩したけど、

公園はゲートボールの爺ちゃん婆ちゃんばっかりで、

見向きもされなんだ。残念!

2012年1月26日 (木)

筆跡その1

最近続けて礼状を貰った。

1通目は教え子トモちゃんの2女Rちゃんから、

片手の指で数えられるほどしか会っていないのに、結婚すると聞いて嬉しくなり、ささやかな品を贈った。

特別扱いだ!

大学を出た彼女は中学校の教師になった。

もう15年以上前のこと。

新任校を聞いて仰天した。

指折りの困難校、トモちゃんそっくりのお嬢さんなのに、1年もつか?

当時「教育委員会何考えとるね」とダンボは憤慨したのを覚えている。

辞めてしまうの違うかと心配したら、

何の何の、そこで根を下ろしベテランの域に達したのだ。

凄い!

兜を脱いだダンボは、彼女に何か祝い事があったら・・・・と考えていたからだ。

来た礼状から、しばらく目が離せなかった。

002

「文例集」にあるような内容なのに、筆跡に吸い込まれた。

新しい手書き文字のフォントでも使ったのか?と勘違いさせる丁寧さ!

感謝は120%込められてます!

筆跡でこんなに気持ちの伝わった手紙は珍しい。

るりちゃん、共働きで頑張りや。

「子どもつくりや」

ダンボのエールは蛇足やったけど。

2012年1月25日 (水)

年賀状総括

頂いた年賀状は158通。

その中で営業用7枚。

004

差し引き151通がダンボと個人的なかかわりがあり、新年の挨拶を交わしたい人達だ。

でも、そのうち26枚は既製品の年賀状・・・印刷屋のありきたりの代物?

義理で出す年賀状。 「ギリネン」とでも名付けようか?

中で14枚は宛名もプリントアウトされているから相手の顔が思い浮かぶのだろうか?

勿論、ギリネンには手書きのコメントなど入っていない。

コメントは無くても、

得意の毛筆・写真・版画・パソコンを使った自家製・手作りが21枚。

気持ちの充分伝わる出来栄え!

そして、残り104通には、手書きのコメントが入っていた。

「お元気ですか?」とか「お変わりありませんか?」だけの義理っぽいコメントもあるが、ほとんどが心境や動向を書き、自分の今を知らせてくれ近く感じる。

手書きの威力はすごいと思う。

手書きの文字には気持ちがのっているように感じる。

それについては、明日のブログに書きたい。

※切手セットが9枚当たった。9/158なら運がついている方だ。

005

2012年1月23日 (月)

ipadはibad

ipadは高齢者と子ども向きという。

間違いない。

マニュアル無くても

何とかしたいと何とかしたら何とかなるものだ。

行き詰まったらホームボタンで戻ればいい。

という訳で

ダンボも最近ノートより親しくなった。

それに、場所を選ばない。

テレビ見ながらでも・・・トイレの中でも炬燵に入っても・・・・ 

悪いのは寝床でメールを読んだり書いたり、お気に入りのブログやサイトを見たり。ネットショッピングをしたり・・・ゲームで時を忘れたり・・・・  アホか!

当然のように肩は凝る、目はショボつく、疲れてめまいまでする。

それにも懲りず、

新しいソフトを手に入れたら

自分の顔をipadのカメラで撮って、不真面目に反省する。

Photo_2

ますますアホや

ipadはibadやで!

みんなダンボが悪いのです、ジョブズさんに関係ない。

2012年1月22日 (日)

人間らしさとは

NHKの番組を視た。

内容は、次のようなもの

「人間らしさ”の起源を20万年の人類史の中から探る4回シリーズ。番組の進行役として、藤原竜也が“思考の箱”の中で自らを内省し、「人間らしさとは何か」を模索する男を演じる。第1集(22[日]放送)は、全人類のふるさとともいわれるアフリカを舞台に、人間が築き上げてきた“集団生活の基本”に迫る。過酷な環境で生き抜くため、現在にも通じる「絆」という人間らしさが発揮された過程をたどっていく・・・」

人類の祖先が、協力(わかちあう)やコミュニケーション(笑顔)によって今を獲得したのを様々な実証・実験をはさんで見せてくれた。

ほとんどが新鮮な情報で嬉しい!

人間の協力は骨盤の形による。とか、赤ちゃんや視力を失くし形の識別できない人でも「人の表情」に反応する。とか、他の生物(チンパンジーや粘菌)でも協力はするが人間との根本的な違う etc

最後の実験が一番面白かった。

世界各地で一斉に行ったという。

『密室で被験者にかなりの金額のお金を渡し、自分の欲しいだけ持って行ってよいが何処かの誰かと分けるなら、その分おいて行って下さい』

結果は世界の何処でも比率は違うが100%自分のものにした人間はいなかった。20%~40%の範囲で他人に分け与えている。

人類の祖先から脈々と受け継がれた遺伝子のなす業?

思えば3・11を忘れず、痛みを分け持てるのも人間の証拠なのだね~

※この記事新しいPCで・・・・やっぱりやり難い。

2012年1月21日 (土)

引越し

長女はテンキーのついたPCが欲しいと云う。

ダンボは安くてもよいから新しいのが欲しくなる。

需要と供給が一致した。

ダンボの懐具合は長女が熟知しているから、買うのに文句はない。

Aゾンに頼んだらすぐ届いた。

台湾製で、今迄買ったことのない廉価版。

しかし、仕様をみたらビックリするほどの高性能。

さて、旧から新へ中身を移し替えるお引っ越しはお助けマンpcboys君に頼んだ。

「外付けハードディスクと☓○▽ソフトを用意して下さい」

『そんなん知らんがな。』

資金渡してついでに買って来てと頼む。

さて、昨日

満を持して来てくれた。

午前10時30分、手順書まで印刷して・・・・

引越しはリヤカーでチョコチョコっとできるかと思っていたら。

デコトラか戦車が来たみたい。

001

ものすごく大袈裟で、夜の9時までかかった。

引越しから、電波で飛ばして印刷できる設定から、どんだけ失敗してぶっ壊しても元通りになるシステムや、困った時に彼に電話したらあちらのパソコンからリモートでトラブル解消する設定や・・・・・

諸々してくれた。

ありがたいことだ。

欲のない老人は、今迄していたことを細々と続けられたら満足だったのに

メッチャ凄いIT環境を構築してくれた。

あ~~~~これに慣れるまで、使えるまで 

命もつかな?

折角のpcboys君の好意に罰当たりなこと考える。

※ちなみにこの記事古いパソコンでUPしてる。

2012年1月19日 (木)

宴会

元日から身内のを含めたら5回目となる宴会が昨夜あった。

無職なのに・・・・・?

50人を超えるのは老人会の新年会だけで、10人前後のこじんまりした宴会だが、料理が出て、酒が出て、喋って笑って時間が短くなるのは共通している。

昨日はボランティア仲間の新年会だった。

とにかく仲が良い。

女と男、年齢差(ダンボより姉さんも一人)も無理して言えば親子ほどあるのに?それぞれ個性的なのに?!

楽しいことは直ぐに決めて実行に移される。

会場はそう遠くないイタリアンレストラン。

001 002

運転者を考え脱アルコールだったが皆の口の滑らかさは関係なかった。

日頃の朗読で鍛えたある!

毎日、テルテルには一杯いっぱい話しかけているが、反応がイマイチ。

その点、料理よりも言葉の出し入れで腹一杯となった。

留守番しているテルテルを忘れた3時間。

膳立てしてもらったら腰を上げるタイプ

ダンボの本質は、見かけよりずっと消極的だ。

2012年1月17日 (火)

17年目の17日

もう17年の歳月が流れたんだ。

あの阪神淡路大地震に襲われてから・・・

10ヶ月前の、東日本大震災と16年の隔たりをあまり感じない。

やはり体験の有無が印象の深さの差になる。

ダンボ独り言の記事一覧で「阪神淡路大震災」をキーに検索したら

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-8559.html

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_63d3.html

他にもある。

身内や知り合いに犠牲者がいなくても、心に刻んでいた。

でも、覚えてはいたが忘れていた

16年後にもっと悲惨な災害が起こるとは知らず。

新聞に東南海地震のリスクが高くなっていると載っていた。

今度は助からないかもしれない!

ダンボは命運が尽きたと諦められる年齢だが・・・・?

テルテルは生き残るに違いない。

2012年1月16日 (月)

日記の祟り?

一昨日14日は、ブログ「ダンボ独り言」生誕1900日目だった。

何かイイことあるかと思ったら、S小学校の同窓会があった。

Photo

何時ものようにKeiさんが世話役。

集まりが悪いと気にしていたが、50歳といえば、ある意味忙しくて無理がある。

「皆がリタイアする頃に参加が増えるよ、先生おらんけどな。今は集まれる集まりたい人だけでやったらええ」と慰めた。

でも、今回の同窓会には30数年ぶりに千葉からE君が初参加して盛り上がった。

中学校の音楽教師、独身と聞いて女性が色めき立った。

エエ人世話しよう?別れるし結婚しよう?

E君が話題にしたのが小学校時代の日記。

毎日出す日記に私がコメントつけてその日に返す。

彼は教師をしているから苦労が分かったという。

ダンボは苦労した覚えはない。

「センセ給食食べながら読んでて、急に笑い出すし何が起こった!とびっくりしたわ」と、Keiさん。

何という教師だったんだ!今ならモンスターペアレンツの格好の餌食だろう。

木登りしたと自慢気な日記に「アホと煙は高いとこ登る」と返事書いて、当時の親からでも文句言われたし、「日記を親には見せんと枕の下に隠してる、けしからん」とねじ込まれたこともある。

要するに、ダンボが楽しむためにつけさせ、己は一行も日記を書かなかった。

喜寿の祝いに教え子が呉れた5年日記を最後まで埋め、やれやれと思ったら送ってきた10年日記。

只今、2段目にかかったばかり、後8段の空白。

「あ~~子供に日記を書かせた祟じゃ~」

2012年1月14日 (土)

テルテルの生活用語

生き物全て「食う」「寝る」「出す」は生きる基本。

テルテルは生命力豊かなだけ、その基本に関わる言葉をよくわかっている。

例えば、

「おはよ~」と声かけてトイレを見たら汚れていないと

「テルテルおしっこしなさい」と声かけする。

テルテルは空きっ腹で、そっちに気持ちは向いている

が・・・・

必ず用をたすのが先になる。

次は「食う」

各種の言葉を習得している。

「ご飯」「オヤツ」「ガム」「ご褒美」etc etc

午後の散歩であちこちを嗅ぎ回り、スローペースに業を煮やしたら、

「テルテル、帰って『ご飯』にしよ!」

見事、レトリバーに変身、わき目も振らず帰途につく。

午後9時過ぎ、夜食のあとはそろそろ就寝時間となる

「テルテルハウスに入ってネンネしょうか!」

ご褒美のオヤツの効果もあるが、いそいそベッドインする姿を見ると

人間の赤ちゃんもこんなに素直だったら子育て楽なのにと考えてしまう。

あ~~~また親ばかの自慢話が・・・・・

2012年1月13日 (金)

貼り薬

ダンボの指先の「ひび」で、キーを叩くのも痛く

ブログUPの気が失せる

右をかばって左指にも移ってきたので万事する気が無くなった。

窮状をみかねて

送られてきた貼り薬

「マイロの貼り薬」とでもしておこうか!

なんでもステロイド系らしく、

効き目絶大!

細く切って「ひび」に当て紙絆創膏で止める

「父ちゃん指どうした ?」

テルテル心配そう

005

効果絶大!

一晩で痛みもとれた。

007

マイロはお礼の「アキレス」にかぶりついているらしい。

Photo

2012年1月11日 (水)

晴れ着

揃いも揃ってカジュアルルックの我が家の元日パーティだったが、

考えてみると、いつからこうなったのだう?

ハレの日には、それに相応しい服装があってしかるべき!

台所に立つことがあってもエプロンとか割烹着がある。

以前は正月に皆が着物姿で威儀を正した時期がある。

8ミリフィルムに残っている筈。

正直

どこに仕舞ってあるのか分からないダンボの着物や兵児帯・足袋を、今更探して身につけようとは思わないが・・・・

何んかワビシイ。

今日は老人会の新年会。年間三大イベントの一つ、

ダンボは、司会役、

一応、襟付きシャツにスーツ着て出た。

着飾った女性は多かったが、

男性でスーツ姿は、来賓の除くとダンボ含め5人だけ!

晴れ着姿消滅は、我が家だけでなく世の傾向らしい?!

2012年1月 9日 (月)

ヒビにヒビがヒビく

食器は食洗を使うが、調理器具の手洗いは少なくない。

レバーを回せば好きな温度で湯が出てくるし、洗剤は手に優しいと書いてある。

「洗う労働」そのものは苦にならない。

しかし、

湯を使い、優しいと言っても油を分解する洗剤。

それに、

紙をめくるにも指に唾つける老化!

色気と共に脂気もぬけた!

ゴム手袋で保護するのをよく忘れる。

4ヶ所出来た皹(ヒビ)に

顔顰めながら格闘中。

010

「日々に皹が響く」

シャレにもならん!

使う薬も

「コロスキン」

「殺す気!ン?」

2012年1月 8日 (日)

落ち葉

朝食後、日課の散歩

テルテルのお決まりは、家を出た後すぐ道で落ち葉を食べること?

風が吹き飛ばすのも追いかけて食べる。

それも、キチャナイ色でカサカサのを!

はじめのうちは怒っていた。

そのうち、テルテルの強靭な胃腸を信じて黙った。

公園を一回りしての帰り道、

テルテルは何時ものポイントを嗅ぐのに忙しい。

道に1枚、ダンボの目を釘付けにする枯れ葉が落ちている。

思わず拾ってしまった。

ダンボに童心が残っている証拠?

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-ae92.html

カミサンも秋になると同じことをしていた。

帰って、コピーした。

002

12時間たった今もPCの横にある、艶は減ってもまだ美しい。

2012年1月 7日 (土)

軒を貸して母屋とられる

例外で一人我が家に残留した三女。

体調すぐれず伏せっていたが、静かになって2日目には起きてきた。

良薬は、『独りになること』だったようだ!

それはよい、

ところが元気を取り戻したら、

ダンボのiMacを占拠してしまった。

「それで、年賀状管理してるし・・・ちょっと貸せよ」

と、持ち主がお願いする羽目になる。

所有していても、ほとんど使っていない。

iMovieのバージョンか変わって取っ付きにくくなったのが原因、

ところが、三女はそれを駆使して作った作品がこれ!

モデルも、マシンも、BGMのCDもゼェ~~~ンブ・・・・ダンボのだ!

使わせてもらおう!

父ちゃんの遠慮深さと正反対に

テルテルは絶対、軒も貸さない。

何ヶ月か前に侵入者がテルテルのマイガーデンにウンチした。

覚えているテルテルは、その場所にしつこくしくこっくオシッコやウンチをかぶせて侵入者を許さない。

001

今朝も、庭に出たら絞り出していた。

004

005

根性は父ちゃんより上や!

2012年1月 5日 (木)

空中キャッチ・限定版

テルテルが去年の11月にドッグランへ行った時

http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-4e93.html

オモチャを空中でキャッチするシュナウザー君を見たのに

真似がどうしても出来なかった。

「別にどうでもエエやん」と思っているわけでもなさそう?

一応飛びつくが、口より先に手が出る。

あの大きく出た目と口の形から、

テルテルには難題に違いないとダンボも長女も半分諦めていた。

ところが、どっこい

何気なく、キュウリを

「テルテル受けたら食べられるで」と、口元めがけて投げた。

見事に

パク

ダンボ、テルテルの理解がまだ足りなかった。

食物限定で空中キャッチが出来るんだ!

成功確率90%以上。

執念深く訓練していた長女が一番喜んだ。

証拠の画像2連発・・・・

2012年1月 4日 (水)

怒涛の4日間

大晦日の日から3日まで、非日常の場となったダンボの家、

あれよあれよと時は過ぎたが、喧騒に犯され、疲れは溜まり、現在休養中。

家族の集まりの中心には、母親の存在が欠かせないのに、よくぞ集まってくれたもんだ!感謝する。

自家製おせちは簡単に・・・と、言っていたのに。

長女獅子奮迅の働きで何品も作る。(助手は居るにはいたが圧倒される)

他にもキンピラゴボウ・追加の数の子etc

Photo

白味噌雑煮は2日目に繰り下げ(カミサン生きてたらヘソ曲げたかな?)

ハマグリのすましで新鮮な元旦のお祝いになった。

Photo_2

夜は、

12人と1匹が揃う。

孫のMが手に入れた老舗の鶏スープと鳥肉を使った鍋を囲む。

雑炊で完食、文句なしに美味かった(鼻効かなくても!)

Photo_3

新年なのに、皆普段着なのは、衣食住セルフサービスで過ごすから

衣・ なので仕方がない。

3日間6食分の食べもので、ダンボがかかわったのが「食パン」を焼いたのと「豚カレー」の最初の炒めることだけ・・・・

美味しいものを食べさせてもらえたし、就職したヒロからも「お年玉」もらうし、花札で大勝ちして追加までもらうし、テルテル構う人手が多く父ちゃん楽したし、膳立てや片付け家事諸々皆協力したし・・・

いいこと尽くめの三ヶ日ったけど、

ダンボの日常のリズムとパターンが狂いまくってヘトヘトになる。

静謐が戻った。でも、テルテルと年賀状のおかげで寝正月にはならない。

2012年1月 1日 (日)

2012/1/1

Photo

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ