« 京風朝ご飯 | トップページ | 時代小説 »

2011年12月15日 (木)

コロンブスの卵

テルテルがお澄ましして座ってるが

022_2

犬であることに変わりなし

何かにつけて

後ろ脚で身体を掻く

その結果は

かくの如し

003_2 買ってから、あまりたっていないのに・・・・・

無残な姿のハーネス。

Photo

今朝、散歩の途中、近所のHさんが連れたマメ柴君に会う

実は、この型のハーネスはHさんに教えてもらい探し回って買ったもの

マメ柴君のハーネス見て驚いた。

以前と変わらぬ新品同様?!

Hさんも「イヤー酷いことなってる」とテルテルのハーネス見て驚いた。

何で ?   何で    ?     

「散歩に行く時しかつけませんから・・・・」

Hさんの当たり前の解答に・・・

な~~~んや。コロンブスの卵や!

テルテルがハーネスつけようとしたら猛烈に抵抗するし、面倒くさくて1日中つけていたが、

これイジメやったかも?

盲導犬でもお仕事の時しかつけへん。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・

夕方、散歩前にハーネスつける。

相変わらず抵抗するテルテルに厳しくたしなめた。

「ハーネスつけんと散歩いかへんぞ!」

効果テキメンとはいかんが、

抵抗力は50%位低下した。

« 京風朝ご飯 | トップページ | 時代小説 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

ハーネスはつけつづけてういるのはよく分からんないと言われうちのミルクもしていません。ハーネスを着けたらすなわち散歩なので自分から片足づつ上げます。これって自慢? でもホント、ミルクは視覚障害犬ながらいじらしいほど賢いんです。

Chikoさん。
躾の基本は褒めること言いますが、犬にとって楽しいこと心地よいこと、と引き換えに躾るのを忘れていました。
ミルクは目が見えなくても、散歩→望み→ハーネス→叶う喜び・・・と解決するのですから、凄いです!カシコイです!会いたいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コロンブスの卵:

« 京風朝ご飯 | トップページ | 時代小説 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ