« あの日と今日と | トップページ | こつぶくん »

2011年12月 9日 (金)

うつわ

18年前イギリスに単身赴任していたT君のアパートで世話になった。

T君にはこだわりがあった。

☆飯は毎回炊きたてを食べる。

☆食器は上物を使う。

ひとり暮らしの味気なさを豊かに変化する方法?

キッチンには、「ウェッジウッド」の皿やカップが揃えてあり毎食使った。

ダンボも独り暮らしが始まってわかった。

煮たものを鍋のまま、チンしたのを袋のまま、炒めたのをフライパンのまま・・・

テーブルに出して食べる

その方が洗う手間も減るし、楽!

が!それはしない。

カミサンがいた時と変わらぬくらい食器を数多く使い、

食洗に溜めておいて、夜かためて洗う。

先日、信楽で立ち寄った窯元。

雑多な陶器が山ほどあるし「絶対絶対買わん!」と

決心固く入ったのに

一目ぼれした「うつわ」に負けた。

002

タップリ400cc入る大ぶりなカップ

スープも、みそ汁も、雑炊だっていける。

大きな取っ手は、握力の弱くなった年寄には強い味方。

縁の段差が唇に心地よい。

1個だけ買った。

うつわの小さいダンボだが愛用品はデカイぞ。

« あの日と今日と | トップページ | こつぶくん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

v(=∩_∩=)

先生お久しぶりです。
私は、社会人になった30年近く前
東京で一人暮らしをした時
こだわっていたこと
カップ麺を食べない事
最低でも普通のラーメンを鍋に入れて
キャベツやネギを刻んで
玉子を割って溶いて
鍋で煮て食べておりました。
未だに、その頃の習慣が抜けず
妻や娘は、自宅でカップ麺をごくたまに
食べますが、私は食べません。
一人暮らしだからって
炊いた鍋を机まで持って来て
鍋毎食べた経験はありません。
もちろん基本料理はできません。
数年前マンスリーマンションで
単身赴任した時は、
基本料理はしないのに
毎日、近くのジャスコの火曜市で
冷凍のお弁当のおかずを超低価格で買って
朝にそれをレンジするなりして
弁当に積めて職場へ持ち込んでました。
唯一焼きそばだけは、
豚肉炒めて、取り出して、
キャベツ炒めて取り出して
最後、その3つをフライパンで
炒めてお弁当に積めて行きました。
これが唯一の料理らしき物
その時の一番の贅沢は、
ウナギの蒲焼きを買って
フライパンで錦糸玉子を作って
まず、ご飯を弁当の半分高さに入れて
味付けのりを敷き
その上にご飯を入れて
錦糸玉子を載せて
その上にウナギの蒲焼きを並べて
ウナギ弁当を持って行きました。
いくら、一人だからって
そもそも何事もめんどくさくなったら
人間が終わる気がします。
めんどくさいことをあえてすること
それが、生き甲斐にも通じるし
こだわるってすばらしい事だと思います。
最近、応援している女優さんの大親友
お二人のうち一人が、何と!ドコモの
スマートフォンXperiaアークとかで
ちなみに周りは、iPhoneだらけで
何とか、支援してあげようと
一応、夏モデルのスマートフォンを手にれたまま
ほったらかしで使わなかった物を日々研究
さすがに時間が無いので全ての時間を割いて
もちろんこのブログに来てコメントする事すら
する時間を惜しんで(笑)いやほんとう!! _(__)ノ
モバイルGoogleマップの使い方の解説ブログを作ったり
画面のハードコピーをするソフトを手に入れて
やれ、スマートフォンで画像のダウンロードの仕方が
わからないと言われたら、その手に入れたソフトで
解説の画像付きツイートなどしてました。
最終的にその解説ブログにコメントいただいたり、
何か分からない事があったらお聞きしますと
言ってもらえたから、勉強した甲斐はありましたけど。
いや、最近の私のブログはその話題ばっかりだから
ご存じだとは思いますが(笑)
話題がそれましたが、
私自身、こだわって生きていこうと思います。
先生のこだわり応援しております。
そうですね。先生の場合iPad2をお持ちなので
確かにiPhone4sは持たなくても良いかと思います。
最新のスマートフォンの方が楽しいカモです。
だって、私iPhoneはたぶん永久に手に入れられそうも無く
質問されても、解説できませんから(笑)
久々にコメントしてみました。もちろん自宅パソコンで
今日はめずらしく日曜日休みです。v(=∩_∩=)
ほなね~

もう亡くなられましたが、ある大物女優さんが一人になりとしを取りそして家で一人で食事をする時はダンボさんのようにきちっと器によそい、おまけに食べる姿が乱れないように鏡を前に置いて食されたそうです。そこまでしなくてもその気持ちは大切だと思いました。ちなみに私はまだ夫が健在なのでたまの出張の時は・・・・・

pcboys君
確かに面倒臭いと「こだわり」を捨てたら自分が自分でなくなります。でも、時には「こだわり」に対し「なんで?」と問いかけてみることも大切だと思うのです。「こだわり」をこだわりのままにするのは自分か硬化しているかもしれないし、高齢は「こだわり」を「無理しない」に変えるのが普通ですからね。

Chikoさん。
ダンボは鏡を前に置かず新聞を置く方が多いです。でも、たまには手抜きしても食事は大切にしています。遊びに来て下さいご馳走しますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うつわ:

« あの日と今日と | トップページ | こつぶくん »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ