« コロンブスの卵 | トップページ | ガンバレNHK »

2011年12月17日 (土)

時代小説

思えば子ども時代から「時代小説」好きだった。

オヤジに小言の雨を浴びながら、小学校の友達から借りて読んだ

「猿飛佐助」「霧隠才蔵」「真田幸村」「山中鹿之助」・・・・

少し歳を食ってから夢中になったのは、吉川英治の「宮本武蔵」

充分に歳を食ってから虜になったのは司馬遼太郎の「竜馬がゆく」

藤沢周平・山本周五郎・隆慶一郎・宮部みゆき・・・・・・・好きな作家は目白押し

日経の書評欄に目ぼしいのを見付けた。

『とっぴんしゃん(山本一力著)』 書評はべた褒め!五つ星!

でも、ダンボはひねくれ者だから評論家を信用していない。

高評価の本を買って半分も読まなかったのがあるから・・・・

でも、

「・・・・本書は、小学生向けの新聞に連載されたものだが、作者は一切手抜きなし、読者と真っ向勝負をしている。・・・・・・子どもに媚びた昨今の教科書より、本書を正月、家族で読む方がどれほど良いかと思う。(縄田一男)」

を読んで、ゲームにうつつを抜かすRYOの顔が浮かんだ。

ヨシ!

ネットショップの発達は、ダンボの辞書から「辛抱」や「慎重」を削除した。

丸1日かけずに手に入る。

002

プレゼント前に目を通そうと昨夜ページを繰って捉まった。

面白い、

大人でも充分楽しめる時代小説入門書だった。

連載小説らしいチョットくどいところや、子供向の解説的なところはあっても、現場をイメージさせ、子どもや大人が技比べを機に成長する姿は好感がもてる。

久しぶりに、ブログもレスも忘れて読み終わった。

さて、RYOが喜ぶか?

« コロンブスの卵 | トップページ | ガンバレNHK »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

v(=∩_∩=)

相変わらず、良いお話しですね。
私は、とうとう夏のボーナス払いで
念願のミラーレス1眼を本当に昨日手に入れました。
¥50.000ちょっとオーバーのお金を
昔だったら貯めてから買ったのですけど
今は買ってからお金を貯めます。
今から8ヶ月頑張って貯めます。
尚、この方法は2回目で
一度超ミニパソコンを
同じく3月にボーナス払いで
¥70,000近くのお金を貯めました。
この関連で
最近アマゾンが1ヶ月お試しで
お急ぎ便無料のプレミアムを
募集していたのでなりました。
基本アマゾンは、京都の場合
午前中に決済を済ませれば
翌日届くのですが、
ただし、ネットにこれが自動移行で
有料になったとか、記載があったので
ちゃんと自動移行しないように手続きをしました。
私は子供の頃はもっぱら
SFに凝ってました。
星新一から始まって
眉村宅、小松左京、エドガーライズバローズとか
いや、リスクはいっぱいありますけど
うまく利用してこれからも生きていきます。(笑)
もちろん先生のように
ほなね~

私も、買います!!上の名前は、保護者のブログへのコメントのときに使う、私の名前です★ よろしくお願いします。また、改めてお電話しますが、私のほうから取りにお伺いしますね!
そして、大変、遅くなりました・・・お誕生日おめでとうございます。

Pcboys君 電子書籍もいいけど、やはり紙の本を手にしてみると、読み終えた!の実感が違いますね、長女が家のあちこちに散らばるアマゾンの箱を見て、なんか、せせら笑いされてるみたいと嘆いています。でも、外出がままならぬ身には、こんな便利はありません。心配はカード決済、破産にはならないでしょうが、呆けた時は誰かにストップかけて貰いたいです。
ブログの写真を楽しみにしています。

うふふ様
いらっしゃいませ。直接にも間接にもオシリアイでもコメント頂くと新鮮です。誕生祝いのおめでとうと一緒に有難うございます。
「とっぴんしゃん」なかなかの本です。大人にも子どもにもフィクションにせよ「こうあって欲しい」という思いに溢れ示唆されます。読まれて卒園生へ貸し出しされたらエエかと?
お願いの品、牛乳パックといっしょにと思っているうち遅くなって申し訳ありません。全く急きませんので、来ていただけるならお電話ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時代小説:

« コロンブスの卵 | トップページ | ガンバレNHK »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ