« 1六つ | トップページ | 恒例・文化祭 »

2011年11月12日 (土)

鼻効かぬ調理人

鼻が効かなくても、食うために調理する。

二女が家に帰ったら

無性に菜っ葉が食べたくなった。

地野菜売っている市場へ行って買い込んだ。

1本80円の大根。小松菜・ホウレンソウ・・・。

脇に「マナ」が置いてある80円。

Yamatomana1

掴んでしまった。

テルテル部屋に閉じ込め

腕をふるう

味付けは経験が頼り。

な~~に

ベートーヴェンだって作曲した。

小一時間で4品完成

003

小松菜はあげと、大根は濃い出汁だけで煮た。

「マナ」は湯掻いて

辛子とコチジャン+京ラー油の和えもの二種類作った。

テルテルには不向きなものばかり

晩に一人で食べる。

味見してくれる人、歓迎。

« 1六つ | トップページ | 恒例・文化祭 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ベートーベンを向こうに回した地野菜料理の数々!こーゆーのが、いいですよね。
うちは、ふろふき大根とほうれん草のお浸ししてお豆腐の中華スープしました。
あ、メインはシャケでした。(爆)

「なっぱのたいたん」大好き!近かったら、すぐにいただきに行くのに・・・。
主人は和食が嫌いなので、こういう食事が羨ましい。
最近は夫婦別々のメニューで一品は和食食べてますが。

ひろ子はん。作るのは良いのですが、一人分を作るのは難しいです。味付けをテルテル散歩に連れ出してくれる義妹にみてもらい、夕食の一品にプレゼントする事がちょいちょいあります。

Keiさん。人の好みは仕方ないけど、年とったら自然と魚や野菜に箸がいくのと違いますか?いずれにしても、良質たんぱく質はしっかり摂っておきましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鼻効かぬ調理人:

« 1六つ | トップページ | 恒例・文化祭 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ